« ロシアの横暴/第3回 政治家殺害と塩を買い占める民衆(1) | トップページ | 原ジャパンとは呼ぶまい »

2008年10月28日 (火)

鎌田慧の現代を斬る/第125回 密室暴力集団となった自衛隊と悪徳業界をカネづるにする民主党議員

 今回は、広島県江田島市の海上自衛隊第1術科学校が舞台である。ここに入校中の25歳の三等海曹が死亡した。この事件は自衛隊の今日の姿をクローズアップしている。
 彼は15人対1の徒手格闘訓練中に倒れ、2週間後に亡くなった。海曹は特別警備隊の養成課程に所属していたが、「つづける自信がなくなった」として学校を退校、別の部隊に移動することが決まっていた。この退学への「はなむけ」が非常識な格闘訓練だった。
 旧軍隊の訓練は暴力的であり、「精神注入棒」というバットで殴るのが日常茶飯事だった。もともと江田島は特攻隊員が数多く所属した予科練の訓練基地としても知られている。土地だけではなく、自衛隊は暴力的な組織風土も旧軍から引き継いだといえる。

→続きはPDFで「11.pdf」をダウンロード  

|

« ロシアの横暴/第3回 政治家殺害と塩を買い占める民衆(1) | トップページ | 原ジャパンとは呼ぶまい »

鎌田慧の現代を斬る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122338/42931795

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌田慧の現代を斬る/第125回 密室暴力集団となった自衛隊と悪徳業界をカネづるにする民主党議員:

« ロシアの横暴/第3回 政治家殺害と塩を買い占める民衆(1) | トップページ | 原ジャパンとは呼ぶまい »