« やっと連絡がついた!被災された方の、今までの行動 | トップページ | サイトウの酒田発・大震災日記 3月18日 »

2011年3月18日 (金)

OL財布事情の近年史/第24回 マネー運用がナウい!(後編)

連載「OL財布事情の近年史」は、2013年12月に単行本『女と金~OL財布事情の近年史~』として発売されます。

各年代のOL像を、イラストを交えて解説する辛酸なめ子さんのプチ時評つき。辛酸さんには、カバーイラストも描いていただきました。

エピローグには最新の女性誌お財布事情が書き下ろされ、女性誌創刊号の画像50数点を掲載。30年ぶんの「OLの財布の中身」が一気に見える本となりました。

全国書店から注文可能。
Amazonでも予約・注文できます!

前回からの続き) しかしこの「小金稼ぎ」は、当時のOLにズバっとはまった模様だ。『コスモポリタン』1986年11月号「賢い女のマネー学」に登場する、新入社員を対象としたマネー感覚の調査「新人類のマネー感覚(野村証券・85年)では、“マネー情報に関心がある”と答えた女性が26%、“マネー運用はナウい”が85%にのぼっている。ナウでリッチなら、そりゃやるでしょう。25歳の保険会社勤務女性は、年俸制で年収300 万円、家に月3万を入れ、貯蓄は期日指定定期に月3万積み立てていたが、中国ファンドと公社債投信の併用型に切り替え。「海外旅行(すでに3回)や、好きなカメラ(80万円)を買って、そのうえに200万円の貯金!」「この200万円。100万でペルーに旅行に行って、あとの100万は一時払い養老保険にしちゃおうかな」。ユー、しちゃいなよ!くらいの軽いノリだったのだろうか。
 株までやらずとも、結構まとまった金額を短期間で手に入れられていたのがこの時代だった。電気メーカー勤務22歳女性は、月収11万円、洋服・美容院代に月5万円かけながら、毎月2万5000円の積立とボーナスで1年半で85万円貯めている。OLの武器、実家ぐらしとお弁当に加え、さらに時代を反映した新型兵器が。「飲みにいくときもおごってもらう。デート代も優しい彼まかせ」「8時出社、残業して9時帰宅という規則正しい生活を続けていれば、お金を使うヒマってないものよ」。そう、世の中景気上昇で仕事がいくらでもある上に雇均法。OLも残業が増えてお金もあるはずなのに、若い女の子という価値で、いくらでもおごってもらえる。こんな生活をしていると出費自体がばかばかしくなるのか、「“女性のマネー感覚とライフスタイル”の調査(野村証券・85年)では、“女性がもったいないと思うもの”は①週刊誌②披露宴③ふだんの日の外食となっている」とある。平成のMOTTAINAIとはえらい違いだが、女友達との外食やご祝儀がもったいないって、カンジわる。しかしこれ、金持ちはケチでますます金が貯まる、という理論をはからずも実践していたということだろう。もはやOLの財布は、給料からだけでなく、あらゆるルートから満たされるしくみが作られていたというのか。ここで一句。OLは、お金で買えない価値がある。priceless。

*…「友人の披露宴に出すご祝儀」の意でしょう。

(神谷巻尾)

|

« やっと連絡がついた!被災された方の、今までの行動 | トップページ | サイトウの酒田発・大震災日記 3月18日 »

OL財布事情の近年史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122338/51144881

この記事へのトラックバック一覧です: OL財布事情の近年史/第24回 マネー運用がナウい!(後編):

« やっと連絡がついた!被災された方の、今までの行動 | トップページ | サイトウの酒田発・大震災日記 3月18日 »