« 書店の風格/第37回 火星の庭 | トップページ | 『庄幸司郎 たたかう戦後精神』 »

2009年7月21日 (火)

●サイテイ車掌のJR日記/猛暑の中で総選挙

 梅雨が明けた。一気に暑くなった。しかも猛暑ときたもんだ。まいった。
 例年と違っていたのは、恐怖すら覚えるような土砂降りや雷が全くなかったことだ。たとえ降ってもすぐ止むし、鳴っても遠くだから自分の腹がゴロゴロ鳴る音の方がデカイといった感じ。
 従って、自然災害による事故などはJRでも世間でも起きなかったことは大変喜ばしいことと存じます。
 それでも水不足騒動に発展しかねないかと自分勝手に心配していたのだが、先日のニュースで「ダムは問題なし」といっていたので、これも一安心である。
 しかし、油断は禁物だ。今後、雷雨がないという保証はどこにもない。そればかりか、台風が発生すれば豪雨になる可能性だってあるのだから。
 それにしても暑い。いきなりの猛暑で痛いくらいの強い日差しだ。朝から汗が吹き出してしまう。中央線や飲み屋は空調が効いて涼しいが、いつまでもいられる場所ではない。
 やっぱり、何事も無理をしないことだろう。ほどほどにがいいのだ。とにかくこの先、夏バテしないように対処しなければならない。

さて、話は変わるが、今、国民の最大の関心事といえば、何といっても政治の動きだろう。
 8月30日に総選挙が行われることが決まったが、末期症状で右往左往、異常事態に陥った自民党の終焉、すなわち、政権交代は確実な情勢となったというのが大方の見方である。
 半世紀にわたって国政を支配してきた自民党に代わって、野党第一党である民主党が政権を担い、国の舵を取る。民主党のこれまでの意欲と頑張りがいよいよ実を結ぼうとしているのだから、私もついつい応援せずにはいられなくなる。が、しかし……。
 そんな思いとは裏腹に、民主党にはそれほど大きな期待を寄せているわけではない。信用もあまりしない方がいいと思っている。世の中が良くなってほしいと願うのは勿論だが、何もかもが今すぐというわけにはいかない。政権を取ったことにより、これまで以上の強権政治になることだってないとはいえない。つまり、今の自民党の体たらくぶりを見ていると(見なくとも)、国民のことなど二の次なのだ。いつも自分たちのことが最優先なのは民主党も似たり寄ったりのはず。もうこれ以上政治に翻弄されるのは結構だといいたいのだ。
 誰もが皆、仕事も人生も与えられた時間は限られている。結局、自分を守るのは自分以外にない。また、年をとるにつれ急激な変化は好まなくなる。
 苦しいことも辛いこともいっぱいある毎日だ。つい弱気になり、心が空っぽになった時でさえ、小さな幸せを感じることもある。私にはそんな今のままが一番いいように思えるのだ。
 何はともあれ、まずはギラギラとした本格的な夏の到来に乾杯。カナ!? とりあえず。(斎藤典雄)

|

« 書店の風格/第37回 火星の庭 | トップページ | 『庄幸司郎 たたかう戦後精神』 »

サイテイ車掌のJR日記」カテゴリの記事

コメント

暑いと言いつつもまだそこまででもなく、梅雨なのにたいして雨も降らず、嵐の前の静けさのように感じませんか・・・?さて嵐は天気で来るのか政治で来るのか。
偉い地位にいる人はやはり偉そうに振舞うのではないでしょうか。民主党だって誰だって第一党になったら手のひら返すんじゃないの?と今日の昼、四季彩を前に豊田駅で思いました。
だって車掌さんが欠乗したら大騒ぎなのに、逆に手配ミスがあっても誰もあわててなかったんだもの。

投稿: pod | 2009年7月23日 (木) 22時14分

いやいや、昨日の手配ミスは現場に責任はない。といっても、私達会社のミスであることには変わりなく、我々下々の者も気を引き締める必要は大。それにしてもpod様は何でもよく知っちょるの~。あぁ、恐るべし

投稿: 斎藤 | 2009年7月24日 (金) 13時35分

最近どうしちゃったんですか ちょっぴり情熱がないのでは  残念です 今後の活躍を心から期待しています  

投稿: 熟女 | 2009年7月26日 (日) 06時43分

応援ありがとうございます。そうなんです、最近よく言われることです。でも、こうなんだから仕方がありません。寄る年波と共にというやつでしょうか

投稿: 斎藤 | 2009年7月26日 (日) 15時58分

あ、いやいや、手配ミスが管理の方のミスとはわかってます。手配ミスわかって、いつもは客に偉そうな豊田駅のオジサン達が慌ててるのに、余裕顔した支社の若いの。運輸区に走ったのだって現場のオジサン。。。輸送課の偉い人はみんなケータイに向かっていて、、、
地位は人を変えますよね。。。と思ったのです
ちなみに今回は普通に電車に乗ろうとしたら、佃煮にする程のJRの制服が出張っていて、ナンダナンダと待っていたら四季彩が来たのです。水色の学校の制服ワイシャツで、豊田の指導助役さんの真横に立ち、聞き耳立ててたのが僕です。気をつけてたけどやっぱ邪魔だっただろうな…

投稿: Pod | 2009年7月27日 (月) 11時33分

JRの内面に詳しいpod様。常に問題意識を持っている姿勢には感服です。どうですか、水色の制服を卒業したら我社へぜひ。是非どうぞ

投稿: 斎藤 | 2009年7月27日 (月) 19時10分

 そうですかぁ 貴方の テンポのよさに 惚れ込んでいたのですが 何時か中央線で 御目にかかれたらと 心 弾ませて 楽しみにしております

投稿: 熱女 | 2009年7月28日 (火) 22時36分

 そうですかぁ いつか 中央線でおめにかかれることを 心弾ませて楽しみにしております

投稿: 熱女 | 2009年7月28日 (火) 22時41分

 がんばってくださいね

投稿: 熱女 | 2009年7月28日 (火) 22時44分

熱女様、コメント本当にありがとうございます。また、いつも読んで下さり感謝してます。私のネームプレートをジロジロ見る人は多いですが、私にはその人が誰なのかは分からないわけです。その時にはぜひお声をかけてくださいまし

投稿: 斎藤 | 2009年8月 1日 (土) 13時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122338/45676332

この記事へのトラックバック一覧です: ●サイテイ車掌のJR日記/猛暑の中で総選挙:

« 書店の風格/第37回 火星の庭 | トップページ | 『庄幸司郎 たたかう戦後精神』 »