« ●ホームレス自らを語る/第41回 後悔先に立たず 野口康三さん(仮名・61歳) | トップページ | ホームレス自らを語る 第42回 配筋工ひと筋に/須藤さん(仮名・54歳) »

2009年10月 6日 (火)

●サイテイ車掌のJR日記/サイテイJRの車掌日記

○月×日
 JR西日本、今度は裏工作発覚、前代未聞の不祥事である。
 新聞やテレビでも連日デカデカと報道されていたJR福知山線事故の事故調による漏洩問題だ。
 JR西日本の山崎正夫前社長らは事故調に国鉄出身者で古くから付き合いのある先輩がいることをいいことに、何度かの飲食接待という形で接触を繰り返し、事故調での議論の進捗状況や最終報告書案の内容を07年6月の公表前に聞き出していたというもの。
 そればかりか、公正中立であるべき事故調の漏洩行為という守秘義務違反も大問題であることは勿論だが、あろうことか、山崎前社長は報告書案の「ATSがあれば事故は防げた」という文言の削除や日勤教育やダイヤ編成に関する部分の修正を要求していたというから、悪質きわまりないというしかない。

 で、その委員はナント、その要求に応じてしまうのである。事故調でATS部分の修正を求める発言をしたというのだ。全く聞いて呆れるが、結局は認められず、結果として報告書案は変更されることなく決議されたということだが、それで済むような問題ではない。
 調査する側と調査される側のあってはならない癒着である。これでは遺族や負傷者は浮かばれない。そればかりか今でもJRを利用せざるを得ない国民への裏切りでもある。
 洗いざらい公表してこそ事故の原因が究明され再発防止につながるのはいうまでもないが、それを隠蔽しようとするとは開いた口が塞がらない。

 あれだけ企業体質、企業風土を改革するといっていたにもかかわらず、責任逃れに終始する姿勢は未だに旧態依然なのである。大惨事よりも何よりも自己保身と我が身の行く末が重大なのであり、亡くなられた方々のことなど一切頭にないのだろう。JR西日本が生まれ変わるのは一度解体でもしない限りもはや不可能なのではないか。
 また、報道では、接待の際に事故調側は菓子や新幹線の模型などの手土産を受けとったとあったが、本当にそれだけなのか。贈収賄に当たるのではないのか。

 それにしても世の中は不正だらけだ。こんな事は氷山の一角なのかもしれない。私達はいったい何を信じていけばいいのか。

 ほんとにサイテイだな。ただただ悲しくなるばかりだ。一生懸命やってる西の社員もいい迷惑だろうよ。誰も信じないよ、もう。おまえらなんか!!(斎藤典雄)

|

« ●ホームレス自らを語る/第41回 後悔先に立たず 野口康三さん(仮名・61歳) | トップページ | ホームレス自らを語る 第42回 配筋工ひと筋に/須藤さん(仮名・54歳) »

サイテイ車掌のJR日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。前回はお返事も頂けない失礼なコメントをつけてしまいすみませんでした。
不要に人を不快にさせてはならぬとコメントを控えてはいたのですが、"秘密"を読んでるうちについついここへ来てしまいました。重ねて失礼をお詫びします。
恐れ入りますがご質問を1件させて頂ければと思います。
交通新聞社刊の坂本衛著「昭和の車掌奮闘記 列車の中の昭和ニッポン史 」と言う、元国鉄車掌さんの書かれた本の後書きに「現役の車掌さんで本を書いている方が居られたら読みたい。教えて欲しい」との旨が書いてありました。本当は交通新聞社の編集部に手持ちの斎藤さんの本を送ろうと思ったのですが、何分自分「ナメク字」なもんでなんとも様にならず、あきらめました。逆に斎藤さんにご興味がお有りでしたら、自分手持ちの坂本氏の本を郵送しますがいかがでしょうか?是非お読み頂き、なにか通ずるものがあれば是非坂本氏に連絡をとってほしいなと思いましたのでこのような提案をさせていただきました。「国鉄とJR車掌対談」なんて読んでみたいもので。
お返事お待ちしております。
PS
間引きダイヤでしたし、されてないかも知れませんが台風18号の際は乗務されていたのでしょうか?お疲れ様でした。午前中の運転見合わせ、なんともJRの上尾事件へのトラウマが感じられます。
さて中央線の無線のデジタル化、運用する側は便利になるのでしょうが、オタクの自分はさみしくてなりません。これまで以上に斎藤さんの明かすJRの内部に興味津々であります。これからもがんばってくださいませ!!

