ゲーム

2013年7月16日 (火)

元乙女のゲーム生活/乙女心でホラー克服

 携帯電話もパソコンも進化し、タッチパネル搭載タブレット端末やスマートフォンが主流になり、グーグルグラスというメガネ型のコンピュータも登場した。SF映画でみたあの光景へ着実と近づいてきている。
 科学技術は進歩しているのだから、そろそろ画面の向こうへ行ける技術開発に着手するエッジの効いた人間が現れてもおかしくないはず。
 私は常にゲーム画面の向こう2次元の楽園へ行きたいと思っている。どれくらい行きたいかというと、テレビの画面からわざわざ出てくる貞子が憎いくらいだ。私はそっち側へ行きたいというのに、あの女は出てきやがる。しかも人まで殺すのだ。人殺す暇があったらテレビに入る方法を伝道してほしい。真昼にテレビ東京で放映される『リング』を見るたび怒りに震える。やすやすとテレビから出てきやがって、と。
 しかも黒髪ロングストレートに白ワンピなんて、乙女ゲーの主人公にいそうな格好までしているのだ。和風乙女ゲーにいそうだよ。白ワンピという高難易度の服を着こなす貞子。あなどれない。(ビデオを)見ただけで忘れられなくするほどの強力なフェロモンを持ち、7日で確実にモノにするなんてどんだけ恋愛体質なんだよ。私にもその色気を少しでもいいからわけてくれ。くそー!むかつくのに嫌いになれないヨ。
 ふたなりっていう設定もあるから最強だし。女性をも虜にしてしまうのはそのせいとか。あまりうらやましくはないけど、男女限らず夢中にさせるなんてどれだけモテ系なんだ。私なんて乙女ゲー内だったらモテるけど、現実世界ではJJやCanCam読んでもモテなかったよ。ほんとうらやまー。
 だが伽耶子(『呪怨』)、お前はだめだ!
 家に執着しすぎだ。自宅警備員なんて早くやめて家から出ろ。見た目は貞子っぽいのに全然違う。ストーキング行為はいかん。好意はオープンにしなくてはならない。そして日記など書くな。書いても事態は好転しない。それより好きな男にはアピールに次ぐアピール攻撃をしろ。特攻隊のようにアタックするのだ。恋愛に往復切符などない、つねに片道切符なのだ。
 あと動きに色気がない。さかさまになって天井這いまわるとかない。あと勝手に布団に入るな。好きな男には陰湿に迫るのに、ベッドには潜り込む。とんだビッチだよ。私には真似ができないから、その大胆さは欲しいところ。男性に改札まで送ってもらっても、「じゃあまた」とかいって余韻もなく別れて、あとでキスくらいねだっておけばよかったと後悔するクチなものでね。伽耶子の大胆さは乙女ゲーの主人公に通ずるものがあるので、ここは評価したい。
 あと、百発百中でターゲットをモノにするからすごい女(怨霊)なんだけど、ゴミ袋に入れちゃうのがね。なんというか律儀な人だよね。「えいっ!」とかいってターゲットを入れてるのかな。想像したら萌える。ついでに「あ、あ、・・・」ってなに、エロゲ?喘いでるの? いきなりキンキラシール付きの18禁ゲームの様相を呈してるし。
 もしかして伽耶子タソは男性向け恋愛ゲーム系の主人公タイプとか。だとしたら陰気な性格でもありだわ。私は伽耶子タソのことを誤解していたかもしれない。ごめんね。
 零シリーズのボスは皆かわいそうなんだよね。というかもっともかわいそうなのは、たまたま好意を持たれてしまったせいで始末されてしまう男の人なんだけど。
 生け贄を惚れさせたらあかん。けど、仕方ないよね。好きになられたコがたまたま生け贄だっただけなんだもん。ただの人間同士の修羅場(浮気や不倫)で食らう制裁は慰謝料や社会的地位だけど、それでも命があるだけまだまし。零に出てくる男性はもれなく死んでいる。惚れられた代償が大きすぎて本当にかわいそうになってくる。成仏しろよ。
 とまぁ、ホラーもこんな感じで突っ込んでいけば、いっさい怖くなくなります。それどころか萌えて悶えてしまう。怖いときは全力でお笑い芸人になりきりましょう。 家に何かいると思ったときも、「やばっ!同棲相手ができちゃったカモ!」「私の排泄シーンを見たいなんて変態だな!」なんて考えればいい感じ。妄想にはまりすぎて現実との区別がつかなくならないようにお気をつけあそばせ。(奥津)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 3日 (金)

元乙女のゲーム生活/真・恋姫夢想 蜀編

 乙女ゲー、ノーマルゲーが基本だがギャルゲーもプレイすることがある。エロゲーは女性、男性向けともにやらない。やはりエロいことは生身の人間としたい。
 そんなことはおいておくとして、今回プレイしたのは『真・恋姫夢想』(恋姫と夢想のあいだには記号がはいる)。もともとエロゲータイトルだったが、コンシューマ機への移植にともなってエッチな部分を削除したものとなっている。なぜこれに目をつけたかというと、ソフマップの買い取りセンターで売りに出している男性がとても多かったのと、そんだけ買っている人が多いとということはさぞおもしろいのだろう、と思ったからだ。
 さすがにPC版(エロいやつ)は購入できないのでPSP版を買った。これを買うまでにどれだけ恥ずかしかったか。数多の修羅場をくぐり抜けてきた私だが、恋愛ゲームを買う瞬間の恥ずかしさはどうしても慣れない。3次元男性にアプローチする方がまだマシ。

