« 爆笑!フランス語を上達させる方法!基地外編 | トップページ | 鎌田慧の現代を斬る/第144回 菅の危機と検察の破綻。日本の海は波高し »

2010年9月28日 (火)

靖国神社/39回 最終決戦 8月15日(上) ~今年こそ会えるか~〈2008年8月取材〉

 今年も行ってきた。年に1回の苦行。8月15日の靖国神社。1年が過ぎるのは本当に早いですね。
 さて、なんらかのイベントがある日の靖国は参拝客が増えるが今年は少なく感じた。どうやら8月16日付けの産経新聞によると、今年の参拝客は15万2000人。2年前の約26万人と比較すると、少なくなっているのは気のせいではなかったようだ。

 この日、九段坂では、外国人参政権反対や、チベットや少数民族などの中国国内の民族問題など、ここでビラ配りや署名活動をする意味があるのか問いたくなるようなことが行われていた。他にも、道の至る所に警察官や機動隊が立っていて、特に機動隊員の服装は見ているこっちが暑さでやられそうになるくらい。
 涼しいところを求め参道を歩き境内へ向かうが、歩きながら、そういえば8月15日に参拝をしたことがなかったことに気づいた。思えば、着いてすぐ到着殿へ向かい、参拝にやってくる政治家たちを追い、少し時間があれば当日の様子を知るためにふらりと境内や参道に行くというのが私の1日である。というわけで参拝をしてみたところ、驚くべきことに賽銭箱が大きくなっている。どこから投げ込んでも入るようにとの配慮なのだろう。靖国の参拝客への優しさを感じた。

 参拝を終え満足しながら到着殿近くにあるベンチに向かった。到着殿を見渡せる絶好ポイントを確保するものの動きがないようで、日の当たる報道関係者スペースには人があまりおらず閑散としていた。例年通りのスケジュールならば、午前10時半頃からみんなで靖国神社に参拝する靖国神社の会の面々が集合し始め、午前11時に参拝するのでゆっくり待つことにした。
 途中で、編集部員の一人が来てくれたのでかき氷を買いに行き、とりあえず食べながら談笑していると、到着殿付近にわらわらと人が集まりはじめた。それから少しして黒塗りの車が続々と到着してきたところで人混みに加わったところ「参拝ありがとう!」という歓声が上がった。一体どうしたんだと、様子をうかがうもわからない。あとから知ったが、どうやら安倍晋三元首相だったらしい。今年の目的の一人を見逃してしまった。まさか銀の車でくるとは思わなかったよ。それにしても騒ぎが少なかった。前出の産経新聞によると、「声援も、こだまするような勢い」もなかったそうだ。そりゃあ、わからないよ。3年前の8月15日を思い出したら非常に切ない気分になった。スターの輝きはもうないらしい。

 逆に、鈴木宗男衆議院議員の人気があいかわらずすごかった。午前11時に国会議員の会の面々が到着殿へ向かう際、他の議員に対しての声援は特になかったのに、彼だけにはあった。しかも「一緒に一枚!」とか、「頑張ってください!」の声。本当に人気があるのかどうかはわからない。ただ、写真や握手に彼自身が快く応じているところにそのゆえんがあるのではないかと感じた。(奥津裕美)

|

« 爆笑!フランス語を上達させる方法!基地外編 | トップページ | 鎌田慧の現代を斬る/第144回 菅の危機と検察の破綻。日本の海は波高し »

靖国神社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 靖国神社/39回 最終決戦 8月15日(上) ~今年こそ会えるか~〈2008年8月取材〉:

« 爆笑!フランス語を上達させる方法!基地外編 | トップページ | 鎌田慧の現代を斬る/第144回 菅の危機と検察の破綻。日本の海は波高し »