« 鎌田慧さん講演「フィクションとしての原発」 | トップページ | 書評:『冠婚葬祭でモメる100の理由』(島田裕巳、文春新書) »

2011年6月24日 (金)

OL財布事情の近年史/第34回 1987VS2011 100万円貯めるオンナ対決!(後編)

連載「OL財布事情の近年史」は、2013年12月に単行本『女と金~OL財布事情の近年史~』として発売されます。

各年代のOL像を、イラストを交えて解説する辛酸なめ子さんのプチ時評つき。辛酸さんには、カバーイラストも描いていただきました。

エピローグには最新の女性誌お財布事情が書き下ろされ、女性誌創刊号の画像50数点を掲載。30年ぶんの「OLの財布の中身」が一気に見える本となりました。

全国書店から注文可能。
Amazonでも予約・注文できます!

 (前編のつづき)24年後の2011年、100万円はどうやって貯めているのか。『SEDA』5月号「1年で100万円貯める方法」では、「貯金上手さん」が2名登場しているが、月収25万円の看護師と23〜26万円のエステティシャン、ふたりとも実家暮らしと、かなり恵まれた例。洋服代を5万円とか、8~9万円とか使っても、10万円以上貯金できるのだから、それは貯まるだろうよ、というケースである。「貯金の仕方、教えます」のコーナーでは、先取り貯金、家計簿、固定費の見直しなどのアドバイスと、口コミ節約術。全体的に、ゆるいです。まあでもきっと貯金なんてこれまで興味の範疇になかった雑誌なのだろう。キャッチコピーが「ゆる甘ファッションマガジン」だし。「白とレースの世界が好き」特集と100万円貯金が共存する、そんな世の中である。

 一方『steady.』7月号「給料20万円以下で100万円らくらく貯まる!」は、記事タイトルからも本気度が伝わってくる。読者のマネー感覚調査によると、1ヶ月の手取り給料は平均17万9000円、現在の貯蓄額は、10万円未満が21%と最大ボリューム、貯蓄の目的は1位結婚費用、2位何となく将来が不安だから、3位いざというときの備えと、リアルな回答が並ぶ。「100万円を貯めた人のREAL家計簿」では、2、3年かけて100万円を貯めた手取り20万円OLの4月の収支表が載るというリアルさ。収支表は、「固定費」「公共料金」「生活費」「貯蓄」と分類され、金銭感覚が生活感とリンクしていることが感じられる。

 手取り19万円、ボーナス40万円、28歳の医療関連勤務、(正社員)とカッコ付きで明記されているところに、勤務形態も今や説明が必要であることを実感する。一人暮らしで住居費6万2000円、食費/服飾費各2万円、交際費1万5000円など、抑えめな出費だ。ネット通信費6000円、携帯電話5000円は、必要経費の範囲内か。年に1度は彼氏と海外旅行に行きつつも、3年で100万円貯めたのは「人の誘いにNOと言える意識改革」「インターネットでお得な情報収集」「毎月5万円以上の積み立て」「休日はなるべく家で過ごす」と、ほどほどに堅実な方法による。
 教育関連勤務の24歳は、手取り18万円、ボーナス年30万円、天引き貯蓄だけで2年で100万円達成。実家暮らしの強みもあるが、ネット銀行でマネー管理、通販サイトのアウトレット、カードを1枚にまとめてマイル貯蓄、2年に1度の海外旅行など、情報誌推奨のようなネット術を使いこなして消費にもどん欲である。

 「100万円を貯めた人のHAPPY節約」では読者の節約術を紹介している。「家計簿アプリで家計も体もダイエット」「1ヶ月を33日で予算組み」「外出時は電子マネーを利用。現金は持ち歩かない」「1ヶ月3万円の生活を年4回実行!」など、ITも頭も駆使していて面白い。というかすんごい参考になります。
 以前、幹事になって多めに集金した分をゲットという「ユニーク貯め方」を紹介したが、それが今は「社内行事のお会計係になってポイントを貯める」にとってかわった。ちゃっかり、にっこり笑ってお得を満喫できた80年代から、情報と発想と、ICT等諸々使いこなすテン年代。厳しい世の中ではあるけれど、自分の力で生きている実感は、今こそ感じられるんだ~、と巷に流れるメッセージソング風に解釈してみる。(神谷巻尾)

|

« 鎌田慧さん講演「フィクションとしての原発」 | トップページ | 書評:『冠婚葬祭でモメる100の理由』(島田裕巳、文春新書) »

OL財布事情の近年史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122338/51960636

この記事へのトラックバック一覧です: OL財布事情の近年史/第34回 1987VS2011 100万円貯めるオンナ対決!(後編):

« 鎌田慧さん講演「フィクションとしての原発」 | トップページ | 書評:『冠婚葬祭でモメる100の理由』(島田裕巳、文春新書) »