« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

●ホームレス自らを語る 第136回 畳の上で休みたい(後編)/馬場小夜子さん(79歳)

1405  東京・上野公園(台東区)で会った馬場小夜子さんは、79歳という年齢を感じさせない矍鑠とした女性だ。長くキャバレーやスナックのホステスをしてきたという。
「生まれは新潟県。親の事情によって、物心がつく前に養女に出されました。養家では中学校を出るまで育ててもらい、卒業と同時に一人で上京してホステスをして働きました。それで得た収入の一部を養父母に仕送りしました。育ててくれたお礼の意味を込めてです」
 その仕送りは養父母が亡くなるまで続けられたというから、律儀な性格であるようだ。
 上京して10年した頃、馬場さんは上野のキャバレーで働いていた。その仕事帰りに寄るラーメン店があって、彼女はそこで働いている店員の一人に惹かれた。やがて、二人は恋に陥ち、肉体関係が結ばれ、彼女は妊娠した。
「それで結婚することになりました。といっても、二人で神社に行って、お参りしただけの結婚式です。上野で借りたアパートは、4畳半一間に小さな台所がついているだけで、トイレは共同、お風呂は外の銭湯に通うというものでした。それでも好きな人といっしょに暮らせるんで、毎日が楽しかったですね」
 妊娠していた馬場さんは、身重の身体がバレるようになるまでホステスの仕事を続け、そして男の子を出産。産後の健康が回復すると、すぐにホステスの仕事に復帰した。何より客商売が好きなのだ。
「結婚して2年後、主人が独立して、品川に中華料理の店を出しました。費用はすべて私が出してあげました。ホステスをして稼いだお金です。その店にはお客もついて、結構な繁盛ぶりでしたよ」
 何もかもがうまくいって順風満帆にみえた生活だったが、しだいに夫婦のあいだに齟齬をきたすようになってくる。
「表立っては子どもの育児方法について意見が対立し、ぶつかり合うようになっていました。でも、ほんとうのところは主人は中華料理店の経営に夢中で、私はホステス稼業が楽しくて、おたがいのことに関心がなくなっていたんです」
 もうすぐ30歳になるというある日、馬場さんは夫と子どもに黙って、一人でアパートを出た。後腐れのない離婚劇であった。彼らふたりの結婚生活は5年間だった。彼女はそれからも店を替えホステスをつづけた。母親として気になったのは、その後の息子の消息だったが、長じて地方のお寺の僧侶になったらしいと風の便りで聞いた。元気でいてくれさえすれば何よりだ。
「40歳のときに、また結婚したんですよ。そのときもまだホステスをしていて、お客さんに見初められて結婚することになったんです。その人は西那須野(栃木県那須塩原市)に家があって、そちらに引っ込むことになって、ホステス稼業から足を洗うことになりました。15歳でこの世界に入って、25年間つづいたホステス生活でした」
 馬場さんが2度目の結婚の相手に選んだ男性は、暴力団の組員であった。
「暴力団員の妻になったわけですが、だからといって私が怖い思いをしたということはありませんでした。主人には危険なこともがあったのかもしれませんが、私にはそんな面は見せませんでした。西那須野での専業主婦としての暮らしが、私の人生で一番平穏でのんびりできた時代でした」
 その平穏でのんびりした暮らしが破られるときがくる。夫に若い愛人ができて、その愛人に子どものできたことがわかったのだ。
「私自身が養子の育ちで、両親の愛情というのを知りません。ですから、新しく生まれてくる子は、両親の愛情に包まれて育つべきだと思いましてね。私が身を引くことにしたんです」
 馬場さんが60歳のときのことで、約20年間の結婚生活であった。別れた夫とはケンカ別れをしたわけではなく、いまでも電話で話す仲だという。
 2度目の結婚に終止符を打った馬場さんは、東京に出てくると、そのまま上野公園でホームレスの生活に入った。
「バブル経済が弾けたあとで、60歳の女が働けるようなところはありませんでしたらね。ホームレスの生活をはじめるのに、恥ずかしいだとか、嫌だという気持ちはなかったです。わりとサバサバとした気持ちでしたよ」
 当時はまだ女性としての魅力があったから、言い寄ってくる男性ホームレスもあった。
「そういうときは『バカなことをするんじゃないよ』と大声で怒鳴り返して、ド突き返してやりました。15歳からひとりで生きてますからね。こう見えても気性は激しいんです。でも、女のホームレスに悪さをしようなんて、ほんの一握りの人だけ。あとはみんな親切なホームレスばかりです」
 弁当やサンドイッチを差し入れてくれる人、寝る場所を確保してくれる人、なかには公園に散歩に来た一般の人が「これで何か買って食べなさい」とお金を置いていくこともあるという。そうした人々の親切に支えられての、馬場さんの20年に及ぶホームレス生活なのであった。
 最後に、いま望むことについて聞いてみた。
「20年も土やコンクリートの上で寝てますからね。畳の上で思い切り手足を伸ばして、ゆっくり休んでみたいですね」という。
 そんな望みなら簡単に叶えられそうである。女性のホームレスで、しかも79歳であれば、何より優先して援助の手が差し伸べられるからだ。炊き出し支援にくるボランティアのメンバーに相談してもいいし、区役所の福祉の窓口に行ってもいい。必ず望みの道は開けるはずだ。そう筆者は伝えた。
「じゃあ、近いうちに相談に行ってみます」
馬場さんは少しはにかんだような表情を浮かべて言うのだった。(この項了)(聞き手:神戸幸夫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 9日 (水)

大河連載★池田大作より他に神はなし/第50回 昔の立ち喰いそば屋は麺がゆでたてじゃなく、一般のそば屋に比べ伸び切ってまずかった。その大いなる落差は、今の池田大作名誉会長(天)と大川隆法総裁(地)を彷彿とさせる。

 記念すべき連載第50回を立ち喰いそば屋ネタから始めるとは、情けなないような分相応なような(無論後者だ)。①「イワモトQ」②「ゆで太郎」③「小諸そば」④「嵯峨谷」⑤「梅もと」⑥「富士そば」。値段・味・量・接客態度・店舗の清潔度の観点から総合判断した、体験的立ち喰いそば屋ランキングだ。④までは一応は合格点。味覚は主観的なもので、所詮は筆者の個人的考えに過ぎない。が、⑤や⑥の常連さんの味覚感覚ばかりは、想像を絶するというか理解不能。⑤は確かに清潔でゆったりした店舗が多いし、従業員の態度もいい。けどあのパサパサ麺やしょっぱいだけの天丼のタレは……。⑥は店舗が不潔で狭いだけでなく、経営者の俺様自慢本を売るって何様?(味は⑤にも及ばず)値段はどこも大して変わらない。確信を持って⑤や⑥に通ってるイカレポンチ、いや“好事家”ならともかく、④までの存在を知らずに、消極的に行きつけてる貧しい同志が不憫でならない。それは正に池田名誉会長の巨大な存在を知らずに、日顕一派や幸福の科学に身を沈めて、地獄の責め苦にのたうつ人々にピタリと重なる。

 “負けない人が勝利者なり わが誉れの君(貴女よ) 何があっても前え! 父母のために母校とともに 大勝利の人生を飾りゆけ!”創価大学・創価女子短期大学の卒業生に贈られた、創立者である名誉会長の祝福の言葉だ(『聖教新聞』3月24日付)。出征兵士を戦場へ送り出すような、過剰な軍国調が少し気になるが、多分これは安倍極右総理への牽制だろう。改憲・原発再稼動・武器輸出解禁への最大抵抗勢力、創価学会・公明党をなめてもらっては困るとの、鋼のような意志に溢れている。と思ってたら、今日は4月5日だが、公明党はその全てに賛成したと、『東京新聞』が正面批判。正直なトコ、筆者も実は訳が分からない。一部夕刊紙はみんなの党が与党入り、ポイ捨てされる事態を恐れた公明党が、迎合を重ねたとの分析を。有り得ない! 公明党の堕落した一部幹部ならともかく(日顕一派に買収されたハレンチ分子も当然いよう)、ガンジー・キング・マンデラ・ダイサクと、世界の人々に並び称されてる名誉会長だ。猪瀬直樹や渡辺喜美レベルの金銭亡者と混同されては迷惑千万。名誉会長の民衆大勝利への平和大攻勢はこれからだ!(いざとなれば派兵された地球の裏側の戦地で、鼓笛隊が師弟不二の精神で演奏をすると言われても…)

2  ときには我慢、「梅もと」や「富士そば」の糞まずいそばをじゃなかった、ペテン師の手口を学ばんと『素顔の大川隆法』(幸福の科学出版)を、税込1404円で購入(「小諸そば」ならミニかき揚げ丼セット2杯、更にたぬきそばも食べられる!)。集中レジ方式になった「三省堂」本店で、同書をシラフで差し出すのは耐えられない。サンドイッチ用に他の本も2冊購入、一層貧しさが増した。表紙を一瞥してもられば、オーバーでないのは一目瞭然かと。表紙だけのハッタリをとお考えのあなた、甘過ぎる。“玄関先”でここまで厚顔無恥になれる者は、屋内では一層のハレンチ漢に。夜、家飲み後の酩酊情態でやっとページを開いたが、翌日の二日酔いは60年の生涯で最悪であった(女性狂信者によるインタビュー形式のゾッキ本)。

1 “大川隆法 私には「人間タイムマシン」みたいなところがあるのかもしれませんね。一瞬のうちに過去・現在・未来に行って、色々見てくる感じがあります。人間タイムマシンみたいところがあって、時間が伸び縮みするんじゃないでしょうか。
船井 そのあたりが、先ほどお話に出ました、大川総裁の“聖なる色気”につながってくるのでしょうね。
大川総裁 聖なる色気! 「色気」の意味はちょっと理解不能なのですが(笑)”(93ページ)

 理解不能なのはお前のドタマだ! こんなイカレポンチのイメージを重ね合わせて、「梅もと」及び「富士そば」関係者の皆様、本当に申し訳なありませんでした。勝手に守護霊本インタビュー本をでっち上げられてる、李登輝元台湾総統、キャロライン・ケネディ、櫻井よしこ他がなぜ訴えないのか謎だ。「気違いまともに相手にしたら、自分も同格になるからよ。新興宗教界の『東京スポーツ』。書く側、書かれる側、読む側、誰も本気にしてない。けど考えてみろよ。平和主義だ民衆大勝利だのきれいごとを普段はほざきながら、極右安倍在特会内閣の腰ぎんちゃくになって、改憲策動は言うに及ばず、原発再稼動、海外派兵、日本の死の商人国家化に協力してる、創価学会・公明党よりよっぽど一貫性がある。罪も軽くねえか?」

 絶交した例のアル中崩れの古い友人が(元フリーライター現警備員)、いつの間にやらソファにどっかと腰を。冷蔵庫からペットボトルまで勝手に持ち出しグビグビ(カンビール入れてなくて本当に良かった)。日頃なら即叩き出すトコだが、さすがに近頃は我が師弟共戦スピリッツにも陰りが。「子供さんにはたまには会ってるの?」「あの鬼妻がそれを許しますかってのヨ」「やっぱり」「逃げた元女房の心理てのはさあ…」以降1時間ほど世間話を。なぜか名誉会長関連の話題は、冒頭の件以降は一切出ず。(つづく)(塩山芳明)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 1日 (火)

●ホームレス自らを語る 第135回 畳の上で休みたい(前編)/馬場小夜子さん(79歳)

