« 東京みくじ巡り/湯島天神 | トップページ | ●ホームレス自らを語る 第127回 左手の指5本を失って(後編)/林幸治さん(仮名・56歳) »

2013年6月28日 (金)

鎌田慧の現代を斬る/第157回 安倍政権の「悪霊」がばっこする(1)

 安倍政権になって半年以上がたったが、まるでパンドラの箱を開けたように、さまざまな「悪霊」が飛びだしている。
 電力会社は、性懲りもなく原発再稼働にむけて動いている。原子力規制委員会の新規制基準が施行されるのを、GOサインにするつもりなのだ。福島原発の事故はさっぱり収束しておらず、毎日400トンもの汚染水は溜まる一方だ。そのなかでの蛮行だ。
 沖縄の米軍辺野古基地建設問題も、沖縄県民が全県あげて反対しているにもかかわらず、安倍政権はゴリ押ししようとしている。来年1月に予定される名護市長選挙にむけて、反対派の市長を追い落とそうとする裏工作もはじまっている。都議選で自公政権が全勝したことも、安倍に自信を与えている。
 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)も、どんな影響があらわれるのかわからないうちに、議論もなく、なし崩し的に交渉参加を決めた。自民党内ですら多数の議員が反対していたのに、それさえ無視しての財界と米国への従属である。
 共通番号(マイナンバー)法も国会でほとんど議論することなく、5月24日に参議院本会議を通過・成立。2016年1月から実施となる。さらに「成長戦略」として、労働者の解雇を自由にする「限定正社員」の制度の導入ももくろんでいる。
 原発の再稼働やTPPは経済の活性化を看板に、辺野古基地の建設はアジアの平和という美名によって推し進めようとしている。マイナンバー制度は社会保障の充実をうたい、限定正社員の制度は雇用の拡大を大義名分としている。
 しかし、どれだけ美辞麗句を並べても、国民の生活のために実施されるものはない。強権国家、財界優遇のための方策である。しかも、この先には安倍政権あるいは自民党の悲願というべき平和憲法の壌憲がある。9条第2項に書かれた「戦力の不保持」や、集団的自衛権を含めた「交戦権の否認」の撤廃である。安倍政権は国内の支配体制を強化し、大企業が国際競争力を強めるために労働者に犠牲を押しつけ、軍備強化にむかう、露骨な超反動政治を一挙にすすめようとしている。

●「マイカー、マイホーム、マイナンバー」
 所得や納税実績、社会保障に関する個人情報を1つの番号で管理するマイナンバー制度は、自民党が導入しようとした国民総背番号制に源流がある。70年代はじめ中山太郎という自民党の政治家が中心人物だったが、プライバシー保護の問題から反対が強く、もう40年近く実施できないでいた。
 この反対運動の一端を崩したのが、都道府県が主体となる「住基本台帳ネットワーク」の導入だった。氏名・生年月日・性別・住所の4情報と住民票コード、これらの変更情報がまとめられたものだ。もちろん住民のために導入したもではない。それが証拠に住基カードの普及率が約5%にとどまっている。
 今回のマイナンバーは、自治体レベルだった住基ネットを国の管理としたものだ。しかも住基ネットと別に番号を付けるため、個人の番号が二重になる制度設計の不備がすでに指摘されている。
 もともとは国の一元管理が進むことで脱税を補足できるなどと説明されていたが、いつの間にか社会保障を円滑にする、災害支援にするなどと説明されるようになった。震災や不景気を利用した火事場泥棒的なやり方だ。
 このような国家による個人情報の一元化については、かつては労働組合が反対していた。電力会社の労組である全電通や郵便局の全逓などの通信産業、あるいは日教組や自治労の公務員労組が、国民総背番号反対を掲げて、プライバシーを守った。
 しかし総評が解体して連合となり、個人情報の管理により、電機メーカーやコンピュータ関連メーカーなどに膨大な需要がでるとわかって、労組の反対は弱まった。労組の支援を受けた民主党政権によってマイナンバー制度の導入が進められたのは、歴史的経緯を考えれば皮肉だ。
 マイナンバーがけしからんのは、「マイカー、マイホーム」を連想させて、いいイメージをつくったことだ。マイカーやマイホームは、かつて庶民の暮らしの希望だった。景気がよかった60年代後半から70年代前半、中産階級が増えるなかでの憧れを具現化したマイカーやマイホームに連なるかのように「マイ」が使われた。「マイカー、マイホーム、マイナンバー」と並べれば、まるで新しい「三種の神器」のようなイメージを与える。しかしそれは、2つの幸福に悪魔の手を紛れ込ませたシロモノだ。
 そもそも個人情報は一点に集約しないほうがいい。政府は、集約すれば行政が効率化できると主張する。しかし国民にとっては、危険性に比べて効率性のメリットはない。行政を効率化したいなら、縦割り行政を改めた方がよほど効果がある。
 一方、国にとっての利益は計り知れない。所得などの財産や病歴の情報は、個人を管理するときにいかようにも使えるからだ。これは国民のためではなく、あくまでも国家による国民支配を強めるためのものだ。(談)

|

« 東京みくじ巡り/湯島天神 | トップページ | ●ホームレス自らを語る 第127回 左手の指5本を失って(後編)/林幸治さん(仮名・56歳) »

鎌田慧の現代を斬る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122338/57678061

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌田慧の現代を斬る/第157回 安倍政権の「悪霊」がばっこする(1):

« 東京みくじ巡り/湯島天神 | トップページ | ●ホームレス自らを語る 第127回 左手の指5本を失って(後編)/林幸治さん(仮名・56歳) »