« 萌えずに遊ぶ乙女ゲーム~ヘブン状態再び~ | トップページ | ホテルニュージャパン火災後の廃墟・第6回 ねじ曲がる金属管 »

2008年4月23日 (水)

光市母子殺害事件被告へ死刑判決

無期懲役判決に対して最高裁が「量刑は不当で、著しく正義に反する」「特に酌むべき事情がない限り、死刑を選択するほかない」と高裁へ審理を差し戻した以上は死刑判決しかあり得なかった。上告審での破棄差し戻しの理由には2審まで考慮した被告が未成年(犯行時)であった点や更正の可能性も踏まえた上だったから、ここを差し戻し審で被告弁護側が持ち出しても死刑判決は確実である。

さて以上のような構図での差し戻し審とはどんな意味があるのか。つまり死刑判決以外に事実上あり得ないと最初から決まっている裁判にどんな意味があったのか。

「ある」とする有力な意見は主に法律論に発する。すなわち事実審へ戻した方が自判するよりも被告人の利益にもかなっていると。

でも「ない」ともいえる。おおかたのマスコミは黙っているけれど06年の破棄差し戻しの時点で「これで死刑は決まったな」と報道する側はわかっていたはずだ。もし差し戻し審で無期懲役判決を出しても検察側上告の結果として再び差し戻される公算が大(というより確実)だから。それ以前に上級審にそこまで言われて死刑判決を出さない下級審はあり得ない。被告弁護側は上告するようだが、おそらくは2次上告審では棄却されて死刑が確定するだろう。以上をもって差し戻し審以降、今後そうなるであろう上告棄却まで含めて始めに結論ありきの茶番劇、暗黒司法の最たるものだと批判できなくはない。

では今回の判決を「ない」の立場で批判できるか。司法のあり方にかねてより疑問を抱いている私としては批判したいところだ。しかしこの事件に限ってはどうしても被告を擁護する気になれない。

この事件は大きな流れでみれば永山基準とそれに沿ってきた判例の修正が進んでいるといえよう。かねてから批判されてきた「命の価値」問題が1つ。つまり永山基準で示された被害者の数が2人であっても無期の「量刑は不当」という方向へ変わってきた。と同時に「遺族の被害感情」「社会的影響」も以前より重んじられてきた。
その点で差し戻し審の被告弁護側の主張は拙劣との印象がぬぐえない。判決文で指摘された新供述の「不自然」や「荒唐無稽」は多くの人の意見と同一であろう。なるほど差し戻し以前の殺意などの認定を覆さない限り「特に酌むべき事情」にはならないとの法廷戦術は戦術そのものとしては素朴にわかる。否認以外に方法が思いつかない現状で「起訴から6年以上して新たな供述を始めたのは不自然」(判決文より)とされたら立場がないと一応いえる。
しかし新供述で繰り出されたさまざまは正直いってここに書くのもはばかられる内容だった。遺族でない第三者の私でさえそうなのである。遺族の怒りはもっともであり、むしろ永山基準の「遺族の被害感情」を極大化してしまった結果となった。そればかりか意見表出のやり方の是非はむろんあろうけれど、被告弁護側の主張に対する「社会的影響」を批判の方向へ増大させたのは間違いない。それが事実審における裁判官の心証に影響を与えたとはいわないまでも結果として「虚偽の弁解」により「死刑を回避する事情を見いだすすべがなくなった」と量刑判断されてしまった。
元々1・2審の無期懲役判決は殺意の有無やアリバイなどが争われた結果ではない。したがって差し戻し審が新供述を認めない以上は主に1審判決を逐次追認していくのは当然である。

最高裁が差し戻して死刑が確定したのはこれまで2例。うち前記永山事件は環境の劣悪さに一定の配慮は示されたものの極刑は免れず、福山市女性強盗殺人事件の元被告は更正の余地を最後には否定されたに等しい。だからその線で争っても勝ち目はないと被告弁護側が考えたのは繰り返すけど「戦術」としてはわかる。しかし弁護士法1条に「社会正義を実現することを使命とする」とある以上、たとえ隘路であったにせよ裁判所に「不自然」と連発される新供述ではなく犯行時の被告の本当の心理や犯行後に酌むべき情状を誠実に訴えていった方がよかったのではないかと思えてならない。

しかしそれがなかったならば。具体的にいえば永山則夫元死刑囚にあったような贖罪と推定できるような言動がなかったり、きわめて乏しかったとすれば弁護人にできることは何だったのかと考えると難しい。「荒唐無稽」と決めつけられるような主張をする以外に方法がなかったのか。被告へのアプローチに課題はなかったのか。できればそこが少しでもわかるような2次上告審であってほしい。(編集長)

|

« 萌えずに遊ぶ乙女ゲーム~ヘブン状態再び~ | トップページ | ホテルニュージャパン火災後の廃墟・第6回 ねじ曲がる金属管 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 光市母子殺害事件被告へ死刑判決:

« 萌えずに遊ぶ乙女ゲーム~ヘブン状態再び~ | トップページ | ホテルニュージャパン火災後の廃墟・第6回 ねじ曲がる金属管 »