« PICK UP 電子版『誰も知らない靖国神社』 | トップページ | 本日より配信 電子書籍のご紹介 »

2011年7月22日 (金)

OL財布事情の近年史/第38回 平成幕開けOLの「頭のいいお金の使い方」(後編)

連載「OL財布事情の近年史」は、2013年12月に単行本『女と金~OL財布事情の近年史~』として発売されます。

各年代のOL像を、イラストを交えて解説する辛酸なめ子さんのプチ時評つき。辛酸さんには、カバーイラストも描いていただきました。

エピローグには最新の女性誌お財布事情が書き下ろされ、女性誌創刊号の画像50数点を掲載。30年ぶんの「OLの財布の中身」が一気に見える本となりました。

全国書店から注文可能。
Amazonでも予約・注文できます!

 (前編のつづき)一方堅実派の『MORE』88年9月号「地味?派手?現代OLのおこづかい事情」では、入社5年目以下の独身OL500人への調査をまとめた第一勧業銀行「S59現代独身OLの生活意識と実態」のデータをのせているが、OL生活における生活信条とは、1位「お金を貯めること」46.0%、2位「社会勉強をすること」40.6%、3位「やりがいのある仕事をすること」29.4%。貯金、社会勉強って、つまり仕事はあくまで手段なのか。 お金を貯める目的は、案の定結婚資金が72.2%と圧倒的。次に続くのも海外旅行51.2%、国内旅行やレジャー48.1%と、エンジョイ系である。登場するOLさんのコメントも、豪快だ。

「今年の夏から1年間、カナダへ留学します。(略)独身時代って、夢みたことが実現できる時だと思うんです。(略)OL時代の貯金が自分のやりたいことのために使えて、ラッキーだなって思ってます」(25歳・アルバイト中)
「この前バーゲンに行ったんですけど、バーゲンじゃないところで20万円のスーツを買ってしまったんです。ちょっぴり高いかな、とも思いましたけど、自分のお金で買うんだし、まあいいやと」(25歳・会社員)
「あと2年間は貯金しないという方針なんです。なぜって私、結婚を機に仕事をやめよう、といったことは全然考えてないから。(略)したいことをして行きたいところに行った方が将来のプラスになると思うんですよ。ですから、半年に一度は海外旅行に行くようにしてます。刺激になって楽しい」(25歳・証券会社)

 こ、これは、『クリーク』の「「独身時代にやれることを最優先する」を体現しているお答え。実はこの特集は、「結婚前と結婚後でこんなに違う自由になるお金」という大特集の一部で、一応結婚を意識した女性たちの声である。結婚派も独身派も、みんなみんな好きなことやっちゃえ、お金使っちゃえ、の体である。『MORE』はおそらくボリュームゾーンの、普通のOLさんが読者だと思うが、写真を見るとソバージュやおかっぱボブ、トサカ前髪、そして太眉のくっきりメイクと、派手めになってきている。好きなことができる、買いたいものが買える(景気や親や彼氏のおかげだとしても)、それが自信につながり、OLのポジションが全体的に底上げされ、キラッキラ輝いていた、といえるのでは。(神谷巻尾)

|

« PICK UP 電子版『誰も知らない靖国神社』 | トップページ | 本日より配信 電子書籍のご紹介 »

OL財布事情の近年史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122338/52206401

この記事へのトラックバック一覧です: OL財布事情の近年史/第38回 平成幕開けOLの「頭のいいお金の使い方」(後編):

« PICK UP 電子版『誰も知らない靖国神社』 | トップページ | 本日より配信 電子書籍のご紹介 »