« ロシアの横暴/第43回 スターリンも青ざめる専政君主ラムザンの愚かさ(1) | トップページ | もし菅直人が小沢一郎に負けても首相を辞任しなかったら? »

2010年8月27日 (金)

Brerndaがゆく!/フランス生活の期待と現実

日本人の間の噂では、フランスの役所は対応が悪い、遅い、待たされる、並ぶ。

しかし、私個人としては、こういうことを、「ほとんど」と言っていいほど、パリでは経験していない。

むしろ感動することの方が多い。

健康保険もほぼ即日発行!
役所は、ほぼ予約制なので訪れてもいつが自分の番かイライラすることもなく。

笑顔でたいていの場合は、問題なく終わり。

しかし、その笑顔が気に入られ過ぎると
頭のキレる窓口職員は。

ひとつだけ書類を渡し忘れた振りをして、後から追いかけてきてそれを渡す振りをして、電話番号を聞かれる。笑

ふ~ん、頭良いね~。感心。

「私の電話番号なんて知りたければどうぞ!」

何か疑問や手違いがあることに気がつけば、役所を訪れるのは面倒なので手紙を書けば良い。
フランスの生活の中で、書類を受け取ったり送ったりすることが大変重要だと言うことに気がついた。

参考記事
(これは私の物事の受けとめ方の違いかもしれませんけど・・・ )

なので、最近、この手紙方式に切り替え、私は気になることがあれば手紙送りまくり。
ちょっと切手代がかかるね~と、びんぼっちゃまな気分にもなるが。

そして、返事はとても早い。
即対応。

あまりに感動するので、最近手紙の最後に一言、その対応の早さに感動して組織の運営の素晴らしさに感心している旨まで書きたくなる。

相手に良い対応を期待してのことではなくて、本当にいいと思っているから書く。

どんな、職業についても仕事のクオリティーってとても大切だと思う。

日本は、礼儀正しくてすごくすばらしいけれど、フランスと比べるとやはり成熟した社会とは言いがたいと思う。
それは、政治が成熟していないからかもしれないし、フランス革命の時からの歴史などを研究してみると、その違いがなんとなくわかってくるような気がする。

ここに住めて、幸せだぁ~~~!

|

« ロシアの横暴/第43回 スターリンも青ざめる専政君主ラムザンの愚かさ(1) | トップページ | もし菅直人が小沢一郎に負けても首相を辞任しなかったら? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122338/49259260

この記事へのトラックバック一覧です: Brerndaがゆく!/フランス生活の期待と現実:

« ロシアの横暴/第43回 スターリンも青ざめる専政君主ラムザンの愚かさ(1) | トップページ | もし菅直人が小沢一郎に負けても首相を辞任しなかったら? »