« 書評 『心を静めて耳を澄ます』(創森社 鎌田慧 著) | トップページ | ロストジェネレーション自らを語る/第1回 33歳・男性・会社員 »

2008年8月 1日 (金)

『吉原 泡の園』第72回/金の受け取り忘れ

 義理風呂や夜の付き合いで、ボーイの財布事情は火の車だと書いた。しかも毎度のことではないにしても、ボーイならば一度は犯す大失敗があり、そのミスがさらなる貧乏生活にボーイを追い込んでいく。

 お客は店のフロントで入浴料を払うのが一般的だが、フロントに先客がいる場合は、フロント係はお客を待たせるのを嫌がりさっさと待合室に入れる。
 フロントは店の入り口にあるので、お客が怒って勝手に部屋から飛び出して帰ることがあり、それを追ってソープ嬢も飛び出すことも。そんなときフロントに客が詰まっていると、ソープ嬢のドタバタ劇を晒すことにもなりかねない。そもそもソープランドでは、部屋以外でソープ嬢と客がバッティングしてはならない。ましてお客を追いかける姿など、もってのほかだ。
 そうしたトラブルを避けるため、フロント係はとっとと客を待合室に入れてしまう。それからボーイがおしぼりとドリンクメニューを持って行き、「入浴料」と名前を変えたルーム使用料を貰う。金を受け取る革の銭入れを小脇に挟んでいくので、通常ならば忘れることはない。でも、ボーイの頭がテンパっていると、入浴料の2万5000円を貰い忘れてしまう。これが一大事なのだ。
 フロントも確認しないまま何事もなかったかのように時は流れ、店が終わったあとの集計で
「2万5000円足りねえ~」
 との声が響き、店は大騒ぎになる。
 この時ばかりは銀行顔負けである。帰りたくても帰れない。一体誰が犯人だ! とああでもない、こうでもないと議論が始まる。それで犯人がわかると、とり忘れた入浴料分は自分の給料から差っ引かれる。とり忘れた人が分からなければ、みんなの責任になりそれぞれ減給だ。

 また、運良く客がまだ店にいる時に、あのお客さんからお金貰ってねえ!と気がついたとしても、事態はさして変わらない。
 客も馬鹿ではない。
「え!?払ったよ、何いってるの?」
 たいていそう言ってすっとぼける。確実に貰っていないのに、客が払ったと言い張るケースはたちが悪い。そうなると店長クラスが出て行くことになる。ただ吉原はチンピラ風な客も多く、喧嘩にまで発展する場合さえあるのだ。
「もうくんじゃねえ!」
 裏口から店長が怒鳴り、客も負けずに
「もうこんなクソ店こねーよ」
 と怒鳴り返す光景が展開される。

 この手の悲劇は、何もボーイだけに起こるものではない。お客から金を貰い忘れる呑気なソープ嬢がいるからだ。お客が帰った後、慌てた声でフロントにコールしてくる。
「い、今のお客さんから、お、お金貰い忘れました」
 完全に帰ってしまった後ではもうお手上げ。そんな場合はソープ嬢がなくしかない。要するに、タダ働きである。
 また、ソープ嬢の取り分であるサービス料をボーイが先に受け取るケースもあり、それを渡した、渡さないとトラブルになる場合もある。
 先払いで全額フロントに預けてあったサービス料を、「ソープ嬢に渡して来い」と言われ、僕は金を持って部屋に行った。確かに渡したつもりだったが、忙しくていちいち覚えていなかった。すると、そのソープ嬢から「金はまだか?」と内線が来たのだ。
「おいマル、金は渡したのか?」
 と言われて、思わず固まった。
「ええ、はい確か!?」
 それでもソープ嬢は頑として貰っていないという。もう泣きたくなった。僕にしてみれば、渡したのに貰ってないと言われているのだから。たまたまそのときは、店長が僕を信じてくれて給料から差っ引かないでくれたのだが。

 ボーイはお客とソープ嬢に板ばさみ状態で、どちらからも責められる。そうした仕打ちを乗越えて、偉くなっていくのだ。(イッセイ遊児)

|

« 書評 『心を静めて耳を澄ます』(創森社 鎌田慧 著) | トップページ | ロストジェネレーション自らを語る/第1回 33歳・男性・会社員 »

『吉原 泡の園』」カテゴリの記事

コメント

いっせいさんから見て嬢で性格の良い子はいましたか?やっぱりくせのある娘が多かったですか?

