« Brendaがゆく!/お金持ちの健康と労働について | トップページ | ロシアの横暴/第42回 治療受けるのも命がけ(2) »

2010年6月22日 (火)

Brendaがゆく!/お金持ちの健康と労働について2

ポーランドに越す前は海外生活で体調悪化なんてことになるのではないかと思ってとても心配だった。
しかし、ポーランドに引っ越してから、唯一飲んでいたビオフェルミンさえ必要の無い日々に。

一言で言えばそんなものが必要なくなっただけ。

もちろんいろいろなストレスはあるけれど、とにかく何かが違う。

フランスに越してからなんてもっとストレスがある。
しかし、それでも、それが健康を害するような状態に至らないし、労働の仕方とか考え方とかが違うので、自分を滅ぼすに至らないということ。

しかし、このようなことを周りの人(直接の友達)には深く説明もしない
正直に言って、私の日本の友達は、30代で危険な病気を患うだろう人が幾人かいるが。
止めても無駄なので言わない。なぜなら日本で働く限り避けられない状況であったりもする。
特に、エリートの世界にそういう悲しい矛盾が存在している。
貯金は数千万はないと安心できないと言う若い彼ら。
でも!健康は今のところはしょうがないと思っている。
みんなそう。しかし、気がついた時にはもう遅いでしょう。。。

それでいつかは、日本を抜け出したいと、私を見ると言う人もいるけど。
もうその時に彼らは終わってるじゃないかと。。。せいぜい40代半ばで脱出できたとしても、微妙に何か患いながら暮らすのか。

いつも日本の現状なんか聞く度に、どこの国にもそれぞれの状況があると思うので批判とかはしないんだけど、なんか歯がゆいね。

ポーランドもめちゃくちゃ歯がゆいって言えばそうなんだけど、「結果君たちは勝ち組かもね」みたいな感じの見解でも見れる国なんだあそこは。

事実、フランス人とかドイツ人がポーランド人を馬鹿にしても、日本人の私から見ると彼らの方が滑稽に見えたりもするし。

しかし、日本に関してはなんかな、、、別に私はいいんだけど、でもねーって感じかしら。
お金に関してはどこまでも日本人とユダヤ人が勝ち組だと思うけどね。

でも、ほら、

お金ってどう使うかの方が重要だからさ!

|

« Brendaがゆく!/お金持ちの健康と労働について | トップページ | ロシアの横暴/第42回 治療受けるのも命がけ(2) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Brendaがゆく!/お金持ちの健康と労働について2:

« Brendaがゆく!/お金持ちの健康と労働について | トップページ | ロシアの横暴/第42回 治療受けるのも命がけ(2) »