« 但馬国府・国分寺館で『醤油鯛』著者が展示解説 | トップページ | 「銀座モダンアート」の「zine展」に『文学少女』が参加 »

2013年3月26日 (火)

東京みくじ巡り/赤坂氷川神社

 赤坂氷川神社のみくじは「盛りだくさん」という言葉が合う。紙も大きいし、内容も運勢に加え17項目の個別運勢、それだけでは足りないのか枠外にも運勢が書いてある。サービス精神あふれるみくじだ。
 赤坂氷川神社は最寄り駅が六本木、赤坂と国際色豊かなところにあり、祭神は、スサノオノミコト、クシイナダヒメノミコト、オオナムヂノミコトで、厄除け、縁結び、商売繁盛に御利益がある神社だ。六本木方面から行くと、東京ミッドタウンやアメリカ大使館宿舎、高級そうなマンションに一軒家の中を歩くことになるので、本当にこんなところに神社があるのかと不安になってくる。神社に近づくと風景がコンクリートジャングルから神聖な空気が漂う「神社のソレ」に変わるので心配ご無用。境内を囲むたくさんの木々(鎮守の森)はまさに大都会のオアシス。一歩、足を踏み入れれば邪念が払われること間違いなし。

Akasakahikawa2  さて、ここのみくじを一言で表すなら、「デカ盛り」。用紙サイズは通常の倍あり、内容も多い。恋愛も知りたい、金運も知りたい、旅行も知りたい、ラッキーナンバーも知りたい、とにかく「いろいろ知りたい」欲ばりな人におすすめのみくじである。
 内容も「よい」「信心すれば治る」「来ず」と投げっぱなしではなく、「金運:使うことばかり考えては駄目です 少しは貯蓄しなさい」「旅行:相談して決めなさい」「失物:出にくいが 諦めるな」「家庭:一寸の浮気も家を破ることあり 身を慎め」「恋愛:大切な時です誠意を示しなさい 御守を授かる」と、かなり現実的なアドバイスをしてくれている。
 さすがに神社なので、信心や神の御加護、神様のお助けという言葉が出てくるのは仕方ない。不思議なもので、金運、就職という運ばかりではどうにもならないことに、「信心せよ」「神様を信じよ」と言われると途端にうさんくさくなるが、恋愛や願望だと気にならない。
 よくよく考えてみると、神様にいくらお願いしても人の心を操ることはできないわけだから、みくじに「なにかすれば神様がかなえてくれる」とあるのはおかしい気もする。相手の気持ちをこちらに引き寄せるのは行動しないと難しい。なので「信心して相手に積極的に行動すれば叶う」というように、「神様に祈る+具体的アドバイス」の順番で書かれているほうがしっくりとくるが、恋をしている最中はアドバイスよりミラクルのが欲しいから最終的に神様が叶えてくれるような内容のがいいのかもしれない。(月島めぐる)

|

« 但馬国府・国分寺館で『醤油鯛』著者が展示解説 | トップページ | 「銀座モダンアート」の「zine展」に『文学少女』が参加 »

東京みくじ巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京みくじ巡り/赤坂氷川神社:

« 但馬国府・国分寺館で『醤油鯛』著者が展示解説 | トップページ | 「銀座モダンアート」の「zine展」に『文学少女』が参加 »