1404 「上野公園」(東京台東区)内の「東京文化会館」近くで会った馬場小夜子さんは、79歳という高齢にかかわらずしっかりした口吻で話してくれた。
「ホームレスの生活はきびしいですから、ボケてなんかいられませんからね」という。
 その口から来歴が語られる。
「生まれは昭和10(1935)年、新潟県の直江津町(いまの上越市)でした。父親は地元警察の警官だったようです。私が生まれてしばらくして、母親が何かの事件に巻き込まれて殺されてしまったようです。詳しい経緯はわかりません。誰も話してくれませんからね。だから、私は母の顔を知らないんです」
 警官をしていた父親は、男手だけで乳飲み子を育てるのは無理ということで、馬場さんを養女に出す。
「私のもらわれた先の養家というのが、ひどい貧乏でしてね。農家の納屋に住んでいました。養父は元建設工だったようですが、作業中に脚に怪我をして、それから働けなくなって一日中ブラブラしていました。代わりに養母が近所の農家の仕事を手伝って収入を得ていましたが、いくらにもならなかったと思いますよ。ご飯はいつも麦飯で、ときにはその中に大根のブツ切りが混じることがありました。大根のご飯は冷めるとまずくて、とても食べられませんでした」
 馬場さんが物心ついた頃、すでに日中戦争の戦端は開かれており、小学校入学の年に太平洋戦争が始まり、1945年の終戦は小学4年生。彼女の幼年時代は、戦時一色に塗り込められた時代であった。ただ、田舎町の直江津は空襲に遭うこともなく、比較的のんびりとすごせたともいう。
 終戦から5年後、1950年、中学を卒業した馬場さんは東京に出てくる。
「その頃の東京は、戦災の爪跡がまだいたるところに残っていました。私は東京に行って働こう。それだけを思って、何のあてもなく出てきたんです。東京といっても右も左もわかりませんしね。とりあえず、東京駅で電車を降りて、駅近くの壁に貼ってあたった『女給募集』のビラをたよりに、いまでいうスナックのようなところで働き始めたんです。お客の話しの相手をしながら、お酒を勧めるホステスの仕事ですね」
 以後、四半世紀にわたる馬場さんのホステス生活が、ここから始まる。だが、その店での仕事は長くは続かなかった。
「その店にやってくるお客さんたちとはウマが合わないというか……私は田舎から出てきたばかりの15歳の小娘で、言葉の訛りもひどかったですからね。お客さんたちのほとんどの話題についていけませんでした。それにお店の人たちともうまくいかなくて、2、3カ月でやめてしまいました」
 東京駅近くの店をやめた馬場さんは、上野に移りキャバレーのホステスになる。

「上野はよかったですよ。水が合ったといいますかね。下町のお客さんはたちは気さくで、私の訛りも面白いと言って喜んでくれるんですから」
 その後、キャバレーやスナックなど、いくつも店を替えることになるが、ずっと上野界隈が中心で、離れても赤羽(北区)くらいまでだったという。
「ホステスの仕事で稼いだお金の半分は、田舎の養父母たちに送りました。15歳まで育ててもらったお礼で、それが約束だったですからね」
 養父母への送金は、ふたりが亡くなるまで律儀に送りつづけたそうだ。
 1950年代後半になると、当時、一大キャバレーチェーンだった「ハリウッド」が上野にも進出。馬場さんも同店のホステスになった。
「私は子どもの頃から歌うことが好きで、東京へ出てきたのは歌手になれたらという思いもあったんです。それは夢で終わりましたけどね。それでも歌が上手だということで、キャバレーのショータイムで歌わせてもらいました。『カスバの女』とか、『星の流れに』『岸壁の母』などをよく歌いましたね」
 歌えるホステスは店での人気者になっていく。ホステスの世界は売り上げを競い合う熾烈な闘いの場でもある。
「私もナンバーワン・ホステスの座を目指してがんばりましたけど、一度もナンバーワンにはなれませんでした。ナンバーツーかスリーまではなれるんですけど、どうしてもワンの座には着けませんでしたね。ワンになる人には特別な品格というか、雰囲気があって、美人だからとか、歌が上手だからくらいではなれないんですよ」
 さて、当時のキャバレーというと、いまのピンサロなどと違ってピンク度は低かったという。
「キャバレーはお酒を飲みながら、お客さんとホステスがお話しをしたり、ショーを見たりするところで、大人の社交場といわれホステスにもプライドがありました。ですから、お客さんに誘われたとか、変なことをされたということはありませんでした。胸とか、お尻を、ちょっとさわられるくらいのことはありましたけどね」
 このキャバレー「ハリウッド」で働いていた頃、馬場さんは恋に落ちる。
「深夜、キャバレーの仕事が終わってから、よくお馴染みのお客さんとラーメンを食べに行くことがあったんです。行く店はいつも決まっていて、そこでラーメンをつくっている店員さんにステキな人がいて、そのうちに私一人でも通うようになっていました」
 彼女の思いは、やがて相手の彼にも通じる。二人は相思相愛の関係になって、肉体的にも結ばれ結婚することになる。といっても、二人で神社に行って柏手を打っただけの結婚式であった。このときの馬場さん、24歳。人生の春がめぐってきた。(つづく)(聞き手:神戸幸夫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »