« 【スイーツ】元乙女のゲーム生活~緋色の欠片DS【ツンデレ】 | トップページ | ホテルニュージャパン火災後の廃墟・第15回 7階の廊下 »

2008年6月25日 (水)

私は神である

と唱える人が「本を出させろ」とおっしゃってきたり原稿を送ってくださる会社が我が社である。どういうわけか精神に異常を来しているとカミングアウトしてきたり、そうとしか思えなかったり、牢屋のなかにいたりする人から連絡がよく来る。
何年も公安につけ回されている人とか、自分のせいで教育基本法が改正されてしまった人とか、死ぬ死ぬとずっと叫び続けている(つまり死なない)人とか。何かそうした人物を引きつけるオーラが私から出ているのか。それはオーラか。

ある有名な右翼の方(武士の情けで名は秘す)が上記の如き人物から相談を受けて「だったらアストラへ行け」と助言されて訪ねてきたこともあった。うちは何なんだ。

だから『あの頃』著者の小林高子さんは例外中の例外。原稿持ち込み者の中で初めて普通の人に会った気がする。なお鎌田慧さんはこちらからお願いしている先生なので当然ながら例外である。悪しからず。

たぶん会社のありようが変なのだ。だから個性的?な人ばかり引きつける。どこがおかしいのか。
例えば本日(24日)の夕方、編集部の大畑が帰っていった。『記録』編集で徹夜したこと、それ以外にも取材と執筆で八面六臂の活躍をしていること、ついでに控え目かつ誠実に経費の精算を行っていることなどを雄弁にプレゼンして去った。そうか。安い賃金でご苦労さまと送り出し私は終電まで働いて、家に帰って原稿整理を1本やって、この記事を書いている。
そこでハタと思いつく。そうなのだろうかと。編集部がそんなに働いているのは本当なのかと。本当「らしい」のだが私自身が会社を留守にしている場合が多いので「らしい」までしか言えない。でも「らしい」のは感じる。そこは信じたいし信じてもよさそうだ。

そこで思い出すのが20世紀初頭のロシアである……じゃあない。それでは佐藤優さんになってしまう。思い出すのはマルクスである。これも佐藤さんか。まあいい。
マルクスによると労働者(編集部員)は提供する労働に比して安い給料しかもらえない。その差が資本家(私?私しかいない)の「搾取」となる……はずである。この公式に当てはめてみると確かに小社の給料は安い。そこはわかるけれども肝心の「搾取」の実感がまるでない。何を搾取しているのか全然わからない。それどころか私の個人技で得た金で安いけど、そりゃあ安くて悪いけど、給料などを支払う場合も珍しくない。
考えられるのは2つである。1つはマルクスが間違っている。もう1つは小社がマルクスの想定外の会社である。共産主義は嫌いでもマルクスの分析は正しいとする人は多いから前者は多分ない。となると後者となる。
マルクスの論は打倒すべき資本主義の悪しきありようを指している。その想定外ということは……小社は資本主義ではないのだ。もしかしたら共産主義の会社なのか。
待て待て。共産主義はプロレタリアート独裁でなければならない。編集部員はプロレタリアートであろう。「独裁」ということは私もその一員となる。搾取の実感がないのだからきっとそうだ。働いている実感はあるからそうに違いない!

でもそうすると説明がつかないことがある。私が給料などを支払っているという事実である。その立場にある以上は私は資本家のはずである。となると「上部構造としてのプロレタリアートに奉仕する下部構造の資本家」なのか。何て悲しい資本家なのだろう。
いやまたまた待て。マルクス主義に発した共産主義国家の建設はことごとく失敗した。その理由はさまざま分析されているも答えは未だし。正しい解答は、もしかしたら「奉仕する下部構造の資本家」がいなかったからではないか。そんな奇特な人間は論理的に存在しない。いないはずの者がここにいる。他ならぬ私である。ということは私は人間ではない。奉仕しているのだから人間以下ではあり得ない。となると私は人間以上である。

ということは私は神である。

……てな落ちを書きたくて書きました。こんなことを考えているからきっと冒頭のような方々が集ってくるのでしょうね。お粗末様でした。(編集長)

|

« 【スイーツ】元乙女のゲーム生活~緋色の欠片DS【ツンデレ】 | トップページ | ホテルニュージャパン火災後の廃墟・第15回 7階の廊下 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

…ということは私は人間ではない。
奉仕しているのだから人間以下ではあり得ない。
となると私は人間以上である。


論理破綻してます。


+ - 0

上も下もないの

人であり、上も下もない、人って?

だーれだ? ←なぞなぞです。


【答え】

峠から上と下をとれば…山

で、人と山をあわせると…仙

って、ことは…

編集長!あなたは仙人です。

参考URL
http://jp.youtube.com/watch?v=tA3Fey-P-20


♪(*^・^)ノ⌒☆ 気をつけろ~♪

投稿: littlekiss | 2008年6月25日 (水) 21時34分

あのlittlekissさん。野暮を承知で書きますね
冒頭「私は神である」という時点で破綻しているわけで、それを嘆きつつ結論として「私は神である」と導いてしまう私は何て破綻した人間なのでしょうというのをへんてこ(破綻した)な論理で、でも下手すると騙せるかも……みたいなつもりで書いてます
littlekissさんはわからずにコメントしたのか。だったらアホですが「なぞなぞ」読むと見抜かれているとしか思えない。だったらlittlekissこそ野暮か。
と裏読みするなという意味で「気をつけろ」なのかも。ひねくれた嫌なコメント。だから大好き!

投稿: 月刊「記録」編集長 | 2008年6月25日 (水) 23時15分

もうー 編集長たら

“ だから大好き!”

(*^^*)ポー 照れます。

んじゃ、返歌おいてきます。

http://jp.youtube.com/watch?v=VrMpz_MQLNU

http://jp.youtube.com/watch?v=HKOpvoaN0ps&feature=related

http://www.soumu.go.jp/s-news/2004/pdf/040728_4_03.pdf

投稿: littlekiss | 2008年6月26日 (木) 01時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122338/41641837

この記事へのトラックバック一覧です: 私は神である:

« 【スイーツ】元乙女のゲーム生活~緋色の欠片DS【ツンデレ】 | トップページ | ホテルニュージャパン火災後の廃墟・第15回 7階の廊下 »