« OL財布事情の近年史/第66回 OLのミレニアム!薄くなりゆく財布を自覚しつつ出費は平年並み(後編) | トップページ | 書評/脳で感じて、こころで共有して『幻聴妄想かるた』 »

2012年2月17日 (金)

元サイテイ車掌の田舎日記/冬はやっぱり納豆汁

○月×日
 んだ。
 あったまるにはコレだよ。
 寒い日には納豆汁が一番だ。
 みそ汁にネバネバの納豆を入れるなんて、気持ち悪いと思う人もいるかもしれない。
 でも旨いんだよね、これが。やってごらんよ、癖になるから。
 ご存知だろうか。納豆汁は寒い冬の山形の郷土料理なのだ。
 おれもそんなに詳しいわけではないが、豆腐、油揚げ、こんにゃく、芋がら(里芋の茎を干したもの)を入れるのが基本ということだ。
 今でこそ日本中どこでも新鮮な食材が簡単に手に入り栄養もバランスよく摂れるが、雪深く、雪に閉ざされた山形では、昔から、この豆腐、油揚げ、納豆、みそという4つの大豆タンパクが摂ることの難かしかった動物性タンパク質の代わりとして重宝されてきた。貧しくとも懸命に厳しい冬を乗り切るための重要な食材として、先人のこの知恵を脈々と受け継いで来た栄養満点で寒い冬にぴったりの健康食なのだ。
 芋がらといってもおれもよく分からない。材料は何でも構わないのだ。大根、人参、なめこなどおれは何でも入れちゃう。材料が煮えたらみそ。最後にすり鉢ですりつぶした納豆を入れる。で、ネギなどの薬味はご自由に。
 実に旨い。納豆のとろみが身体の芯まで温めてくれる。
 また、年越しや七草に食べる習慣もあるというが、正月のしめ飾りを見ると、あのわらの中に納豆が入っているのではないかと想像したりして、ついつい食べたくなったりする(わけないか)。
 今日も雪がしんしんと降っている。景色はまるで水墨画のようだ。モノクロの昔が懐かしく思い出される。昔の味でもある納豆汁。今晩も食べようかな~。(斎藤典雄)

|

« OL財布事情の近年史/第66回 OLのミレニアム!薄くなりゆく財布を自覚しつつ出費は平年並み(後編) | トップページ | 書評/脳で感じて、こころで共有して『幻聴妄想かるた』 »

サイテイ車掌のJR日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122338/54007637

この記事へのトラックバック一覧です: 元サイテイ車掌の田舎日記/冬はやっぱり納豆汁:

« OL財布事情の近年史/第66回 OLのミレニアム!薄くなりゆく財布を自覚しつつ出費は平年並み(後編) | トップページ | 書評/脳で感じて、こころで共有して『幻聴妄想かるた』 »