« 池田大作より他に神はなし/第28回 間違いない。病魔と闘う名誉会長の側近には、地獄を這いずり回る“ド畜生日顕一派”のスパイが絶対に潜伏している。 | トップページ | 元サイテイ車掌の田舎日記/雪、雪、雪雪雪の世界 »

2012年2月10日 (金)

OL財布事情の近年史/第65回 OLのミレニアム!薄くなりゆく財布を自覚しつつ出費は平年並み(前編)

連載「OL財布事情の近年史」は、2013年12月に単行本『女と金~OL財布事情の近年史~』として発売されます。

各年代のOL像を、イラストを交えて解説する辛酸なめ子さんのプチ時評つき。辛酸さんには、カバーイラストも描いていただきました。

エピローグには最新の女性誌お財布事情が書き下ろされ、女性誌創刊号の画像50数点を掲載。30年ぶんの「OLの財布の中身」が一気に見える本となりました。

全国書店から注文可能。
Amazonでも予約・注文できます!

 IT化の波が来るまで「ファイリング」という仕事があったのですね。と、30歳担当女子は感慨深そうであった。ファイリングねー、私も当時はよくわかりませんでしたよ。調べてみると、「文書、図書(略)、磁気テープ、写真、カルテ等についてファイリングの分類の作成又はファイリングを行う業務」(労働者派遣法26業務の内容より)だそうです。文書は紙で、写真はフィルム、データは磁気テープで保存しておく時代だったものね。これがたったの十数年前のことなんだから、ITは革命ですよね、今さらですが。
 そして革命前後の世の中は、今振り返るとへんてこな時代である。不況の底にあり、ゼロ金利政策、ペイオフ解禁などでびくびくしながら、一方では中小創造法やら新規事業法やらが施行されてベンチャー企業が続々生まれ、ITバブルで新興市場が俄然盛り上がっていた。iMac、Windows98が発売され、Eメールしたい、ホームページ作りたい、家で会社の文書開きたいとかって一般市民がパソコンを買い始め、急速にネット環境が整ってきた。ユニクロのフリースばっかり着て、「だんご3兄弟」とか「LOVEマシーン」とか、あゆとか宇多田ヒカルばっかり聞いて、メガヒットは頻発したが、当時の流行も、ベストセラーも、なんだか統一感がなく、あまり記憶に残っていない。誰かがどこかで「阪神淡路大震災を経ても根本的な政策や生き方の転換はできず、小手先の対応策しかしてこなかった」と論じていたけれど、ほんと、手近な成功、その場の幸せを求めていたようである。そんなぱっとしないミレニアム、OLのお財布はどうなっていたのだろうか。

 女性週刊誌では給料の徹底調査が頻繁に行われていることを5960回で取り上げたが、一般女性誌でも、バブル期と同じくらい、お財布記事が増えてきた印象である。もちろん、派手なマネーゲームや、会社の役得情報などは影をひそめ、あるのは切実で、堅実で、防衛意識あふれるお金のやりくり……ばかりではないのが、へんてこミレニアムである。(つづく)(神谷巻尾)

|

« 池田大作より他に神はなし/第28回 間違いない。病魔と闘う名誉会長の側近には、地獄を這いずり回る“ド畜生日顕一派”のスパイが絶対に潜伏している。 | トップページ | 元サイテイ車掌の田舎日記/雪、雪、雪雪雪の世界 »

OL財布事情の近年史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122338/53940147

この記事へのトラックバック一覧です: OL財布事情の近年史/第65回 OLのミレニアム!薄くなりゆく財布を自覚しつつ出費は平年並み(前編):

« 池田大作より他に神はなし/第28回 間違いない。病魔と闘う名誉会長の側近には、地獄を這いずり回る“ド畜生日顕一派”のスパイが絶対に潜伏している。 | トップページ | 元サイテイ車掌の田舎日記/雪、雪、雪雪雪の世界 »