« アフガン終わりなき戦場/第41回アフガン人と行くアフガンの仏像展(下) | トップページ | 鎌田慧の現代を斬る/第148回 「東京のカダフィー」石原慎太郎、12年の専制 »

2011年2月25日 (金)

OL財布事情の近年史/第22回 ボディコンブームの足音が聞こえる

連載「OL財布事情の近年史」は、2013年12月に単行本『女と金~OL財布事情の近年史~』として発売されます。

各年代のOL像を、イラストを交えて解説する辛酸なめ子さんのプチ時評つき。辛酸さんには、カバーイラストも描いていただきました。

エピローグには最新の女性誌お財布事情が書き下ろされ、女性誌創刊号の画像50数点を掲載。30年ぶんの「OLの財布の中身」が一気に見える本となりました。

全国書店から注文可能。
Amazonでも予約・注文できます!

 80年代中盤OLの働き方や貯蓄中心に見てきたが、そういえば、消費はどんなことになっていたのか。とかく80年代といえばバブル、という固定観念があるが、ボディコンだのイケイケだのというのはもう少し後、90年の声を聞く頃のOLアイコンである。80年半ばのOLファッションは、なんというか、半端であった。自分のファッション史の中でも、最も抹殺したい時期である。高校生の頃にアイビー、大学でハマトラ、ニュートラ、やがてDCに移行しての就職という時代感。ロングタイトに肩パットのスーツ、ぺたんこシューズ、ポシェット、ソバージュヘアに太眉、フューシャピンクの口紅。なんだこりゃという見た目である。若い女性が働くことがやっと一般的になってきたところに急速な経済成長で、新しいものが次々現れ、何を選んだらいいのかわからんちん、な時代だったのではないか。試しに、トレンディドラマの走りといわれた「男女7人夏物語」(1986年)をYoutubeで見てみたが、おばさんくさいスカート丈、白いパンプス、サテンのネクタイなど、リアル80’sOLアイテムがあふれていた。ちなみに、翌年の「男女7人秋物語」になると、ワンレンボディコンが登場したり、男性もイタリアンスーツになったり、部屋も急にお洒落なインテリアになっていたり、このあたりがバブル消費への移行期だったことが伺える。

 さて前置きが長くなったが、この頃のOLさんの、ファッション消費がみえる記事を今回はとりあげたい。『エフ』86年6月号「読者100人にアンケート リーズナブルプライスの服を買いたい。」である。「欲しいと思う洋服は高すぎる」というのが「怒り、悲鳴となって編集部に届いてきた」ということで、ブランドの服が高い、というのが問題意識となっている。OLにとって当時のブランドとは。誌面を見て出てくるのが、ワイズ、メルローズ、JUNKOSHIMADAなど、いわゆるDCブランドだ。86年は「夜霧のハウスマヌカン」がヒット、渋谷西武SEEDオープン、『メンズノンノ』創刊など、先端だったデザイナーズブランドから、そのあとに続くDCが一挙に広まった頃。OLの通勤服もDC系になっていたわけだ。

 アンケートによると、毎月のファッション費の平均額は約1万7500円。金額的には今もさほど変わらないと思うが、ユニクロもH&Mもない時代、DCを買うには少なすぎるだろう。「ブランドの服でそろえられたらステキだけど、数も欲しいし予算的にまず折り合わない」(23才OL)、「今の価格の基準はまちがっていると思う。毎日着なくてはならないのに、一般的なお給料では買えない」(24才編集アシスタント)等、怒りの声があがっている。
 「夏のアイテム別〈この値段なら買える!〉」という企画では、テイラードジャケット26,000円、一重仕立てのコート27,000円、サマーニット13,600円が、平均の「買える」金額だという。怒りの悲鳴を上げている割に、結構高い金額なのでは? 「ジャケット類は高いと思うけど、仕立てや縫製からいって納得できる」(26才OL)って、“いい服は高い”信奉が根強かった。

 このファッションインフレで、服の買い方も大きく変わった。バーゲンと、クレジットだ。「バーゲンになると60〜70%引きで売っているのだから」(24才OL)、「ブランドものの洋服を買うとなると、やっぱり丸井の分割払いかクレジットカード」(24才OL)と、バーゲン前提、リボ払い日常になってきたOL財布。この頃から『an・an』では全国のセール情報が定番になってきたし、DCブランドが大挙出店していた丸井が大人気だった。しかし、「どうせセールだし」「まあいいか、カードだから」的な意識は、DCへの敷居も、ファッションに対する感覚も低下させていったのではないか。「流行のワンピースやブラウスは、ブランドもどきがたくさん出ているので、私はそれで十分。素材なんて他人にわかるものではない」(25才化粧品会社勤務)という声は、やがて目立てば上等、男受け本望の、ボディコンや勝負服につながっていったのでは。飛躍し過ぎ?(神谷巻尾)

|

« アフガン終わりなき戦場/第41回アフガン人と行くアフガンの仏像展(下) | トップページ | 鎌田慧の現代を斬る/第148回 「東京のカダフィー」石原慎太郎、12年の専制 »

OL財布事情の近年史」カテゴリの記事

コメント

ブログ更新を楽しみにしてます!これからも頑張って下さい!!

投稿: 浅草 美容室の一員 | 2011年2月25日 (金) 21時48分

ありがとうございます!
80年代は面白いですね!!

投稿: 巻尾 | 2011年3月 2日 (水) 16時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122338/50949730

この記事へのトラックバック一覧です: OL財布事情の近年史/第22回 ボディコンブームの足音が聞こえる:

« アフガン終わりなき戦場/第41回アフガン人と行くアフガンの仏像展(下) | トップページ | 鎌田慧の現代を斬る/第148回 「東京のカダフィー」石原慎太郎、12年の専制 »