旅行・地域

2010年12月18日 (土)

台湾での結婚式に出席した

 縁あって台湾の結婚式に参加してきた。
 日本の結婚式には何度か出席したことがあるが、外国の結婚式は初めてだ。当初は参加を見送る予定だったが、やはりこのような機会は滅多にないのでパートナーを説得し出席することにした。

 さて、簡単に出席とは言っても、国が違えば習慣も変わる。日本の常識は日本でしか通じない。インターネットで調べるもなんとなく参考になるようなならないような。ひたすら食べることと、衣装は着飾る必要はないということがわかった。普段着の人もいるそうだ。なんだかすごい。
 ネットである程度調べてもなんとなく心許ないということで、知り合いの中国人夫妻に尋ねてみたところ別のことがわかった。①白と黒は縁起の悪い色なのでだめ。②ネクタイは派手なのがいい。③マージャンはやらない。台湾のことを中国からきた人に聞くのは間違っているのかもしれないが、情報がないので聞くしかなかったのだ。
 これら二つの情報(少ないけど)を総合すると、白黒以外の服装でドレスのようなものは着用せず、男性は派手なネクタイをつけて、ひたすら食べるということだ。なんか楽しそうだ。

 いったいどのような結婚式なのか、期待に胸躍らせながら結婚式を迎えた。

 当日の朝は新婦の好意でヘアメイクのセットを新婦専属の化粧師にやってもらった。文化も違えば……のとおり、少々不安があったがあえてお任せでやってもらったところかわいいカールヘアにしてくれた。新婦の友人は現地の美容院で150元でやってもらったそうだがうまい仕上がりだった。台北はかなり日本に近い感性なのか?

 さて、肝心の受付である。やはりご祝儀袋や受付の仕方は日本とどう違うのか? 気になるところだが、実は見ていないのだ。というか見ることができなかった。
 どうやら台湾の結婚式は入場の時点からもう違っているのだ。会場には赤い絨毯が敷かれているのだが、日本の場合、挙式では父親と新婦、披露宴では新郎新婦が入場時に歩くが、台湾ではまず新郎の両親、新婦の両親、新郎新婦と並んで入場する。非常に変っている。でまぁ、私は受付も見ずなにをしていたかというと、新婦の兄姉夫婦ということでちゃっかり一緒に入場していた。
 そして着く席はというと、会場のど真ん中。日本では末席に追いやられる家族だが、家族と主賓は主賓卓に新郎新婦と一緒に座れるのである。
 ちなみに祝儀だが、聞く機会がなかったので聞けなかった。交通費などの問題もあるので、聞ける間柄ならば、直接新郎新婦に問い合わせるほうがよいかもしれない。こればかりは情報を当てにしない方がよいだろう。

 後の流れは、両家の父の挨拶、キャンドルサービス、お色直し、余興、ケーキカット、ブーケプルズ、プロフィールビデオ上映、新郎新婦の挨拶と、日本の披露宴と変わりない。
 それ以外はひたすら食事を食べるのみ。中華のコースだったが、全13品。物によってはおかわりもできるらしい。隣席のおじさんがおかわりをしていた。
 変わっているというか台湾語がわからないため何を言っているかわからなかったが、私のテーブルでは何回も乾杯をしていた。たぶん、「おめでたい、乾杯!」とかなんだろうけど、それ以外の内容でも乾杯していたに違いない(あくまでも勝手な予想です)。

 当初気になっていた服装だが、やはり情報は合っていたようで、普段着の方けっこういましたよ。スーパーに買い物に着てます!みたいな。あと、空席の卓があった。空席は気がついたら埋まっていたけど、そのあたりはひそひそするわけでもなく誰も気にしていないようだった。
 主賓卓の人間はさすがにおめかししていたけど、招待客側はまちまちで、日本側お客さんはパーティードレス着用組が多く、台湾側は普段着や少しお洒落なよそ行き服の人が多かった。黒を着ている子もいた。ただみんなそれに対して何か言うでもなく、そして気にするでもなく自然に和気藹々と楽しんでいた。