 ゲーム内容は、三国志がベースとなっていて、タイムスリ婦した主人公が魏・呉・蜀の仲間になって、さらに女の子の中にまで入っちゃうぅ……というもの。これのおもしろいところは、登場人物の性別が逆になっているとこ。男性は女性キャラに、女性キャラは男性に(華蛇はなぜか若い男)というぐあい。恋愛要素の他にバトルもあるのでシミュレーションというよりアドベンチャーのジャンルに入るかと。私は蜀編を買ったので劉備、関羽、張飛、諸葛亮、趙雲ほか三国志オールスターがいっぱい出てくる。でもみんな女の子!
 感想だが、とにかくパイオツカイデー。ロリキャラや一部キャラは貧乳だけど、他はとにかくでかい! おっぱい、おっぱい、おっぱーい! 年増キャラなんかホルスタインかよ!てなぐらいでかい。あんなでかさで青竜刀振り回せるのかいな。

 エロゲやギャルゲーでいつも思うのが、服。ださいとかじゃなくて、現実世界であんなに体型が出るような服ってないよ。どんな素材使えば胸の形がまんま出る服ができるわけ!? しかもブラ透けゼロ。総シルク? ポリエステル? 一体なに? 一度着てみたいわー。
 コスプレ写真とか見てると豊満な肉体をしている人の突出している部分(胸とか腹とか)の布は、張ってるというか伸びてるというか、とにかく胸の形がきちんと出ていることはない。ギャルゲーの布地は何製なのか毎度気になります。

 全体を通して、キャラの顔がかわいいくて萌えちゃうけど、どうしてもおっぱい(と服の素材)に目が行ってしまう(おっぱいの使い道も想像できるしいろいろ書きたいのはやまやまですがやめておこう)。
 男性向け恋愛ゲームは女の私からすると少し退屈だけど、女の子の笑顔とおっぱいにはなぜか癒される。
 乙女ゲーで発見する己の変態さとは別の新しい変態さを発見できると、ギャルゲーはかなりおもしろいゲームへと変わります。新しい私、発見。
 三国志ファン女性にはあまりオススメはできませんが、そんなの関係ないという懐の広い方はぜひどうぞ。(奥津)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

元乙女のゲーム生活/ときめきレストラン

 スマートフォンで遊べるコナミの新タイトル『ときめきレストラン』をプレイしている。実質無料で遊べるソーシャルゲー。コナミはソシャゲーに力を入れるというニュースを見たような……。
 ときめきレストラン(以下、ときレス)は、ときめきメモリアルの番外編というかときめきの別シリーズ。レストランを切り盛りしてアイドルと仲良くなるという内容。主人公が店主で、そこに常連でもある近所の芸能事務所のアイドル6人がやってくるんだけど、美形揃いでかっこいいです。最近は3次元の方々と親しくさせていただいてるが、2次元みちゃうとスマホの中に入りたくなってしまう。
 スチルをまだ見ていないので断言できないが、あったとしたら今度こそは画面を舐めてしまうかもしれない(いや、舐めませんよ)。iPhoneのRetinaディスプレイは本当に画像を美しく見せてくれるから危ない。
 ときレスのいいところはキャラがイケメンなのと、タッチパネルを利用したスキンシップ。
 やっぱスキンシップ大事。これまでは棒やボタンでツンツンしてたけど、ときレスでは指でできます。ホントこのシリーズはいいイベントを考えたよ!
 普段は男性に声なんてかけられない奥手な私ですが、2次元に対しては積極的肉食女子に変貌します。触りながらニヤニヤグヘグヘしていて気持ち悪いのは確かだけど、何度やっても画期的なシステムだと思う。
 ただ選択肢を選ぶだけなのはつまらないし、女性向けエロゲはちょっと……でも……という欲求不満女子にはたまらないライン。疑似本番している気分。
 スキンシップはいいけど、やはりときメモをやりこんでいる身としてはフルボイスではないのが残念。お気に入りの声優が出ていたので名前を呼んでほしかった。いや、本編に出して欲しかった。男に名前を呼ばれたい。所詮ソシャゲーだから仕方がないけど。
 内容に関しては、ないです。ひたすら料理を作るだけ。デートなどもないので、少し間をあけてしまってもストーリーにあまり影響ない。空き時間にピコピコできるから手軽でいいんだけど、私のiPhoneはiPodtouchと化しているので外で遊ぶことができない。
 ハードに遊びたければ課金、ゆるく続けるなら無料。自分のプレイスタイルに合わせて遊ぶことができるが、無料で続けるのはなかなか難しい。かわいく店内を飾るには家具を買わなくてはならない。しかしその家具が高い。買うにはリッチ(ときめきシリーズ内の通貨単位)が必要になるので、料理を作る必要がある。その料理作りには体力が必要。体力がなくなったら回復薬を使わなくてはならないが……端折ってしまうと、「無料でイベントをこなそうとすると、膨大な時間がかかってしまうから課金した方が楽。無料のままだと飽きが来る」ということです。
 私もちまちまやるのではなく大人なのだから課金しちゃおっかなぁ、と考えるときがある。しかし、そういうのって一度やると何回も課金してしまいそうなので一生懸命誘惑を振り払っている。
 もちろん無課金でも十分に楽しめるので、ゲーム機ないけどときめきたいかたにはオススメです。(奥津)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月15日 (土)

元乙女のゲーム生活/ポケモンタイピングDS

 タブレット用に使えるキーボードが欲しいと言っていた家人が、ネットでの評判を見て購入した『ポケモンタイピングDS』。
 量販店などで売っていたのは知っていたが、無駄にでかい箱は存在感あるものの、仮にキーボードがついていたとしてもちゃっちい子供だましなものかと思っていた。しかし、どうやら違っていたらしい。
 
 サイズは小さめで、子供の手に合わせたサイズだと思われる。ポケモンの柄など余計な装飾がついておらず、いたってシンプル。キーはアイソレーションタイプ。キーが一つ一つ独立してついてるやつです。Bluetooth(青歯)対応なので、それらに対応したデバイスで使える模様(動作保証に関しては自己責任で)。
 これらの特徴は大事だが、これがもてはやされる理由は値段と耐久性らしい。元値は5800円だが、アマゾンで購入すると1900円。キーボードとソフトが付いた新品価格でですよ。安い。あまりの安さに驚き。自分用にも購入しちゃおうかと思ったよ。安いくせに反応よいし軽い。耐久性も任天堂らしく子供が無茶な使い方をしても壊れないらしい。子供の使い方って思春期の青少年の性欲並みに激しいところがあるから、3日位くらい使って壊れた……なんていう電子機器の風上にも置けないものは作らないポリシーに惚れます。実際、どれだけの耐久性があるかは実験したわけではないのでわからないけど、値段を考えたら普通に使って1年くらい持てばお釣りがきそうだ。
 Bluetooth対応なので、我が家のiPad、iPhone、Nexus7、xperiaタソ(スマホ)などと繋げてみたところ、iPhone、iPad、Nexus7はきちんとつながったが、スマホはうまくいかなかった。簡易ノートパソコンの完成だよ。
 家人はキーボードが欲しかっただけなのでゲーム無視。もったいないし、DSiもあるしということで遊んでみた。
 ポケモンといったらゲームボーイ版『ポケットモンスター緑』と、『ポケモン不思議のダンジョン』しかやっていない。前情報によるとポケモンの名称を覚えてないときついらしいので不安だったが、いざやってみたら予告通りきつかった。
 ポケモン緑に出てきたポケモンはわかるけど、それ以降に出てきたのとかわかんないし。だいたい今、何匹いるんだよ。ポケモン言えるかなで歌ったら10分はかかるんじゃないの。ニャースみたいなアホっぽいやつがペルシアンなんていうかっこいいやつに進化するなんて納得いかないし、私の愛用ポケモンフシギダネなんて進化するたびにゴツくて可愛くなくなっていくのも納得行かない。うーん、ポケモン図鑑みていたらひさびさにポケモンがやりたくなってきた。
 話がそれたが、タイピングゲームはおもしろかった。出てきたポケモンの名前をタイピングしながらポケモン情報を集めていくというシンプルな内容。ポケモンの名前を覚えていないと不利なのは確かだが、普段タイピングして慣れていれば問題ないレベル。コンボを決めていくと、レアポケモンが登場しやすくなったり、スコアも稼げる。ひたすら単純作業なので、飽きっぽい人には勧めないが、早打ちの練習にもなるし、ブラインドタッチも楽しみながらマスターできる。ところどころボスが出てくるステージがあるのだが、それがかなり難しくてまいった。ポケモンだからとバカにできないおもしろさがあるのがさすが! といったところ。長く人気のあるシリーズは違う。
 調べた限りでは、このキーボードを使ったゲームはポケモンしかなさそうなので(調べ漏れがあったらすみません)、子供がゲームに飽きたらキーボードだけもらって他のデバイスで再利用するのがおすすめ。(奥津)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月17日 (土)