投稿: たけし | 2008年8月 1日 (金) 01時41分

いっせいさんどうも。ソープで働く嬢ってやっぱり性格がワガママな子が多いんですかね?いっせいさんから見て性格的に良い子っていましたか?

投稿: たけし | 2008年8月 1日 (金) 09時08分

たけし君、はじめまして。嬢の性格なんてものは、男次第ですね。つまり、たけし君がいい男ならば、嬢は自ずとたけし君に対し、性格の良い女になる。そんなもんだと思いますよ。ちなみに、私に対しては、嬢たちは、仕事上切れることはあっても、根は良かったですよ。ま、それは私がいい男だからなのかどうかは、たけし君のご想像にお任せしますがね。ハハハ!

投稿: イッセイ | 2008年8月 1日 (金) 20時11分

たけし君はじめまして。嬢の性格ですが、それは男次第と言えますね。つまり、たけし君がいい男ならば、嬢は自ずとたけし君に対し、いい女になりますよ。ちなみに、私に対しては、仕事で切れる嬢はいても、根はいいコばかりでしたよ。そりゃたまには、どうにもならない性格の悪い嬢もいましたが、ただ、嬢にとっては金が第一ですからね、悲しいけど、金の力で性格を変えさせるのも、一つの技ですわね。

投稿: イッセイ | 2008年8月 1日 (金) 20時31分

たけし君はじめまして。くせのある嬢ですか?うーん、くせがなかったら、恐らく吉原では生きていけないと思いますね。ただ、それが自分で許せる範囲かどうかですかね!たまに、接客になっていないコもいますからね。ま、たけし君も、通っていいコを見つけてみればいいですよ。尽くしくれるコもいますよ。

投稿: イッセイ | 2008年8月 2日 (土) 01時16分

イッセイ様おはようございます。ボーイさんの中には店のお金を持ち逃げしたり猫ババするのがいるとの話を聞いたことがあります。貴殿はそのような事件を見聞きしたことはありますか?

投稿: 援護団 | 2008年8月 2日 (土) 04時14分

援護団さんお久しぶりです。横領事件については、泡の園に書いてある通りですが、オーナーは、数十年のソープ経験の中で、億単位で金を持ち逃げされたと言っていましたね、また、持ち逃げした人というのは、金が尽きると、また雇ってくれと、オーナーのところに来ることもあったそうです。ボーイは、そんなビッグなオーナーを間近で見て、いつかは自分もと思い、吉原ドリームなどと言っていましたね。

投稿: イッセイ | 2008年8月 2日 (土) 19時22分

コメント流行っているのか?なんか増えてるな…

投稿: | 2008年8月 2日 (土) 22時45分

イッセイ様こんばんは。お金を持ち逃げした犯罪者が、金がなくなったから又雇ってくれですか?(笑)普通の感覚じゃ考えられないですな。また、それを受け入れるオーナーの大らかさにも感服します。やはり、このように懐の深い人間でないとソープオーナーは務まらないのでしょうか。私にはとても無理です。

投稿: 援護団 | 2008年8月 4日 (月) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122338/42024488

この記事へのトラックバック一覧です: 『吉原 泡の園』第72回/金の受け取り忘れ:

« 書評 『心を静めて耳を澄ます』(創森社 鎌田慧 著) | トップページ | ロストジェネレーション自らを語る/第1回 33歳・男性・会社員 »