 あっという間に楽しくおいしい時間が過ぎお開きに。驚いたことに片付けが早く、まだみんな出払いきっていないにも関わらずテーブル上の食事が片付けられていった。最後まで食べたいという人は、とりあえずしっかりと平らげてから席を立つことをお勧めする。

 肝心の服装についてだが、新郎新婦の家族でなければ特に着飾る必要はなく、女性は少しおしゃれな格好(休日のデートファッションでもいい)、男性はシャツとパンツ(ノーネクタイでもいいみたい)。最悪、普段着(旅行だと少しお洒落すると思うのでその格好)で出席しても没問題。参考までに、新郎母はチャイナドレス、義母は着物、私はパステルピンクのワンピースを着用。新郎新婦父はジャケットにネクタイ。夫はスーツに派手なネクタイとう格好で出席した。

 祝う気持ちがあればそれだけでじゅうぶんということだろうか。
 もし台湾での結婚式に呼ばれたら臆することなく出席してみてはいかがだろうか。異文化に触れるまたとないチャンスをぜひ味わってもらいたい。(奥津)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月25日 (月)

Brendaがゆく!/パリの片隅で

パスツールにて。(モンパルナスの近くです)

音合わせ場所の住人が帰宅が送れるとの事でしたので、待ち時間にカフェ。

15分以上の空きができたときには、必ず語学の勉強をしてしまうアタクシでございます。

最近本当にフランス語にはまっているのでね。楽しくて楽しくてしょうがない。
そうしたらポーランド語もうまくなってきて。相乗効果ですかね。

英語に費やす時間はもうなくなりましたけどね。
すでに語学に関しては人生のセカンドステージでございます。
本物のバイリンガルの子供は、アタクシぐらいのレベルにはなると思うので、参考にしていただけるといいと思いますけどね。

ちなみにアタクシの母は、子供の時からアタクシに言っておりました。
「今の時代英語は出来て当たり前。それプラスさらに第二外国語ができる時代だと」

ですので、英語教育ごときでゴタゴタ言っているのはもう古いかと。。。汗

ちなみに英語が出来ればフランス語とかもタダでも勉強できますので。
お金もかかりませんこと。
ちなみにアタクシも大学で2年間フランス語を履修したのと、1年の友達との交換授業以外、語学学校とかには行った事ありませんの。

ところで、パリのカフェはあまり楽しくありませんが。
その理由は、ケチ臭くて席が狭いし、トイレが汚いから。
ポーランドに住んでいたアタクシとしては、受け入れがたい。
カフェは、高級感、ちょっとしたブルジョワ感が大切だと思いますが、実はパリのカフェは採算重視と観光客のおかげでなかなかそうもいかないのが現状。
さらに不幸なのは観光地以外には、駅前のカフェはアラブ系のパン屋で、高級感もブルジョワのブの字もないといった感じのところも。。。涙

ポーランドでは、失業率の高い街でもちょっと歩けば、アタクシの気分を満たしてくれるカフェがあったものです。
そこで人を待ったり、御迎えにきてくれた友達にごちそうしたりするのがちょっとした文化的な時間でもあったのですが。

実際にパリのカフェ文化は世界中で有名だと思いますけどね。。。

アタクシもやっと、隠れが的カフェを発見してしまったのです。
パスツールに。

新聞もあるので、ちょっと威張った気分でフランス語を読んでるフリをするのもいいでしょう。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

Brendaがゆく!/ドケチな考え。みなさん投資はしないでね♡

日本語のwebを見ていてびっくり、英語ができないから英語漬けとかやっている人がたくさん。

私、友達にあのソフトもらいましたけど、レベル低いは、内容意味ないわ。

あんなもので英語勉強するって、日本の英語教育ってどういうもの???