元・乙女のゲーム私生活/キャサリン

  『キャサリン』は非常に凶悪なゲームだ。
 パズルがとんでもなく難しい。あんなにもEASYが文字通りの言葉でないのもめずらしい。NORMALやHARDで進めていてどうにもならない時は、一時的にEASYにすることがある(あとはさっさとクリアしたいときとか)が、これはモードを下げてもパズルが簡単になるのではなく、リトライできるようになるだけ。パズルは好きでよくやるけれど、これは強敵すぎる。仕組みはいたって単純で、ブロックを押して引いてとにかく頂上を目指すだけ。各章のラストステージ以外は時間制限がないのでゆっくり解くことができるものの難しい。一こまずつ戻ることもできるが回数が限られているので、失敗の原因が数歩前ならば使えるが、かなり前ならば思い切って死んでしまったほうがよかったりする。
 アトラス製作ゲームといえば女神転生。メガテンといえば天使と悪魔。清く正しい道を行くと天使ルートに行き、道にはずれたことをすると悪魔ルートにいくってだけなんだけど、女神転生で悪魔派になると神と戦うことになるらしい。キャサリンもその分岐があるもよう。ニュートラルっっていうルートもあるけれど、中立ははっきりいってつまらないですぅ。どっちかに偏っているほうがゲームとしてはおもしろい。
 肝心の内容だが、一言でいうと「よくわからん」。恋人がいる男が酒に飲まれて浮気してしまう。さらに世では、ベッドで男性の変死体が発見され、それは女の恨みを買っている男がみる悪夢のせいなんじゃないか……という噂が流れている。なんというか、女を敵に回すと死ぬよ、みたいなところだろうか。悪夢の中でパズルを解いて頂上に行けば助かるし、落ちてコンティニューしないと現実で死んでしまいゲームオーバー。まさにDEAD OR ALIVE!生き残りたけりゃ登れ、他の奴を落としてぶっ殺してでも!手に汗握るパズルアクション。そして誰が悪夢の世界に落としたのか。本当のことを知りたければ登れ、襲いかかる罠をくぐり抜けて!真相解明サスペンスパズルアクション。
 ……それっぽく書いたけど、だいたいそんな内容だと思う。
 プレイしていて感じたのが、「カップルでやらないのが吉」ということ。はじめに書いたようにパズルが難しいから必然的に協力プレイをする人が多いと思う。まずここで揉める。「そこは押すな」だの「その隣を引けばいいのに!」だの「もうお前がやれ!」といった争いがちょくちょく起こるでしょう。私のヒアリング調査では100パーセント発生していたので確実。興味を持っていた女子には警告を発しておいた。
 さらに、パズル以上に危険なのがこのゲームのテーマである「男の浮気」。長くつきあってきた彼女と、バーで知り合った行きずりの女とのあいだで揺れ動く男心を描いているのだけれど、男性諸君には単身プレイを推奨したい。ステージが終わるごとに天使悪魔分岐のための選択肢が用意されているのだが、それがなかなかきわどい。現実の二人の絆を試されているとしか言いようがない。質問内容忘れちゃったんだけど、ヒアリング調査では二人でやるとかならず相手に弁解するとの回答をいただいた。たかがゲームの選択肢なのに男は大変だ。
 私のところ? 我が家では、「ときめきメモリアルGS」その他恋愛ゲームにまつわる幾多の件で、私自身がパートナーに常に弁解している(これは浮気ではない!とか)ので、キャサリンでの選択肢などどうでもいい。鼻ホジしちゃうよ。
 このゲームに関することで弁解するならば、結局クリアせずにやめてしまったこと。ゲームはきちんとクリアすることをモットーにしているが、パズルに時間がかかってストーリーが進まないので途中で飽きた。このゲームはパズルゲームなのか、それともアドベンチャーなのか、そこがどうにもわからない。「男の浮気と女の恨み(嫉妬)」というテーマはめずらしいし、主人公の「どうすりゃいいんだ」っていう姿もリアリティーがあっておもしろい。もっと言えば子安武人が出ているから最後までやりたかったんだけど、基本的に行動が酒場でクダ巻いてるかパズル解いてるかのどちらかなのでどうにもなじめなかった。
 挑戦的な作品はゲームファンとして大歓迎だし、これからも増えてほしい。おもしろくてハマる人は何周もするけど、世界観に馴染めない人やパズルで嫌になる人は途中でやめてしまうといったとても人を選ぶゲームなので、興味がある人はとりあえず話を聞くなりHPを見るなりしてから判断した方が吉。(奥津)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

