« OL財布事情の近年史/第67回 一人暮らしは自立の証?それとも……不況直中ミレニアム(前編) | トップページ | 東京みくじ巡り/帝釈天(後編) »

2012年2月26日 (日)

元サイテイ車掌の田舎日記/めかぶ到来

○月×日

 んだ。
 食感といいサイコー。待ってたんだよ。
 生めかぶがスーパーに並び始めた。この時季から春先にかけてが旬。春を告げる海の恵みだと思うと嬉しくなる。実は、震災だからと少し心配していたのだが、宮城三陸産と力強く書かれてあった。大変な状況の中で届けてくれたのだろう。今年も元気をありがとう。
 生めかぶは色が褐色でスクリューの形をしている。見た目はナニコレと思うだろうが、わかめの葉(一般的に食べている)の下の根元の部分で、葉より肉厚で固く弾力性がある。
 また、栄養価は驚くほど高いといわれ、食物繊維が多く低カロリーの健康食品だというのだから申し分がない。何より、料理するのが超簡単なのだ。
 まずよく洗ってから、沸騰したお湯にちょっと入れるだけでオーケーなのだ。入れた瞬間に褐色がそれは美しい鮮やかな緑色に激変する。もうこれだけで生めかぶという食材にいいようのない感動を覚えてしまう。それは乾燥わかめを水にもどした時に、何分もしないのにわかめはみるみる何十倍ものボリュームになり、このままだと台所中大変なことになるのではないか(ならないと分かっているけど)という、料理初心者によくあるオドロキの類とは比較にならない。とにかく、何度体験しても、ささやかだがしあわせいっぱいになる感動の一瞬なのだ。
 前置きが長くなってしまったので後は短くいく。で、水で冷やして包丁で茎を取り除き細かく刻むかそのままでもいい。それで正油かポン酢をかけてわっしわっしと豪快に食べる。鰹節やしょうがも合う。ヌルヌルネバネバの上、コリコリとした食感がまたたまらない。豆腐や長芋に添えてもいい。ごはんにかければめかぶ丼だ。また、納豆やオクラと混ぜ合わせてもいける。一度食べるとやみつきになるが、何も注意する必要はなく、どんどん食べればいい。
 めかぶの日々は当分続きそうだ。ネバネバ食品は身体に頗る良くて病気知らずともいわれている。ネバネバ食べてネバー・ギブ・アップ。
 サイトウの料理教室、本日はこれにて。(斎藤典雄)

|

« OL財布事情の近年史/第67回 一人暮らしは自立の証?それとも……不況直中ミレニアム(前編) | トップページ | 東京みくじ巡り/帝釈天(後編) »

サイテイ車掌のJR日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122338/54047380

この記事へのトラックバック一覧です: 元サイテイ車掌の田舎日記/めかぶ到来:

« OL財布事情の近年史/第67回 一人暮らしは自立の証?それとも……不況直中ミレニアム(前編) | トップページ | 東京みくじ巡り/帝釈天(後編) »