投稿: pod | 2009年10月13日 (火) 19時04分

丁寧なコメントをいつもありがとう。坂本さんとは知り合いです。手紙のやりとりだけですが大先輩ですね。台風のときは東京一山が6時間もかかりやれやれでした。デジタル化は何かと便利になり単純に良いことだと思っています。過ごしやすい時期です。力いっぱい励んでください!!

投稿: 斎藤 | 2009年10月15日 (木) 06時02分

こんばんわ
お返事ありがとうごさいました。また差し出がましい申し出失礼しました。
車掌さんが便利になると言えばモニタ通告でしょうか?たしかにATOSとリアルタイムに結ばれれば駅LEDとサボの行先表示の相違もなくなり旅客にとっても便利になります。でも、でも、モニタのないオレンジのあいつはきっと来年8月の本使用を前には、きっとサヨナラの日が来てしまう、、、
まさかこんなにはやく中央線から201系が居なくなるとは思いませんでした…。

私事となりますが、中間試験で疲れていたこともありまして軽く風邪を引いてしまいました。冷えてきていますので斎藤様もどうぞお気をつけてお過ごし下さい。

投稿: pod | 2009年10月17日 (土) 19時56分

こんばんは。帰省で返信が遅くなりました。podさんは何から何まで知っているんですね。それは当の私たちよりかもしれません。本当にオドロキです。これからの新しい時代を生きるのはまさに君たちであり、私のような老兵は去るのみだとまたまた痛感してしまいました。田舎では朝晩ストーブをつけるようになりました。受験の追い込み、身体に気をつけて頑張ってください!!

投稿: 斎藤 | 2009年10月20日 (火) 19時02分

御褒めの言葉と受け取って恐縮しておきます。そうです、なんでも知っているのです。過去にややこしい書き方をしてしまったのかも知れませんが自分はまだ高2でして、追い込みなんてまだまだようやく受験勉強を始めようかという所です。余裕かまして日々国労からJR労組まで、くまなくHPを覗き見て内部情報を探しているのであります。
正直頂いたお返事を拝読致しましても、これぐらいのこと、年齢は関係ないよ、と思うのですが、趣味に情熱をたっぷり注ぐという行為が若さゆえなのでしょうか?坂本氏の著作でもやはり定年前は悲しそうだったのが思い出されます。50代にとって定年とは、高校生にとっての受験のように恐ろしく、哀しく、つらいものなのでしょうか?
だからと言って暗いままではよくないでしょう!日曜日の国労のお祭が明け、ゆっくりと休んだ斎藤さんが「俺はまだまだやれる!」と言う記事をUPするのを待っています。

投稿: pod | 2009年10月23日 (金) 23時24分

いやはや、高2ですか。まだ高2とはまたまたオドロキ入った次第です。大人なんですね。考え方も文章も大変しっかりしていて、ご立派です。私は暗くなどなってはいませんからご心配なく。あなたが想像しているような人間ではないのが分かるはず、一度お会いしましょうか?トタででも。コーヒーくらいはご馳走しますよ

投稿: 斎藤 | 2009年10月27日 (火) 04時21分

そうおっしゃっていただけるとありがたいですが、ただ理屈っぽいだけですよ。
お会いできるならば喜んでサインを頂きに伺います!!

投稿: pod | 2009年10月28日 (水) 10時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122338/46394674

この記事へのトラックバック一覧です: ●サイテイ車掌のJR日記/サイテイJRの車掌日記:

« ●ホームレス自らを語る/第41回 後悔先に立たず 野口康三さん(仮名・61歳) | トップページ | ホームレス自らを語る 第42回 配筋工ひと筋に/須藤さん(仮名・54歳) »