元・乙女のゲーム生活/ときめきメモリアル4

 はじめて購入したゲームは、スーパーファミコン版『ときめきメモリアル~伝説の樹の下で~』。1996年に出たので、当時中学生くらいかな。なんで買おうと思ったのかも覚えていないし、女の気持ちの機微もわからぬ子供が手を出すゲームにしては敷居が高いのにどうして購入してしまったのやら。
 攻略したいキャラの必要パラメーターをあげて、デートしてバッチリ評価をもらってときめいてもらえばクリアできる単純な構造だということは今ならわかる。けれども、当時は子どもだし、今とは違って攻略サイトもなければ、周りにやっている人もいなかったからクリアの基準がわからなかったのに、よく何人か攻略できたと思う。結局、藤崎詩織の攻略はかなわなかった(いいとこまでいったと思う)のは悔しいね。今でも「噂されると困るから」と下校を断られたことを覚えているよ。あの女め。
 この『ときめきメモリアル4』は、元祖ときメモで舞台になったきらめき市ときらめき高校(それと伝説の樹)の15年後という設定で2009年にリリースされた。そもそもときめきメモリアルシリーズの新作が発表されたのが8年ぶり。もうでないと思っていたので当時はびっくりした。無印は売れに売れたけど、2、3はあまり話題にならなかった。だからもう出ないと思ってたんだ。ちなみに、ガールズサイドで絶賛使われているEVS(名前読んでくれるシステム)はこちらが先なので忘れないように。
 今回この原稿を書くにあたって久々にプレイしたのだが、ガールズサイドばかりやっていたせいか、システムもストーリーもさっぱりとしている印象。ガールズサイドは、シリーズを追うごとに欲望に忠実になっている。新しく出たPSP版GS3なんてすごいよ。一般女性向け恋愛ゲームの限界に果敢に挑戦している。ちょこまかとしたイベント発生も多いし、デート時のスキンシップに大接近、とにかくボリュームがすごい。食べ放題に行った感覚。
 そういう濃厚なものに慣れてしまったせいか、妙に落ち着いたおとなしいゲームに感じられた。なんせ手をつなぐことが大きなミニゲームイベントになっているくらいだし。
 気に入ったシステムが、回転させてコマンド選択させるところ。操作しやすい。GS3はDS版と同じ方式なので少々扱いづらいから、あれが採用されていればよかったのにな、と。
 ときめきメモリアルの風物詩といえば攻略対象女子たちの爆弾点灯なんだけど、あいかわらずつきやすい。爆弾は、一定期間会わなかったり、他の女子と仲良くしていると傷心度と呼ばれるのが上昇して、一定ポイントになると爆弾マークとして出現。それが爆発すると他の攻略対象者の好感度まで下がってしまう厄介もの。
 でもさ、好きな人には一途でいたいよね。そういう願いを叶えてくれるシステムが4にはあるのだ。それは毎学期ごとにつけられる「特技」というもので、習得して身につけることによって病気を防いだり、ものが安く買えたり、パラがあがりやすくなるなどの特典がつく。
 例の厄介者「爆弾」をつけにくくするのが、「清廉潔白」。傷心度が上がりにくくなるけど、ときめきにくくなるという諸刃の剣のような特技だけど、とても有効です。はっきりいって、こっちの心情としては勝手に傷ついて爆弾つけんじゃねーよって感じなんだけど。しかも傷心度を下げるには下校かデートをするしかないのだが、休日は攻略対象に捧げたいのでしたくない。そうなると頼みの綱は下校。しかし、下校イベントが少なく、タイミングがずれるとデートのお誘いいなってしまう。なんてシビア。
 さらに、女子には負の特技というものもあって、それが発動されると体調が下がる、体調が減る、女子の傷心度があがるという地味に響くもの。もっとも勘弁願いたいのが、ラスボス「皐月先輩」が持つ「高貴」。特技がどれかひとつ外される。外されるとその学期中はつけ直すことが不可能なのでイヤ~な感じ。これらも特技によって回避可能だけど女は面倒な生き物だとつくづく感じますよ。全体的にうまいこと調整されているGSシリーズはなんだかんだいってぬるゲーということがわかった。
 いつもこの手のゲームで感じていたことだが、デートには金がかかるはず。にもかかわらず金を払っている様子はない。ゲームなんだからそんな細かいことはどうでもいいといえばいいんだけどやっぱり気になる。毎週のように出かけてるけど、服買ったり遊園地行ったり動物園行ったり、よく金が続くなぁと思っていました。
 しかし、4は施設利用料がきちんとかかっている(他のナンバリングタイトルでもかかってたらごめんなさい)。ついでにいうと、バッチリ評価をもらえる誕生日プレゼント代がすんげー高い。GSは1リッチ(最大でも10リッチ)ですむのに、23リッチ、50リッチって。バイトしないと無理。
 女は金がかかるっていうけど、ゲームでもきちんとそれを体現していらっしゃる。女って生まれただけでイージーモードっていうけど、人生もゲームもぬるいね。女最高!
 このときめきもリアルシリーズは、ガールズサイドに持っていかれて埋もれてしまっている感プンプンだが、私の中では思い出補正があるとはいえメモリアルな作品なので新作がでたことがうれしかった(発売当時ね)。
 驚くほどあっさりしているので、煩悩の塊ゲーム(GSに限らず)に疲れたらあえてこっちで一息つくのもありだと思います。(奥津)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 7日 (土)

元乙女のゲーム生活/スライムもりもりドラゴンクエスト3 大海賊としっぽ団

 ドラゴンクエストにでてくるスライムはかわいい。
 ぽよんぽよんして、人間だったらかなり頭の悪そうな間の抜けた笑顔。鳥山明が描くドラゴンクエストのモンスターは、FFシリーズのいかにも敵という造形とはちがい、デフォルメされていて愛嬌がありかわいげがある。ラスボスも凍てつく波動やマヒャド、つめたくかがやく息、しゃくねつの炎だのといったやっかいな呪文は使ってくるもの、キャラ絵は怖くない。それどころかゾーマはかっこいい。私も一度くらい「さあ、我が腕のなかで息絶えるがよい!」とか言ってみたいわ。

 さて、ドラクエモンスターの中で最も好きなのがスライムなのだが、そのスライムが主人公で登場人物の9割がスライム族のゲームがある。それが『スライムもりもりドラゴンクエスト』シリーズだ。
 1はゲームボーイアドバンス、2はニンテンドーDSででており、今回紹介する『スライムもりもりドラゴンクエスト3 大海賊としっぽ団』は、2011年に発売されたニンテンドー3DSでリリース。もちろんこのソフトのために3DSを買った。3DS本体に関していうと、3D機能をONにして30分くらい遊ぶと頭が痛くなる。そのため、プレイ中はずっと2Dにしていたが特に問題なかった。蛇足だが、私の3DSの起動が遅いんだけど、これは仕様なのかな。

