« 紀伊國屋サザンシアターにて『ロスジェネ』3号刊行記念イベント開催 | トップページ | 書評『本は志にあり ~頑迷頑迷固陋の全身出版人』 西谷能雄(松本昌次・編) »

2009年8月 9日 (日)

のりピーはなぜ逃げた?

 どうにもわからない。覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された酒井法子容疑者の行動だ。
 3日未明、渋谷の路上で職務質問を受けて夫が逮捕。旦那に携帯で呼ばれて駆けつけた彼女は、所持品検査や渋谷署への同行を拒否し、「子供を預けているので、後で行きます」と署員に告げて行方不明となった。
 ここまではわからないでもない。混乱もあったろうし、捕まりたくないと思ったに違いないからだ。しかし、この先の行動となると、かなり不可解だ。子どもを友人に預け、ATMで計40万を引出し、下着や衣類に加えカップ麺や旅行用の化粧水まで購入したというのだから、もう完全に“逃走モード”である。

 この「逃走劇」について、覚せい剤の使用が尿検査で発覚するのを恐れ、身体から排出する時間を稼いだという報道もあった。しかし彼女は、自宅に帰りながらも吸引用のストローなどの証拠品を処分していない。夫が使ったものだと言い張れば、どうにかなると思っていたのかもしれない。しかし化粧ポーチに入っていたら言い逃れはかなり難しいだろう。まして唾液までついていたストローが残っていたとなれば万事休すだ。

 酒井容疑者に対する警察の心証は、もちろん真っ黒。任意の同行を強行に拒んで行方不明になれば、覚せい剤の使用を疑わない方がおかしい。すぐに夫の容疑で家宅捜査をし、酒井容疑者のストローを発見し逮捕状を請求している。

 結果的に見れば、夫と一緒に逮捕された方がはるかにイメージはよかった。初犯であることを考えれば、覚せい剤の使用があってもなくもて執行猶予判決である可能性は高い。裁判では起訴事実を争う可能性も低いだろうから、情状酌量を訴えることになるのに、逃亡したとの印象はマイナスに働く。

 また6日間もの失踪でメディアを引きつけたのも、最善の策ではなかった。おかげで子どもを預けた先の素性や親族の素性まで徹底的に報じられた。真偽のほどは別にして、さらにイメージが悪化したことは間違いない。

 どうして逃走していたのか正確にはわからない。ただ、7日に逮捕状が請求されたと報じられたのに、出頭が8日夜になったのは気にかかる。8日に警察は報道を通してメッセージを出していたからだ。DNA鑑定で吸引用のストローに付着した唾液が、酒井容疑者と一致したという報道がそれだ。
 NHKが報じたのが、8日の午前4時半。新聞朝刊に間に合う時間ではなかったため、新聞各紙は8日の夕刊で記事にしている。共同通信や時事通信も午後になって報じているため、もしかしたらNHKが抜いたのかもしれない。いずれにしても、この具体的な話は警察側のリークに間違いない。
 このDNA判定と同時に報じられてたのが、酒井容疑者の弟が1ヵ月前に逮捕されていたというネタだ。“時節柄”当然のように一緒に報じられていたが、この話も警察リークだろう。
 こうした一連のリークは、尿から覚せい剤が検出されなくても、覚せい剤使用での立件も濃厚ですから逃げてもムダですよ、というメッセージであるとともに、逃げ回るなら関連情報をさらに報じられますよ、という警告だと考えるのはうがちすぎか?
 
 ただ、8日夜に酒井容疑者は弁護士に付き添われて出頭した。1週間か10日で覚せい剤は尿から検出されなくなるとも報じられているから、逃亡の理由が尿検査対策だとすれば少し日数が足りない結果となった。(大畑)

|

« 紀伊國屋サザンシアターにて『ロスジェネ』3号刊行記念イベント開催 | トップページ | 書評『本は志にあり ~頑迷頑迷固陋の全身出版人』 西谷能雄(松本昌次・編) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

大畑さんお久しぶりです。某テレビ番組で、田宮栄一さんが、6日も逃亡期間を設けたのは、誰か覚せい剤について詳しく人がいて、色々指示を出していたのではないかとコメントしていました。それを参考にしますが、まだ明らかになっていない、渋谷まで一緒に来た知人と子供を預かった知人は同一人物で、過去に自身も逮捕されたことがある芸能人ではないか・・・と思います。ただ一つ引っかかるのは、たった1日連絡取れないだけで、捜索願い出すでしょうか。それも誰かの指示?

投稿: さくらん | 2009年8月10日 (月) 19時04分

予想は外れてしまいましたが、今日のニュースやワイドショーを見ていたら、また一つ疑問点が見つかりました。渋谷に一緒に駆け付けた会長さんは、インタビューで(容疑者が子供を預けているから)『あとで必ず警察署にいきます』と警察側に了解を取ったと言っていましたが。その後容疑者から都内のホテルにいると連絡がきたのでホテルで落ち合ったとか。ホテルで会ったら、まず『渋谷警察署に行く約束だろう』と説教するものではないでしょうか。大人なら普通、警察と約束破ったらまずいことくらい分かります。おそらく、その時には、大量の下着や食料の入った大きな荷物も持参していたはずだから『それはなんだ?』くらい聞くはず。本人は死にたいとか言っていたらしいが、死にたいと思っているひとが、大きな荷物持っているか?やっぱり逃亡に協力したんじゃないか。考え過ぎ?

投稿: さくらん | 2009年8月21日 (金) 22時08分

昨日、また一つ矛盾点を発見。日本テレビのリポーターはなぜ突っ込まなかったの?渋谷で子供を預けているからということで、一旦別れた後に容疑者から電話があり、『用事(警察署に行く約束?)は済んだのか』と聞いたと会長は言って、そのあと『渋谷警察署に行かせるために車を銀座のホテルへ向かわせたあと、山梨へ行かせたんだよ』とおかしな回答をしていました。すかさず、先に渋谷警察署に行かせるためって言いましたよね、なんで山梨なんですか?と突っ込んでいたら、どうなっていたでしょう。

投稿: さくらん | 2009年8月28日 (金) 13時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のりピーはなぜ逃げた?:

« 紀伊國屋サザンシアターにて『ロスジェネ』3号刊行記念イベント開催 | トップページ | 書評『本は志にあり ~頑迷頑迷固陋の全身出版人』 西谷能雄(松本昌次・編) »