そして、ピアノ。

ピアノを教えても、弾けない人がいる。
その理由、両親のレベルが低いから。滝汗
レベル?
学歴でも仕事のレベルでも、金銭のレベルでもありません。
あえて言えば本物の芸術を理解できるレベル。
教育のレベルとも言えるかしら。

シャンゼリゼ劇場にコンサートを聴きに行っても
ルーブル美術館に絵を見に行っても

実際のところ何も感じずに帰る大人はいるのでしょう。
子供はそういうことないけどね。なんらかは感じるはず。

しかし、そのような大人は、観光でしか行かないか、2度と劇場や美術館に戻ってくる層の人たちではない。

時既に遅しかも。
子供の時の投資が足りなかったからということになるでしょう。
残念ながら。

情操教育って収入には結びつかないし、キャリアにも結びつかないかもしれないけれど、本物の上流でいたければ、必須のもの。

でも、それがメインではないので、メイン以外のことに投資できるだけの余裕がある人のみに与えられたいわば特権的なところがあるのかも。

このように思いたくなくて、若い時はクラシックの垣根を取り払うべきみたいな意見に賛同した部分はあったが。しかし、文化がわからない人種は、お金持ち貧乏に限らずたくさんいる。

ここまでは、ものすごくレベルの高い話で世の中の本の数パーセントの人間が得る事の出来る教育(=投資)の話ね。

それで、英語。
英語は、必須だと思いますけどね。
でも、日本では未だにそれも大きな投資なのね。
だって、みんなできないから。

でも~。世の中みんなが投資したら、配当が減るから。

いまのままでもOK。
自分も今のままでも充分だと思うし。
日本も今のままで充分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月11日 (土)

Brendaがゆく!/NYの女達

NYに来れて幸せ。

まさかこんなにステキな場所とは思いませんでした。

もちろんピアノのことはとても大変ですが、こういう感じの日々って興奮で気分が爆発しそう。
いつもいつもある感情ではなく、本当に特別な気持ちです。

ところで、NYで歩いていると何度も何度も、同じことを知らない女性から言われて

すごく嬉しかった!!!

それは、何かと言うと

「すごい靴が素敵ですね!」って。

今回は手が悪かったので、荷物を多く持つことが出来ずに、靴は2足しか入れられなかった。
それでも、私のコレクションの中から良いものを入れて。

それで、どちらを履いていても、とにかく街角の見知らぬ人、ホテルの人、マネージメントオフィスのスタッフにも、「靴がすごく素敵」と言われてうれしかった。まあ服のことも言われましたが、靴が特に。

そして!
フランスの女達ってそういう感じではない。とあらためて気がついたのです。
ポーランドでは女性同士かなりいい感じで好き合いますが、フランスは、かわいい女、おしゃれな女は特に嫌われる気が・・・。黒とか、グレーとかダークな色のものを着て、目立たず、男勝りに決めるのがフランスのカッコいい。であって、おしゃれ=かわいいとかまたは、おしゃれ=フェミニン、おしゃれ=エレガント、このような考え方は特にパリではクールじゃないのですね。

でも、クラクフでもNYでも、おしゃれ=エレガントは、はやりではないし、現地の女性達はそういう服装をあまりしていませんが、でも、その『エレガント』な物に反応して、良いコメントを残す人が多いのです。

それがすごく違うところかな。
今回は靴が2足しかなかったので、私の得意なファンキーなカジュアル服はきることができなかったので、毎日がエレガントすぎた服で過ごしたので余計感じるところが強かったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 4日 (土)

Brendaがゆく!/NY滞在の生活の中で

本当にこの街は食事が最高!
湯葉とか蕎麦のビーガン用のお惣菜的パスタがパックですぐ食べられるように、普通のスーパーで売っている!

急いでいてお腹がすいている時でも湯葉とか蕎麦の麺でしかもビーガン用なら最高。

パリは急いでいる時にそんなもんはないよ。なんで?
私は蕎麦とかが食いたいんだよ!!!と思ったことさえなかったね。涙

NYでは、そんなすばらしい物が5ドル以下で売っている!!!
5ドルって何ユーロだよ?
3ユーロ?4ユーロ?マックよりも安いじゃん!
アメリカに住んでいたらマックなんて食べないね。

醤油もめちゃ安いし、照り焼き用の醤油も安いよ!

