« ホームレス自らを語る 第5回 死ぬまでここで暮らしたい/大関文治さん(80歳) | トップページ | 書店の風格/第18回 神保町をギュっとね! 本のすずらん堂 »

2008年9月 5日 (金)

『吉原 泡の園』第77回/◆番外編◆ 楽して儲かるわけじゃない

 結局スカウトの潜入でわかったことは、楽して儲かる商売はないということだった。
 毎月1回、僕の所属したスカウト集団は渋谷でミーティングを行なっていた。あるときは喫茶店を貸切、あるときはミーティング専用ルームにて、とにかく性風俗に関するさまざまな意見、動向、地域性などの話しを聞く。業種などの詳細や、女のコの落とし方なども勉強する。

 男達10名くらいが随時この勉強買いには出席していた。その集まりの日の最後に、先月のスカウト成績を発表され、報酬がもらえるのだ。僕は1回だけ体験入店させたコがいて、1万円をもらっただけにすぎないが、儲かっている人はスカウトだけで十分食っていたし、最低の保証まで受けているものもいた。自分でもそれくらいはできるだろうとタカをくくっていたが、副業にでもなれば、くらいに腰掛け程度の気持ちでやっていたのではダメなのだった。

 餅は餅屋で。さすがはその道のプロだと思った。ただ、僕にはそんな能力はないし、なくて良かったとも思った。

 ミーティングルームを使用した勉強会の時、歌手の浜田省吾を見かけた。もちろんその人はスカウトなどのミーティングではないだろうが、会議などでも使える貸し部屋なども、こうした大繁華街ではビジネスになるのだと感心したものだった。(イッセイ遊児)

|

« ホームレス自らを語る 第5回 死ぬまでここで暮らしたい/大関文治さん(80歳) | トップページ | 書店の風格/第18回 神保町をギュっとね! 本のすずらん堂 »

『吉原 泡の園』」カテゴリの記事

コメント

イッセイ様こんばんは。毎回楽しく読ませて頂いております。有り難うございます。スカウト専業で生活を賄える方は全体のうちどれ位でしょうかね?スカウトのみで生きていけるというのは、私個人は成功したのと同義であると言えると思います。なので成功する割合はどうか?と言い換えてもいいです。ごく少数ですよね?きっと。100人に1人とか。僕もソープの姫やボーイさんを見ていて感じますが、風俗や水商売の仕事は本当に厳しい。この世界で生きていくのは大変なことです。僕を含めてですが、普通のサラリーマンのほうがはるかに楽だと思います。

投稿: 援護団 | 2008年9月 5日 (金) 22時25分

援護団さんご無沙汰してます。私がやっていたスカウト集団でも、スカウトだけで食っていたのは、20人くらいの中でも2人でしたね。ほかはキャバクラスタッフ、ホストなどをやりつつ、というのがほとんどです。
風俗の仕事は辛いという話しですが、彼女らの多くは、家族の愛ってものを知らない。それを知る事なく、人生が終わるのかな、とふと思ったりすると、やるせなくなってしまいます。私などの力では、どうしょうもないですがね、だから、泡の園は、レクイエムでもあるのですよ。かっこよく言うとね。

投稿: イッセイ | 2008年9月 6日 (土) 20時19分

援護団さんご無沙汰してます。私がいたスカウト集団でも、20人位の中で、スカウトだけで食っていたのは2人だけで、後はキャバクラスタッフ、ホスト、大学生などでした。
風俗の仕事の事ですが、風俗嬢は、家族の愛を知らないコが多く、知らぬが故に、次世代にも愛を繋いでいけない。すごく寂しい気もします。だから、この泡の園は、無念で死んで行った、吉原ソープ嬢への、レクイエムでもあるのです。

投稿: イッセイ | 2008年9月 7日 (日) 07時18分

泡の園、終わっちゃったのかな?

投稿: 通りすがり | 2008年9月19日 (金) 15時16分

無念で死んで行った、吉原ソープ嬢の話にはなっていないと思うが。。。どうなんだろうか?予告?これから書くのかな。。。

投稿: | 2008年9月22日 (月) 10時17分

はじめまして 泡の園、とっても面白くて毎回見てます
いじわるマネージャーのキャラ最高です

スカウトは、みんなちょっとやって結果が出ないからすぐ辞めてしまいますが、きちんと努力していれば絶対結果は出る仕事だと思います
ただ、今は危なくてみんな辞めてしまいましたね

同じものを見ても、捉え方、感じ方は人それぞれだと思います
僕自身、風俗嬢や黒服を見て愛を知らないとか、大変そうとか、一切思ったことないので、風俗嬢というものを見て、そういう風に思う人もいるのかーと思うと勉強になります!

投稿: 元スカウトマン | 2008年9月24日 (水) 06時27分

連載終了ですか?
随分中途半端な‥

投稿: 773 | 2008年11月24日 (月) 11時23分

連載終了?

著者が闇の勢力に消されたんだろうか?

投稿: 通りすがり | 2008年12月21日 (日) 05時12分

いえいえ、関口さんは本の原稿執筆に向けて動き始めています。ピンピンしていますのでご心配なきよう(笑)

投稿: 大畑 | 2008年12月22日 (月) 21時56分

泡の園、書籍化されるんですか?
それならば長期休載も納得。

しかし毎週アップされていた連載ものが、アナウンス無しにブツ切りになるのはどうなんですか?
編集部はどうお考えなのでしょうか。

投稿: ヤス | 2009年1月 6日 (火) 18時33分

ヤスさま

応援いただいているのに申し訳ございません。現在、著者が非常に多忙であり、原稿を待ちつつ、今後の展開を考えているなかで、このような中途半端な状況になってしまいました。申し訳ございません。いずれにしても編集部としては、連載をどこような形でもつないでいきたいとは思っております。

投稿: 大畑 | 2009年1月 6日 (火) 18時53分

著者はお元気なのですか?連載復活を強く望んでいるのでよろしくお願いします。

投稿: ごん | 2009年5月11日 (月) 02時47分

こんな終わり方では、著者が麗嬢グループの上の組織に口封じされたとしか思えないです。

投稿: 怖いな | 2009年6月 2日 (火) 21時03分

まぁ確かに残念な部分はありますが、食えなかった仕事が、忙しいほど充実してるならそれはよいことじゃないですか!

投稿: | 2010年5月30日 (日) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122338/42377609

この記事へのトラックバック一覧です: 『吉原 泡の園』第77回/◆番外編◆ 楽して儲かるわけじゃない:

« ホームレス自らを語る 第5回 死ぬまでここで暮らしたい/大関文治さん(80歳) | トップページ | 書店の風格/第18回 神保町をギュっとね! 本のすずらん堂 »