« 寺門興隆を読む/2013年2月号 | トップページ | 『農業次化がフクシマを救う』登場農家さんのご紹介(2) »

2013年2月18日 (月)

『農業次化がフクシマを救う』登場農家さんのご紹介(1)

『農業6次化がフクシマを救う』(本体1400円+税、大畑太郎著)が2月末に発売されます。

1次産業(農林水産業など)×2次産業(加工など)×3次産業(流通、販売)=6次産業化。

農業を例にとって具体的に示せば

米農家が市場に卸すことなく自身のブランドとしてパッケージし、直接消費者に販売するような方法のこと。

この本では、福島県を拠点として6次化を実践する

24もの農家さんが登場してくれます。

以下、本文より

著者である6次化プランナー・大畑太郎氏の言葉とともに

登場農家さんをご紹介しましょう。

〔ケース1〕

株式会社 会津畜産

 会津地方の名産物「馬刺し」。九州地方の肉のように霜降りではない赤身で、さっぱりとした味わいがある。特に「会津畜産」の馬は、食肉用にしっかりと肥育している全国でも珍しい馬肉だ。
 臭みがないのはもちろん、口に入れたときにとろける柔らかさや穏やかな味わいは、馬刺しのイメージを根底から変えていく衝撃がある。
 特注配合飼料や牧草、圧偏大麦などを各馬の状態に合わせて与え、最高の時期を職人が見極めて、この肉をつくりだすという。
 今年はNHK大河ドラマ『八重の桜』に合わせ、会津名物「ソースカツ丼」の名店との協力で「ソース馬肉カツ丼」もつくった。福島の復興にも力を入れるイオンハートグループとは、ミルフィール状の「丼」も完成させた。桜肉を八重に包んだ、まさに「八重の桜」は、全国のイオンハート直営店でも食べられる。
 会津で最も衝撃を受けた食べ物のひとつ。ネットで注文できるのもうれしい。

URL:http://www.aizu-chikusan.com/

|

« 寺門興隆を読む/2013年2月号 | トップページ | 『農業次化がフクシマを救う』登場農家さんのご紹介(2) »

新刊情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122338/56792901

この記事へのトラックバック一覧です: 『農業次化がフクシマを救う』登場農家さんのご紹介(1):

« 寺門興隆を読む/2013年2月号 | トップページ | 『農業次化がフクシマを救う』登場農家さんのご紹介(2) »