« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月 8日 (水)

●ホームレス自らを語る 第133回 路上生活者の矜持(後編)/山田元さん(仮名・53歳)

1401  新宿中央公園で会った山田元さん(仮名・53)は、山口県美祢市の出身。地元の高校を卒業後、子どもの頃から機械いじりが好きだったということで、京都の自動車修理工場に就職。希望通りの職場環境で居心地も悪くなかったようだが、なぜか6年で退職してしまう。理由は「都会の生活に飽きたから」だという。以後、故郷の美祢に帰って、職場を転転とする。そして、31歳のとき神奈川の自動車工場で期間工として働き、それををきっかけに、ずっと首都圏で暮らすようになる。自動車工場の期間工を1年で終えたあとは、上野公園の手配師の紹介で飯場に入って建築土木の作業員として働く。典型的なホームレスへの転落のコースである。ただ、山田さんは他のホームレス予備軍とは少し違った。建築土木の作業員として働く人の多くは、半月契約で飯場に入り、契約満了になると半月分の給料をもらって飯場を出る。あとはドヤ(簡易宿泊所)に泊まって、金のなくなるまで遊び暮らし、金がなくなるとまた飯場に入って半月間働くというのが一つのパターンである。
「オレの場合は職長から『おまえはもういい』と言われるまで、同じ現場で2カ月でも、3カ月でも働きました。長いところでは、同じ飯場に3年間いたこともあります。それで仕事を終えて飯場を出ると、上野公園に行き手配師から新しい飯場を紹介してもらい、すぐにそちらに行って働くという具合でした。真面目だったですよ」と言って笑う山田さんだ。過去にはいくつもの職場を転々とした山田さんだが、この飯場仕事は15年以上も続いたのだ。よほど水が合ったのだろう。
 その彼が48歳か、49歳で建築土木作業員の仕事をやめてしまう。
「オレは酒を飲まないし、ギャンブルもやりません。そういうのは飯場暮らしに向かないんです。つき合いが悪いから、人間関係がうまくいかなくてやめました」
 最初はそう応えていた山田さんだったが、しばらくしてこんなことを漏らすようになった。ほんとうの理由はこちらのようだ。
「バブル(経済)の崩壊から、建築土木作業員の日当は下がり続けていて、いま6000円ですからね。最盛期の半分以下ですよ。そこから3食の食事代、風呂代、それに夏はクーラー代、冬は暖房代が引かれます。雨の日は仕事が休みになって日当は支払われませんが、食事代などはキッチリ引かれるでしょう。雨の日が3~4日も続いたら赤字になりますからね。だから、15日間飯場に入っていても、いまはいくらの稼ぎにもならないんです」
 それで山田さんは新宿中央公園で路上生活をするようになった。路上生活をするようになっても、怠惰な生活に陥ることはない。
「ホームレスといっても上等なのから下等なのまでランクがあって、私は道端に寝転がっている連中とは違います。ホームレスをしていても、プライドがありますからね」
 そう言い切る。ホームレスをしながらも、誰にも迷惑をかけないこと、後ろ指を指されるような生き方はしないことを心に誓っているのだ。

 いま山田さんは働いている。
「週2日間、月曜日と金曜日だけですけど、アルミ缶拾いをやっています。缶拾いの日は深夜の12時頃自転車で出て、東は四谷あたり、西は笹塚あたりを、朝7時頃までかけてまわります。朝10時頃には買取人が来るから、それまでに拾い集めたアルミ缶をつぶして準備しておきます。いまはキロあたり105円で買い取ってもらえるから、1回で約5000円、1週間で約10000円の稼ぎになります」
 食事はその金ですべて賄う。コンビニやスーパーで売っている弁当やインスタント食品が多いという。
「オレの食事は、朝、昼、晩と3食決めて食べているわけじゃありません。腹が減ったら食べるという方法です。それが夜中だろうと、腹が減ったら食べます。そうやっていると、だいたい1日2食でいけるようになります。週2回のアルミ缶拾いのほかは、身体を動かすわけじゃありませんからね。腹もそんなに空きません。腹が減ったら食べる。それが私の健康の秘訣です」
 山田さんはアルミ缶拾いで得た収入で、食事代を賄うほかに、定期的に銭湯にも行っている。それに髭も毎朝剃り、洗濯もこまめにやって、常に身奇麗にしているのだ。
「飲食店のゴミ箱を漁って食べられるものを探したり、シケモクを探してウロウロしたり、道端の適当なところに寝転がったり、ホームレスに堕ちたからといって、そんな真似はしたくないですからね」
 路上生活をしながらも矜持を失わない生き方だ。
「ホームレスのなかには生活保護を受けている人もいますが、私はイヤですね。生活保護の申請をすると、田舎の親兄弟や親戚などに照会がいくんでしょう? そんな恥晒しなことはできません。そんな恥をかくんなら、飢えて野垂れ死んだほうがマシですからね」
 これもプライド高い山田さんならではの考え方である。
 最後に山田さんはこう結んだ。
「明日のことは考えません。今日一日を無事に終わることが大切です。一日を無事に終えて、公園内に段ボールの箱を組立てて、その中に潜り込んでいくときに幸せを感じます。というのも、最近この公園の管理が新宿区から民間業者に委託されたんです。公園で暮らしている仲間たちのあいだで、近く追い出しがあるんじゃないかという噂が囁かれています。いまのところ、そんな動きはないようですが……そんな状態だから、今日一日を無事に終わることが大切なんです」(この項了)(聞き手:神戸幸夫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 7日 (火)

池田大作より他に神はなし/第47回 生ける東洋のマンデラ・池田大作名誉会長を、安倍特高ナチス内閣&地獄を這いずり回る日顕一派の魔手から1日も早く奪還せよ!!