 ストーリーはスーラン王国の宝(オーブ)が盗まれ、それを取り戻しに王子である主人公(名前は自分で決める)が船に乗って世界をめぐるというもの。シリーズ通して出てくるキャラは同じで舞台が違うだけ。3作目はサブタイトルに「大海賊としっぽ団」とあるように海が舞台。しっぽ団というのは敵メンバー全員に尻尾がついてるから。
 このゲームの醍醐味は船を改造して強くしていくことに尽きる。船体、マスト、かざり、船首のパーツカスタムと船強化ができる。パーツは敵と戦って勝つと手に入る設計図を専門業者に渡して作ってもらう。船強化はシドモジャ(シドはきっとFFから来たに違いない)に必要なアイテムを持っていってやってもらえば船レベルやHPなどをあげることができる。
 簡単に書いたが、設計図入手は敵に勝てばいいだけなのでラクだけど、強化が一筋縄で行かない。レベル5くらいまでは入手しやすいアイテムばかりで、さくさく船強化できるが、それ以上となるとクリアしないと手に入らないものや交易でアイテム交換が必要なものが出てくる。ネットにつなぐとレアアイテムが入手できたりするが、数に限りがあるので微妙。
 強化することによってHPや船の耐久力、スピードが変わってくるのでやらないわけにはいかない。中ボス連チャン戦闘や自分より強い船との戦闘があるが、「少し強い」だけで「薬草を積んで回復」すれば勝てる。しかし、ラスボスはHPが高く(2000超えている)、使ってくる弾も強いものばかりのため、可能な限り強くしたほうが戦いやすい。「スライムもりもり」なんてかわいいタイトルだけど、ラスボスのエグさには笑った。正直、ドラクエ9のラスボスのがかわいいと感じた。
 私は途中でしびれ切らして1000を少し越えたくらいで戦った。戦況は厳しかったが、子供も遊べる仕様(ソフトは全年齢向け)なので、少しテクニックを使えば船がたいして強くなくても、ある程度ゲーム慣れしていれば勝つことは可能。アクションゲームが苦手な人は無理せずレベルあげしたほうがいい。

 スライムが好きなのでこのゲームは必ずやっているが、3DSで出す必要はないゲームだと感じた。ちょうどこのソフトと『スーパーマリオ3Dランド』の発売日が重なってしまったので、埋もれてしまった感があるもののストーリーはいたってシンプルだけどおもしろく、操作も簡単なので、3DS本体をもてあましているならばプレイしてみてはいかがでしょうか。(奥津)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

元乙女のゲーム日記/ときめきメモリアルGirl's Side Premium 3rd Story ②

 2回目の今回は、3月15日に発売されたPSP版についてきちんとレビュー。
 PSP版といっても移植であって基本システムや内容は変わりません。だけど、恒例の新キャラ、新スチル、新要素が入っています。新キャラは2ndにでてきた羽ヶ崎学園の生徒さん。魅力を爆上げするとでてくる子で、隠しに近いのでタイミングがずれたり、条件を満たさないと出てこないで終わる可能性も。女慣れしてない感じで新鮮さを感じました。モデルのバイトをする設定はまたか……だけど、この際もういいです。最後の告白場所も灯台出てくるし、珊瑚礁見えるし、許す。

 実はこれがでるまで、おさらいと称してDS版をずっとやっていた。PSP版が出てすぐに鞍替えしけど、ストーリーやイベントは同じ(新規イベント、スチル、キャラ、新システム搭載は恒例なのであるものの)なので、飽きたというかまったりとした気持ちでやっている。そのため、以前と同じテンションでプレイするのは難しい。どんなに好きなキャラでも10周したらマンネリ化するだろ。
彼氏も長く付き合ってるとそうなるじゃない。
 どうやってテンションを保とうかと思ったとき、ふとひらめいたのが「数字」。数字といっても801ではない。ときメモの基本は、デートして好感度あげて、ついでに対応するパラメーターもあげる、である。
 恋愛って両思いになりたいと追いかけてる最中は楽しいけど、追われるようになるとつまんなくなるでしょ。それと同じで、ゲームでもはじめは「よしやるぞ!」って感じなのに慣れるとうんざりしてしまう。そうなると萌えもときめきもなくなるわけです。
 しかし、ときメモにはもう一つパラ萌えというおもしろいシステムがあって、特にデートしなくてもパラメーターが一定を越えると好感度がじわじわ上がってくるわけです。全体的に150オーバーで出歩きイベントをこなしてポイントを稼ぐと、普通だった人も友好に。さらに一緒にバイトしたり、気まぐれにチョコあげたり、部活やってると好きになったりするわけですよ。
 隠しキャラ狙い(先生がベストかな)で女友達のみよちゃんに電話をかけて評価を聞いたときに、男子の状態を見てニヤニヤ。現実世界でもハイスペックな異性ってよく知らなくても惹かれちゃうでしょ。それとかよく会って視界に入る異性にもね。それと同じでゲーム内でも追体験できるのです。
 男と付き合いたいなら容姿磨いてある程度賢くなるのも大事だけど、視界に入って印象を残すことも大事。存在を知ってもらって、サブリミナル効果で脳裏に焼き付けさせ、じわじわ仲良くなる。デートに誘えたらさらにポイントを稼ぐ。古典的な方法だけど効くんじゃないかな。男は単純だから。

 2ndと3rd通して気になるんだけど、異性とデートしてあんなに積極的にお触りしていいのだろうか、と。
 様子見て少しずつ距離を縮めるどころか、かなり大胆に接触するんだよ。痴女すぎる。PSPバージョンではさらにデートコミュというのがあって、デート終了間際に大接近とは違うお触り無双が発動されるんだけど、興奮度MAXになって終了した後のバンビの台詞が、「こっちまで興奮してきちゃった」(うろ覚えだけど)だからね。そりゃ、あんだけいろんなとこ触ったら興奮するよ。
 あれを現実でマネしたら痴女要注意評価になるのか、それとも仲が3歩くらい深まるのだろうか。機会があったら試してみたいものだ。
 1stはまだタッチしたときの主人公の反応はウブでかわいかったんだけど、男子が手を出せないのをいいことにだんだん大胆過激に、肉食女子化しているわけです。時代に即しているとはやるな(笑)

 3rdはぶっ飛んだキャラ設定もほとんどないし、PSPに移植されてスチル2分割が解消されたから本当に嬉しい。絵がキレイだからイヤだったけど、1枚絵でバーンと見られるようになったおかげで、最萌えキャラのお気に入りイベントの時なんて思わず舐めてしまいそうになって、自分の気持ち悪さに改めて驚愕してしまったし♪キラッ★
2ndを押しのけてベストソフトになってしまった。
 とてもオススメしたいゲームだけど、舞台が1stと同じはばたき市で、そちらを攻略していないと細かいところまで楽しめないので、そちらを未プレイの人はまず1stからどうぞ。(奥津)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月28日 (土)

元乙女のゲーム生活/ときめきメモリアルGirl's Side Premium 3rd Story①

 こりもせず飽きもせずメモりあっている今日この頃。『ときめきメモリアルGirl's Side Premium 3rd Story』がでたので遊んでみた。ちなみにこれはPSPエディション。DSのほうもいいけど、個人的にはPSPででないかと心待ちにしていた。一枚絵が分割されるのがイヤだったんだ。でもvitaで発売じゃなくてよかったよ。懐具合が厳しいから買えなかった。

 かなり前に3rdの記事を書いたが、その時の評価はイマイチだった。この時代に不良ですか、とか三角関係発足ダルいよなどと思っていた。現在も不良はないとは思っている。ただ、1980年初頭生まれなので、幼少の頃に不良少年や少女を見て育ってきたから、不良兄弟を見ると懐かしい気持ちにはなるから不良兄弟は嫌いじゃない。でもやっぱりレトロな気分になっちゃうよね。

 不良はおいといて、もう一つ気になっていた三角関係。気乗りがしないなんていってごめんなさい。めんどくさがらずにやってみたらおもしろかったです。通常の攻略よりも楽しいよ。友好状態の時は3人デートしか誘ってこないから平等な関係だったのに、両方が好き状態になった途端に2人デートばかり誘ってくる。君たちがっつきすぎ(笑)。やっぱり3人はいやだ抜け駆けバンザイってことか。お前たちの気持ちはわかった。
 私個人の嗜好でいうと、三角関係発足からずっと3人で仲良くするルートより、Pride VS Pride(PvP)という三角関係が壊れそうになるルートが好き。
 「おまえ、あいつのこと好きなんだろ!」バコッ!「なに言いやがるテメェ!」バキッ!「テメェにあいつは渡さない!」ダダッ!「私のために争わないでー!」というお約束展開からはじまる状態なんだけど、そもそもこれの原因は、バンビがどちらか片方とばかり遊んで、それに置いてけぼり喰らった男子がヤキモチ焼くことで起こるんだよね(私の場合はすべてそれが原因で起こっていた)。
 先輩同士だと口げんかが始まり、なぜかバンビ(主人公)に宣戦布告され、兄弟同士は殴り合いと物騒、柔道部組はたぶん柔道するんだろうな(ここのPvPは未プレイ)。二人の男を手玉に取り、あげくに争わせてしまうなんて悪い子ですよ、バンビは。もしかして3rdの見所って、このPvP開始イベントなんじゃないのかと勘ぐってしまうくらいおもしろいんだよ。
 期限内に仲直りさせると三角関係修復になって3人デートが再開されるんだけど、この状態で起こるW大接近は心情的に複雑になります。複雑といえば、片方が好きで片方が友好の時のW大接近もいたたまれなくなる。ゲージのたまりも少ないし、途中でルーレットもでてくるけど、友好側はチェンジアイコンが多すぎる。温度差ありすぎの中でチェンジしたら寂しいじゃないか。しかも、片方とは両思いのようなもんだから当然イチャイチャするわけです。で、友好の方は途中で帰ってしまうことも。
その姿を見ると小悪魔でならした私でさえもかわいそうに感じてしまうよ。製作者は鬼畜だよホントに。だがそこがイイ!(奥津)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

元乙女のゲーム生活/朧村正

 我が家のWiiが久しぶりに火を吹いた。

 「朧村正」というひたすら敵を斬りまくるだけのゲームなのだが、戦国無双、三国無双、戦国BASARAしかりこの手のものは非常にすっきりする。ストレス解消ゲーとはよくいったもので、ワラワラと沸いてくる雑魚を奥義で吹っ飛ばしたときは気持ちがいい。さらにコンボが3桁を越えたあたりから「うひょー!」なんて滅多に使わない叫びをあげてみたり、ちょっとした操作ミスでコンボが終わったときはコントローラーを投げたくなったりと普段とは違う自分に出会えたりもするのだ。

