« OL財布事情の近年史/第9回 ガッツリ消費とシッカリ貯蓄を実現★80年OL | トップページ | 『転落 ホームレス自らを語る 第86回 貨物船のコックをしていた(後編)/中村平さん(60歳) »

2010年11月21日 (日)

ヌードになりたい女と全てから逃げだしたい男

 最近、週刊誌でヌードになりたい女性が増えていると報じていた。その記事によれば、ざっと500人に一人はAVに出演した経験を持つ計算になるという。また、主婦層をターゲットにした女性ファッション誌『美STORY』(光文社)では、200人を超える人が読者ヌード企画に応募したとも書かれていた。脱ぐことが自己表現の1つになっているのだろう、との結論が下されていた。

 既婚女性の恋愛を取材していた際にも、同じような話を聞いたことがある。女としての魅力を測るため、あるいは夫や社会へのアピールとして恋愛が始まるケースである。

 結婚もした、出産もした、働いてもいる、ファッションにも手を抜かない、スタイルもキープしている。でも、女性として自分はどうなのだろう、と疑問に感じ始めたとき、「恋愛をできる自分」がほしくなる。30代中盤あたりから、その種の承認願望は強まっていくようだ。面白いことに、そうした女性の多くが「若い男の子」との恋愛を望んでいた。

 では、若い男性を捕まえればめでたしめでたしかというと、そうでもない。何人かから聞いたのが、外を一緒にあるくのが恥ずかしいというもの。その話の延長で、ファッションの違いが気になるというケースも聞いた。ダメージ系のジーンズなど、ちょっと「汚い」イメージのファッションでキメてきた男性と外出すると、世代が違うのが丸わかりで、余計に恥ずかしいと。いきおい家から出たくなくなるとか。女として通用できることはアピールしたいが、まるで若い子をたらし込んでいるようなイメージは持たれたくないらしい。

 こうした女性に惚れた男性はけっこう気の毒だったりする。いかんせん恋人もファッションの1つだから、些細なことで女性はいきなり去っていく。知っている例では、占いの結果が悪かったからと袖にした女性がいた。

 取材した人の中には、家庭内では女をアピールしたくないと答えた女性もいた。夫婦仲がよくなく、なるべくなら旦那とは寝たくない。だから自宅ではなるべく体の線が見えないダサイ服を着用。ただし彼氏のためにダイエットをし、デートでは女をアピールする服で出かける。家庭に不和があると、恋愛も大変なんだと思ったものだ。

 こうした「恋愛をできる私」の主張が「脱いでもキレイな私」に変わるのは、それほど不思議ではない。むしろ女性として通用することを証明するだけなら、恋愛よりヌードの方が面倒くさくない。少なくとも意のままにならない相手はいないのだから。

 もちろん女性と同じような自己表現への欲求が男性にもある。自分が男性としてどうなのかを気にしている男は多いからだ。だから40歳前後ともなればスポーツジムに入会する人も増える。また、陰毛に白髪か生えてくる衝撃について熱く語ったりもする。ただ男性はヌードになることもなければ、そのためだけに慌てて恋愛にはしることもない。
 というのも、ほとんどの男性は男としてのアピールが何の意味を持たないことを知っているからだ。もともと大半の男性はもてない(一部だけがモテ続けるのだ!)。男として血気盛んな若い時分からもてないのに、おじさんになってもてるはずがないと、初めからあきらめている。せいぜい恥ずかしくない程度にお腹を引っ込めるべく、ジョギングを始める程度のものだ。

 先日、学生時代の友人から「40歳を超えると急に増してくる欲求があるが、何か知っているか?」と聞かれた。41歳の自分が考えられるさまざまな欲望を挙げてみたが、彼は首を振るばかり。う~んと悩んでいると、彼はおもむろに正解を教えてくれた。
「すべてを放りだして世の中から消えてしまいたい願望だ」
 なるほど、それなら分かる! 私も大きく頷いた。

 女性は女としてのアピールの場を男性から媒体に移し、男性はすべてを捨てて世の中から消えてしまいたいと願っている。両性の逆方向のベクトルは、伸びるばかりである。(大畑)

既婚女性たちがどんな恋をしていたのかは、 「妻の恋」(アストラ)で。

購入はこちらから

|

« OL財布事情の近年史/第9回 ガッツリ消費とシッカリ貯蓄を実現★80年OL | トップページ | 『転落 ホームレス自らを語る 第86回 貨物船のコックをしていた(後編)/中村平さん(60歳) »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヌードになりたい女と全てから逃げだしたい男:

« OL財布事情の近年史/第9回 ガッツリ消費とシッカリ貯蓄を実現★80年OL | トップページ | 『転落 ホームレス自らを語る 第86回 貨物船のコックをしていた(後編)/中村平さん(60歳) »