パリが最高と思っていたんだけどNYもなかなかいいねー。

ていうか、アメリカは食事は良くないと思ったのでこの機会にダイエットしようと思っていたけど、おいしい物を食べ過ぎてしまいそうだよーーー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

Brerndaがゆく!/フランス生活の期待と現実

日本人の間の噂では、フランスの役所は対応が悪い、遅い、待たされる、並ぶ。

しかし、私個人としては、こういうことを、「ほとんど」と言っていいほど、パリでは経験していない。

むしろ感動することの方が多い。

健康保険もほぼ即日発行!
役所は、ほぼ予約制なので訪れてもいつが自分の番かイライラすることもなく。

笑顔でたいていの場合は、問題なく終わり。

しかし、その笑顔が気に入られ過ぎると
頭のキレる窓口職員は。

ひとつだけ書類を渡し忘れた振りをして、後から追いかけてきてそれを渡す振りをして、電話番号を聞かれる。笑

ふ~ん、頭良いね~。感心。

「私の電話番号なんて知りたければどうぞ!」

何か疑問や手違いがあることに気がつけば、役所を訪れるのは面倒なので手紙を書けば良い。
フランスの生活の中で、書類を受け取ったり送ったりすることが大変重要だと言うことに気がついた。

参考記事
(これは私の物事の受けとめ方の違いかもしれませんけど・・・ )

なので、最近、この手紙方式に切り替え、私は気になることがあれば手紙送りまくり。
ちょっと切手代がかかるね~と、びんぼっちゃまな気分にもなるが。

そして、返事はとても早い。
即対応。

あまりに感動するので、最近手紙の最後に一言、その対応の早さに感動して組織の運営の素晴らしさに感心している旨まで書きたくなる。

相手に良い対応を期待してのことではなくて、本当にいいと思っているから書く。

どんな、職業についても仕事のクオリティーってとても大切だと思う。

日本は、礼儀正しくてすごくすばらしいけれど、フランスと比べるとやはり成熟した社会とは言いがたいと思う。
それは、政治が成熟していないからかもしれないし、フランス革命の時からの歴史などを研究してみると、その違いがなんとなくわかってくるような気がする。

ここに住めて、幸せだぁ~~~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月20日 (金)

Brendaがゆく!/パリで心の余裕の生活。ハッハッハ!

この2年間一番あったものは、「心の余裕」ではないかと思う。

海外に引っ越す日本人、特にパリに住む人は、「パリ症候群」などと言っているようだが

私にとって、これまでの人生でここまで「心の余裕」を感じた生活はなかったと思う。

ポーランドでの生活は、恵まれているように見えて、心の中にどこか闇というか、陰があったと思う。
それでも、今の生活はポーランドにいる時間も含めてのパリ生活であると思うので、ポーランドの生活が無くてはぜんぜん成り立たないパリ生活なのである。

お金と時間の余裕も大切だが、一番大切なのは「心の余裕」だと思う。

なにより自分の表情が変わったと思う。

しかしながら、パリは、心の余裕の無い人の集まりみたいな街なので。笑

自分だけ穏やかな表情でいるとスリに狙われそうなので表情を引き締めてみたり。

両親や親友からみると心配で仕方が無いこの海外生活だが、パリに来てからというもの実は心の一番底の部分は誰よりも満たされているのが私である。

細かいことはどうしようもないことや。ある意味どうでもいいことばかり。
やはり心の奥底が明るくないとだめですね!
そうであれば特に派手な楽しみも必要なく、淡々と毎日の中に喜びを見つけられるもの。

最近の私の楽しみは、久々にパリの街を楽しむことが、「楽しみ」になっています。
サンジェルマンのカフェや大きな公園で普通のフランス人がするようなデートをしてみたり(通常は私の趣味ではない)
わざわざバスで家に帰ってみたり(いつもなら時間の無駄だと思うこと)
ぶらぶらと食材の買い出しにでかけたり(普段は絶対にしない)
いろいろなレストランでタルタルステーキを食べること!(神経質な性質が最近改善されて食べるようになった)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月24日 (土)