 この朧村正は懐かしさ漂う横スクロールゲームなので、ワラワラ感はないが、Bボタン連打してひたすら斬っていればOKなので初心者でも遊びやすい。難易度は、気持ちよく大暴れするなら「無双」、テクニックを極めている人なら「修羅」のどちらかを選ぶ。ちなみに修羅でラスボスをクリアすると「死狂」というHP1固定で遊べるモードが出現する。
 ストーリーは単純明快で、抜け忍の鬼助とお姫様の百姫のどちらかを選び、鬼助は西から東へ、百姫は東から西へ敵を斬りつつ料理を食べ、温泉に浸かりながらラスボスを目指す諸国漫遊アドベンチャー。どちらも使うマップは基本的に同じだが、ストーリーが違うため同じ国でも行き先が若干変わってくる。両方をクリアすることで結界を破ることができ、片方でしか行けなかったルートへ行くことが可能となる。さらに刀も共用となるため気に入った刀が装備できるようになる。個人的には鬼助が操作しやすく、生成される刀の奥義も使えるものが多いような気がした。
 操作で手こずったのはジャンプで、妙に跳躍力がありすぎ(忍びだからか?)て、上にあがるのがうまくいかずいらいらした。
 エンディングは6つあり、通常のEDが2種と、指定の刀を所持してラストバトルに向かうと変化するエンディングが4種。しかし、条件に沿った刀の装備には一定の能力が必要なので、きっちりレベルをあげていかないとだめ。タイトルにある「朧村正」も刀として登場し、エンディングをコンプリートするにはこれを装備しなければならない。しかしこれが大変で、レベル95くらいまであげないと装備できない。アクションRPGなので、個人のテクニックさえあれば低レベルでクリアできる。レベル45でクリアしたらさらに50あげなくはならない。レベルがあがるほど必要経験値が増えるので相当時間がかかる根気が必要。いくらすっきりするゲームとはいえ、同じマップをひたすら行ったりきたりは飽きる。ルーラのような呪文がないのでひたすら歩く(走る)しかない。最後にセーブした場所に戻れる道具はあるが、そんなに使えるものではない。たまに籠や船があるけど、少しショートカットできるだけで、レベル上げを目的とするならば地道に行った方が早い。
 エンドをつつがなくみたいのであれば、サクサクと進むのではなく、行く先々にある魔窟に入ってレベル上げをしながら進めた方が効率がいい。

 このゲームのおもしろポイントは、なんといっても食事。バニラウェアというメーカーのゲームは食事シーンがおもしろいらしい。食事処や茶屋にはいって食べ物を頼むと画面にでてきて、Bボタン連打で一口ずつ食べることができる。旅の最中に料理をすることもでき、料理帖を購入したり拾ったりして手に入れると、おにぎり、焼きイカ、焼き芋から湯豆腐、シシ鍋、ちゃんこなどたくさんの種類が作れる。ゲーム中で食べたり、作ったりというのはめずらしいから意味もなく料理や食事をしてしまった。作った料理には短時間能力を上げてくれる特典がついてくるので無駄にはならない。

 全体的におもろいゲームではあるが、どうしても気になったところがひとつ。雑魚との戦闘中、縦横無尽に動けない場合があるのだが、斬っているとたいてい右か左に偏っていき画面端に敵がいってしまう。そうすると敵が画面からいなくなってしまい倒せなくなる。居合い抜きをすればいいのだが、コンボを重ねているときはなるべくなら通常攻撃か奥義を使いたい。敵が見切れてしまうことがなければ、私の中では完璧だったのに。
 セーブ、ロードも短くストレスフリーだし、キャラクターもかわいいし、なんだかんだいってトータル30時間以上遊んでしまったので、2580円分の元は取れたと思う。Wiiにしてはめずらしく遊んでよかったゲームの一つだ。(奥津)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

鎌田慧の現代を斬る | 『吉原 泡の園』 | あの事件を追いかけて | ホームレス自らを語る | ロシアの横暴 | OL財布事情の近年史 | おすすめサイト | とりあえず食べておけ | アニメ・コミック | アフガン・終わりなき戦争 | アラサー財布事情 | ウェブログ・ココログ関連 | ギャンブル | グルメ・クッキング | ゲーム | サイテイ車掌のJR日記 | スポーツ | ドーマン法 | ニュース | パソコン・インターネット | ペット | ホテルニュージャパン火災後の廃墟 | ランチパックの本 | ロストジェネレーション | ワーキングプア | 仏像彼氏 | 住まい・インテリア | 冠婚葬祭ビジネスへの視線 | 初老男のデモ趣味 | 初老男の旧式映画館徘徊 | 大道芸を見る! | 学問・資格 | 実録・コールセンター [1] | 寺門興隆を読む | 心と体 | 恋愛 | 携帯・デジカメ | 文化・芸術 | 新人理学療法士、走る!/染谷 | 新刊情報 | 新連サイテイ車掌のJR日記 | 旅行・地域 | 日曜ミニコミ誌! | 日本人のお葬式 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書店の風格 | 書籍・雑誌 | 東京みくじ巡り | 東日本大震災 | 歴史 | 残る女子大、残らぬ女子大 | 池田大作より他に神はなし | 皇室 | 経済・政治・国際 | 編集部の女の子 | 美容・コスメ | 芸能・アイドル | 鉄道 | 靖国神社 | 音楽 | 黙っていたら役人に殺される