 正月休みにWOWOWで何度目かの『カサブランカ』を。本作はまだ1942年、第二次大戦真っ最中の製作。しかし、以降のドイツ国家と国民の映画におけるイメージキャラは、明確に予見・確立されていると感心。一言で言うなら“史上最低の人非人”。一時はソ連率いる共産主義者がその地位を脅したり(007シリーズが代表)、前世紀末からはアラブ系テロリストも五分に競る勢い(『ブラック・サンデー』他)。だが所業・ファッションセンスの差か、重量感溢れた黒っぽい悪のイメージはブッチギリ。“カッコいい人非人ども”は、否定的に描こうとする側の心も、一部掌握してる気配が(『カサブランカ』も例外ではない)。ただナチの制服を着てる訳でもない、一般ドイツ人観客は昔も今も複雑だろう(数少なくなった元ナチス党員は更に)。

 そのナチスドイツの類い稀なる極東の友邦、我が大日本帝国の極悪非道振りを描いた映画も、アジア諸国には腐るほど。めったに公開されないが、ブルース・リーの主演作群を観れば一端は理解出来る。で、思う。当時の(70年代)日本人は偉かったなと。登場する同胞の鬼畜振りは、ゲシュタポ以上の場合もしばしば。観客が直に手を下した訳ではないが、“血に飢えた黄色い猿共の蛮行”にはゲッソリ。けれど優れたカンフー映画鑑賞のために、人々はグッと耐えた(お金まで払って!)。軍隊体験者も多く、類した行為を皇軍が行っていたのは常識、との認識に基づく時代背景もあったろう。とにかく少々デフォルメされても受け止める、精神的余裕があった。今なら在特会、あるいは類した人種差別主義団体が、機動隊の手厚い庇護・先導下、映画館に押し掛けるのは必至。「中国・朝鮮人をぶっ殺せ!」(………)

 ドイツの極右も強力で、外国人労働者へのテロ攻撃も日常茶飯事と。ただいかなる政権が誕生しようとも、枢軸国側の戦争が正義(聖戦)だったと公言する政治家は絶無(心中は別として)。その点、安倍総理の傑出した発言・行動・手法には、ヒトラー総統やゲ-リング元帥、ゲッペルス映画大臣も、草葉の陰で号泣してるはずだ。「裕仁の息子は米国かぶれでガックリ。でもMr.アベソーリは違う。我々のアジアでの正当な後継者だ。麻生は九州のゲッぺルスになれる。ジーハイル!」と。ただ宗主国米国までが事前に釘を刺していた、靖国参拝強行にはさすがに唖然。「ボクとの首脳会談にロクに時間もさかず、中国や韓国よりも邪険な扱いをした、黒人大統領の寝言など聞けるか!」まさかそう思った訳ではなかろうが(本当は“黒ん坊”との超差別語も使用してますが、敢て自制)。いや、総統の忠実な後継者だとすると案外…(一部で大川隆法“邪教”総裁の手法を用いた点を、遺憾に思います。安倍も大川も同レベルなのでつい禁じ手を)。

 驚いたのが参拝強行翌日、12月27日の『聖教新聞』紙面。世界から“アジアのマンデラ”とも称される池田大作名誉会長(ガンジー・キング・マンデラ・ダイサク!)。前大戦の聖戦化に邁進する安倍総統には、国際的宗教指導者の立場から、毅然とした対応がなされると大いに期待。この日ばかりは福々しい名誉会長のカラー写真が、1面右角から消えても仕方ないと覚悟(何しろ特高警察&ゲシュタポ連合が相手なのだ!)。アウシュビッツ写真展が学会の同志の努力で、全国を巡回した記憶もまだ新しい。

1  “ブラジル観光都市サンタクルス・デ・ミナス市 SGI会長に名誉市民証 発議者のシルバ市会議員 平和・文化・教育への功績を讃えて 誉れの第1号として迎えたい”1面で名誉会長のカラー写真がいつも通り拝めたのはうれしいが、靖国のやの字も出て来ない。「寸鉄」コーナーはと。“日顕のC作戦から23年。いまだ脱講者続々。信者から“カット”されて自滅”確かにこれも重要だが、靖国、靖国、靖国…。パラパラパラ(新聞めくる擬音です)。

 

2_2 “安倍首相が靖国参拝 在任中初、現職では7年ぶり”国際平和と民衆大勝利を常日頃訴える創価学会の立場からすれば、糾弾号外を発行してもおかしくない大事件。それを報じたのは、いわゆる第3面の右角。6段くらいで写真もなし(ひっそり…)。共同か時事の配信記事そのままとの感じ。公明党の山口代表の声も。しかしそれは糾弾ではなく、“見解”。“問題解決へ努力を”とまるで他人事。この日の紙面を見てさすがの筆者も気付いた。公明党は丸ごと、名誉会長がご病気なのをいい事に、既に日顕一派に乗っ取られてるのではないかと。「寸鉄」の日顕批判記事等は、そのカモフラージュかも。無論、名誉会長奪還大作戦が、心ある同志の手で密かに計画されてるとは思うが…(そういう動きを封じる為の秘密保護法だった?)。 (塩山芳明)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »