« ロシアの横暴/第6回 人に優しくなれるカフカスのおもてなし(2) | トップページ | ●ホ ー ム レ ス 自 ら を 語 る 第15回  未受給年金がたまっている/松崎倡伸さん(67歳) »

2008年12月 7日 (日)

●サイテイ車掌のJR日記/人間ドック

○月×日

人間ドックを受診した。
 全て異常なしで本当に一安心。今年で4回目で、50を過ぎてからは毎年受けるようにしている。
 実は昨年、ポリープやらでチト大変な思いをしたので、今年もまたかと気が気でなかったのだ。
 体をいたわりたいのは山々だが、どうしても無理をせざるを得ないのが実情だ。癌などの大病はその人の運命だと言ってしまえばそれまでだが、自分で気をつければ治る(若しくはならない)のならそれにこしたことはないのだから、出来る限りのことはしたい。
 それと、もともと丈夫な人はいるし、遺伝もあると思うが、老いていくのは誰しも皆一緒で、若い時とは違い、何事も自重しなければならないのは当然なのだろう。
 それにしても、これまでの私は何事に対してもいきあたりばったりで、どちらかといえば「どうにかなるさ」と好き勝手に生きてきた方だと思う。何の計画性もなく、おもしろおかしくやり過ごしてきたのだ。これから先も長生きはしたい。悪態をつくのもほどほどにしようと思う。
 最近よく感じることの一つは、元気なお年寄りを見ると尊敬の念を抱くようになったことだ。やっぱりそういう人たちはあれこれ気をつけて当たり前の生活をしている人が多いような気がするが、私も仲間に入れるのだろうか。
 さて、ドックの結果を聞いて、私はいつも固く結ばれている?! Oさんに連絡をした。彼女は私の編集担当で、アストラで一番の美人だ(といっても、アストラには女性は一人しかいないけどね)。
「異常なしだったから、もう結ばれていなくても大丈夫かもよ、おれ」とメール。すると返事は「結ばれていないと、そんないい結果は得られなかったのでは……」と。
 ああ、ステキな人だ。しゃれていてセンスが抜群なのだ。私の冗談をいつも受け入れてくれて、さらりとかわしてくれる。ますます好きになってしまったよ。ちくしょう、こうなれば忘年会しこたま飲んで寝ちゃうぞ、おれ。ん?! 酔い潰れて、その場でおれ一人寝てしまうということなんですが……。
 いずれにしても、今後の課題は老いという人生の下り坂を、いかに登っていくかだろう。
 今夜は乾杯!!(斎藤典雄)

|

« ロシアの横暴/第6回 人に優しくなれるカフカスのおもてなし(2) | トップページ | ●ホ ー ム レ ス 自 ら を 語 る 第15回  未受給年金がたまっている/松崎倡伸さん(67歳) »

サイテイ車掌のJR日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122338/43316717

この記事へのトラックバック一覧です: ●サイテイ車掌のJR日記/人間ドック:

« ロシアの横暴/第6回 人に優しくなれるカフカスのおもてなし(2) | トップページ | ●ホ ー ム レ ス 自 ら を 語 る 第15回  未受給年金がたまっている/松崎倡伸さん(67歳) »