« チェルノブイリを超えた福島原発事故 | トップページ | 『原発暴走列島』増刷!そして電子版、値下げしました »

2011年5月13日 (金)

OL財布事情近年史/第28回 「月給」から「年収」へ 1988年、給料概念の転換?(後編)

連載「OL財布事情の近年史」は、2013年12月に単行本『女と金~OL財布事情の近年史~』として発売されます。

各年代のOL像を、イラストを交えて解説する辛酸なめ子さんのプチ時評つき。辛酸さんには、カバーイラストも描いていただきました。

エピローグには最新の女性誌お財布事情が書き下ろされ、女性誌創刊号の画像50数点を掲載。30年ぶんの「OLの財布の中身」が一気に見える本となりました。

全国書店から注文可能。
Amazonでも予約・注文できます!

 前編のつづき。

 88年、女性誌においてはいつのまにか「50万円の月収があったら、女ひとり理想的な生活ができる」」(『Hanako』88年9月8日号)など、結婚前提ではない生活設計が、いつのまにか特別なことではなくなっていた。

 この年収概念は、いつ頃からなのだろうか。思い当たるのは、外資系ブーム。「うちはガイシだから年俸制で」というのが、あの頃のステイタスだった。『とらばーゆ』86年4月25日号「あなたがイメージする外資系企業をさぐる Chance・Money・Vacationを徹底研究」は、その微妙な英語混じりが当時の雰囲気をよく伝えている。給与に関しては「High Salary 給与は自らの能力の証」として、「面接の時、希望給与額をはっきりきかれました」(J・ウォルター・トンプソンカンパニー・ジャパンに中途入社)、「年俸として、年齢に11をかけた数字がだいたいの目安だと教えられていたんです」(外資系秘書養成学校WINSを卒業してカナダ・ロイヤル・バンクにジュニア・セクレタリーとして入社)などといったエピソードを紹介。憧れの域を出ていないかもしれないが、給料も働き方も自分で決められるという選択肢をOLにも示唆した。年収という考え方も、この頃からスタンダードになってきたのではないか。

 これまで女性誌を調査して「年収」が語られていたものの筆頭といえば、結婚相手の条件としてだろう。「結婚相手の収入はどれくらいが望ましいか」(『non・no』85年)の問いは、当然のように選択肢は年収で、平均が386万円。『とらばーゆ』でさえ「結婚するなら年収500万の奥田瑛二タイプじゃなくっちゃね!」(87年6月5日号・「OL100人のホンネ調査」)と、高い年収は結婚の前提条件のようである。年収は男、というか「夫」の象徴だった。自分も年収ベースで考えるようになったなら、確かに非婚が増えるのもいたしかたあるまい。
 ま、それもこれも好景気の後押しもあったからこそ。80年代いろいろと手に入れたOLは、アフターバブルの世界をどう生き抜いていったのであろうか。(神谷巻尾)

|

« チェルノブイリを超えた福島原発事故 | トップページ | 『原発暴走列島』増刷!そして電子版、値下げしました »

OL財布事情の近年史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122338/51571157

この記事へのトラックバック一覧です: OL財布事情近年史/第28回 「月給」から「年収」へ 1988年、給料概念の転換?(後編):

« チェルノブイリを超えた福島原発事故 | トップページ | 『原発暴走列島』増刷!そして電子版、値下げしました »