Brendaがゆく!/フランスの男も退化して腐った女と同じようになるのか・・・

フランスでは男をたてる的な考え方があまりないから、男が女性化して退化してるのかも。

女同士の会話でも、よく「男だから」、というような形容詞、

彼は男だからプライドがあってそういうことはしたくないとか

彼は男だから少したててあげないとやはり相手の面目はないよ

とか、こういう話題ってポーランド人の友達との間ではあった

でも、フランスでは少し違うね、

私のように自分の彼氏とも競合していくようなタイプの女性でもやっぱり、ポーランドと日本の考え方を少し持っていないと、結局その彼氏の「男」が退化して、最後は自分の身にそのつけがまわってくるように思うので、ちょっとね考えてます。笑

ホルモンって大切だから、男はそういう筋肉とか生殖とかそういう部分を肥やすために、男性的な脳でいないとだめなんだと思うし。女も男性化すると身体もそういうふうになっていくと思う。ポーランド人がスエーデン人の女性のことをそういう意味でフェミニンさがすごく退化していっていると言ってたけど、フランス人の女性もそうだと思う。

でも、いまや、フランスではそれがトレンドになっていると思うので、私みたいなオールドファッションは馬鹿にされちゃうかもしれないけどね。。。

でも、結果、伝統的な方が人生うまくいくように思うんですけどね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

Brendaがゆく!/フランス語ができるアメリカ人とのデート

私が結構はまっているアメリカのテレビ番組 NYC prep 英語がわかる人はYOU TUBEで検索してみて。

そこで、最近ちょっと考えていることで、めずらしくテレビに影響された考え方なんだけど

アメリカ人でパリで国際弁護士とか国際的に働いている医者とかでも

フランス語ができるとやっぱり、プライドが高くて自分の事は少し格が違うと思っているのかなって。

それは、本当のように思う。

デートしててもそう思うし、私の中の変なプライドからもそういうおもしろい「男の格」ジャッジの基準というか。笑

なぜなら、私の場合相手が自分よりフランス語ができないと「自分のレベルに達してないと思う」

英語が出来ないなんて論外だからそういう人とデートすることはほぼないですけど。

英語が出来ないというのも有り得ないけれど、私のようについに4カ国語。。。となると。やはり相手にも求める物は少し変わってくる。

あの、気取ってとか、おごって言っているのではなく、なによりも実生活の中で困るのでそういう基準ができてしまうだけ。

ちなみに、別に日本語とかポーランド語ができても私の中ではあまりプラス要素としては考えないけど

私のために必死で日本語を話そうとする姿はかわいいと思うし、あえてBrendaじゃなくて、Brendaちゃんと呼ばれると(ヨーロッパの日常の中で英語会話でも)、なんかいい感じかなとかは思うけど

そんな訳で、プライドの高い男にはそれなりの対応が必要ってことで、少し私も態度をね調整する部分もあり。
フランス語はあえて話さないとか、私の発音はいいので聞いて男性がビビるといけないからね。笑
理解力はそこまでないんですけどね。

男の人ってエリートであるほど傷つきやすかったりするからね。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

Brendaがゆく!/アタクシ初めてのパリベースのバカンスですわ

自分がお金持ちとかセレブの生活してるとかは1mたりとも思ったことがないんだけど
(というか、私はセレブという言葉が大嫌いなの!!!
それでも、ピアノを弾いて賞賛を浴びている時だけ自分はcelebrityだと思うけど)

ところで、今現在、この夏の予定を考えながら飛行機の予約をしていてふと気がついた。

こういう生活(いまのアタクシのような日々)って、お金持ちの人がするものなんじゃないの?って。

自分の身の丈にあってなーーーい!ってことで自分でビックリしたんだけど。

最近は、海外での祝い事が多くて、その度に飛行機を予約しなければいけないの。

それらの友人は、私よりも経済的に弱いか、もしくは強くてもちょっとケチなので
飛行機代は自分持ち。ホテル代は1泊ほどはあちらで払ってくださるの。
(これってまあ普通のこと?どのような仕切りでこれらの社交を行うかは、同じ立場の人と話したことはないのでわからないわ。行ったパーティーではそんなこと口が裂けても話はしないからね)

