« ホームレス自らを語る 第32回 割りの合わない人生だった/山本さん(仮名・62歳) | トップページ | 靖国神社/第17回 崇敬奉賛会とは何なのか(上) »

2009年6月 2日 (火)

●サイテイ車掌のJR日記/福知山線の事故から4年

○月×日
 JR福知山線の脱線事故から4月25日で早4年が過ぎた。
 やはり他人事でしかないのか。
 あれだけの大惨事であったにも関わらず、普段の意識からはすっかり遠のいてしまっている。
 それは乗務をしていてもだ。ほんとに些細な事象による連日のダイヤ乱れなどで1日が終われば「つ~かれた」と一目散に帰宅する毎日。目先のことを1つ1つこなしていくだけで精一杯というのが実情なのである。
 でもこうして思い出すのは、あれからまた1年が…という節目を迎えた時であり、関連したニュースなどを見聞きした時にと限られてしまっているが、あの時の衝撃は今でも鮮明に蘇るのだから忘れたわけでは決してない。
 今また改めて、犠牲となった多くの方々のご冥福をお祈りすると共に、大けがをされた方々の1日も早い快方を願うばかりである。

 さて、5月ももう終わりだが大きなニュースが飛び込んで来た。「JR西、異例の再捜索、脱線事故捜査大詰め」というもの。
 詳細は、神戸地検は27と28日の2日間にわたって、業務上過失致死傷容疑でJR西日本本社や山崎正夫社長(66)の自宅などを家宅捜索したということである。
 補足すると、地検は昨年10月にも同本社の捜索を行っており、兵庫県警の方は現場カーブにATS(自動列車停止装置)があれば事故は防げたと判断して、昨年9月に同容疑(ATSを設置するなどの安全対策を怠った疑い)で山崎社長ら幹部と元幹部、死亡した高見隆二郎運転士(23)の計10人を書類送検している。また今年3月には、遺族が井手正敬氏(74)、南谷昌二郎顧問(67)、垣内剛顧問(65)の歴代経営トップ3人を告訴した。
 報道にもある通り、業務上過失致死傷罪で起訴をするには「事故の予見可能性」、すなわち、当事者が事故が起きる可能性を認識していたとする証言が必要ということで、山崎社長らはこれまでの地検の事情聴取に対しこのことは頑なに否定しているとみられる。従って、地検が起訴の可否を最終判断するには昨年10月の家宅捜索で押収した資料だけでは不十分であるとして、詰めの証拠固めのため異例の再捜索に踏み切ったものと思われる。
 以上だが、それにしても4年である。JR西の企業体質は相変わらず内向きなようだ。例えば、遺族が公開質問状などで事故の真相解明を再三求めても、事故調査や捜査をいい訳に真摯に向き合おうとはしていないのだという。さらに、被害者対策にしても補償交渉を終えたのは未だに全体の3割未満というペース。乗客に責任など何一つない。企業のトップが事故の責任を負うのは当然だろう。なぜ被害者の思いをくみ取ってやらないのか。これではただいたずらに時が過ぎて行くだけである。
 また、(記憶が曖昧で恐縮だが)事故当時、ATSかスピードの問題で「そんなにスピードを出すとは想定していなかった」という旨の発言をある幹部がしていたと思う。この運転士があれだけのスピードを出さなければならない状況を作った原因は少なからずあなた方にある。指導、教育とは名ばかりで、懲罰やみせしめ以外の何物でもなかった、歪んだ、いわゆる「日勤教育」を忘れてはならない。
 さらに付け加えれば、分割民営化の過程で200人近い国鉄職員を絶望から死に追いやったのも手段を選ばぬあなた方のやり方、国労脱退強要などの不当労働行為が端を発していた。まるで悪夢としかいいようがないが、なぜこれほどまでに犠牲を強いなければならなかったのか。
 企業の体質がどうであろうと、安全安定輸送のために日々精一杯電車を動かしているのは私達現場の運転士や車掌である。人命を預かる以上、厳しさが伴うのは当然だが、心にゆとりがなければ意味がない。仕事は楽しくなければならないというのが私は基本だと思っている。
 福知山線のような悲惨な事故は二度と起こさせないという願いが遺族の共通した思いだろう。鉄道の安全に終わりはないが、犠牲となった人達には嫌なことは一刻も早く終わらせ、深い悲しみや怒りから一歩でも前へ進めるようにしてやるべきではないのか。
 今後、誰がどう裁かれても亡くなった人は戻ってはこない。けがも一生引きずって生きていかなければならない人もいる。本当に何とも複雑でやり切れない気持ちでいることだろう。
 もう二度とごめんだ、こんなことは。まっぴらだよ。(斎藤典雄)

|

« ホームレス自らを語る 第32回 割りの合わない人生だった/山本さん(仮名・62歳) | トップページ | 靖国神社/第17回 崇敬奉賛会とは何なのか(上) »

サイテイ車掌のJR日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122338/45203179

この記事へのトラックバック一覧です: ●サイテイ車掌のJR日記/福知山線の事故から4年:

« ホームレス自らを語る 第32回 割りの合わない人生だった/山本さん(仮名・62歳) | トップページ | 靖国神社/第17回 崇敬奉賛会とは何なのか(上) »