でも、明確な仕切りの無いところが好きなのだけれど・・・。
日本のように結婚式であればほぼ何万円と決まっているのも。
それは、ある種の決まり事でしょ。
個性が無い上に自分が非常識者になる危険性もあり。
外国人のお友達はそんな大金払わないと個性を発揮している人もずいぶんいるけれど。。。
アタクシは、日本人だから日本ではそれはできないわけで、
まったくわけわからないわ。

しかし、いずれにしても!

はっきり言って、こちらでも国際的祝賀行事に参加するたびにものすごくお金がなくなるのよ!
私は日本からのプレゼントもかなり送るので日本の口座のお金もなくなり、母は荷物を転送し。
たいていの贈り物は有田焼か炊飯器か着物系、剣道の道具など、これまた送料のかかるものが多く。。。

しかも、その渡航に合わせて現地で私の!主催のパーティーをするときは、パリから陸路でワインを送るの。
20本ぐらい。知っている陸路の個人サービスがあるのでそこでお願いするのだけれどDHLなんかと比べれば格段に安いし、door to doorで届けてくれるのだけれど、それでもワイン代と送料で結構高いのよね。しかも、滞在日数を少し長くした場合、お友達の別荘か自宅の別棟に滞在する場合も、どかんとワインをお送りさせていただいているわ。うーん、汗。。。

そこで、アタクシひとつの想像をしてみたの。
もしアタクシが行かなかったらどうなるか?

イヤ、無理無理。
そんな無礼は絶対に出来ないくらいお世話になっている人か親友ばかり。
それ以外の祝い事には参加していないんだから。
でも、何かと祝い事が多すぎ!
これはアタクシだけかしら?と感じるのよ。

パリに住んでおきながら、お友達の関係でヨーロッパ内のパーティーを飛び回るアタクシってセレブ?
だったら嬉しいのですけれど。汗
正直に言うと、仕事以外のプライベートの飛行機代ってすごくお金が減った気がする・・・。ケチッシュなコメント。

アタクシがもしミリオネアで、しかも時間にも余裕が合ったらこんな余計なこと考えずに楽しむだけで済むのにね。笑

日本人の友達がそのグループにひとりもいないのでここにこんなことを書けるけど。。。
もし私のこんなケチな一面をみんなに知られたら!!!嫌われてしまうわ。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

鎌田慧の現代を斬る | 『吉原 泡の園』 | あの事件を追いかけて | ホームレス自らを語る | ロシアの横暴 | OL財布事情の近年史 | おすすめサイト | とりあえず食べておけ | アニメ・コミック | アフガン・終わりなき戦争 | アラサー財布事情 | ウェブログ・ココログ関連 | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サイテイ車掌のJR日記 | スポーツ | ドーマン法 | ニュース | パソコン・インターネット | ペット | ホテルニュージャパン火災後の廃墟 | ランチパックの本 | ロストジェネレーション | ワーキングプア | 仏像彼氏 | 住まい・インテリア | 冠婚葬祭ビジネスへの視線 | 初老男のデモ趣味 | 初老男の旧式映画館徘徊 | 大道芸を見る! | 学問・資格 | 実録・コールセンター [1] | 寺門興隆を読む | 心と体 | 恋愛 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 新人理学療法士、走る!/染谷 | 新刊情報 | 新連サイテイ車掌のJR日記 | 旅行・地域 | 日曜ミニコミ誌! | 日本人のお葬式 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書店の風格 | 書籍・雑誌 | 東京みくじ巡り | 東日本大震災 | 歴史 | 残る女子大、残らぬ女子大 | 池田大作より他に神はなし | 皇室 | 経済・政治・国際 | 編集部の女の子 | 美容・コスメ | 芸能・アイドル | 鉄道 | 靖国神社 | 音楽 | 黙っていたら役人に殺される