« ホテルニュージャパン火災の爪痕・第1回 投げ出されたホース | トップページ | 『吉原 泡の園』第60回/げに女は恐ろしき »

2008年3月21日 (金)

『あの頃』が歌になった!

 昨年7月、小社から『あの頃』を出版した小林高子さんから嬉しい知らせが届いた。彼女の本に感動した友人のミュージシャンが、本にインスピレーションを得た曲と詩を作ったという。その後、バンド「GATE」のメンバー2人と小林さんが頭を付き合わせて、詩の表現を固めていったそうだ。

 

目を閉じて キミの名前を呼んだ
誰よりも 特別な名前
朝も昼も夜も どんなときでも
空を見上げて 思い出す
Best of my love

退屈な毎日 見慣れた景色
何も言わずに さよなら告げる日々

ためらうこともなく 過ぎる時間が
涙の跡を乾かしていた

もう一度だけ キミに会えるなら
この両手で強く抱きしめてる

 その詩の一部である。
 18歳で彼をガンで失った彼女の悲しみが詩から浮かび上がる。作詞・作曲を手がける Koさんも、かなりの自信作になったと語る。小林さん自身も「人の命の大切を伝えたかった。とてもステキな詩に仕上がりました」と喜びの声を伝えてくれた。

 出版から半年以上がたったが、この本は不思議な広がり方をしている。本に感動した読者が、小林さんにいろいろと働きかけるのだ。刑務所などで講演会を開こうと動いている人もいる。
 彼女が原稿を抱えて初めて小社を訪ねてきたときから、「命を大切にするというメッセージを発信したい」と彼女は言い続けてきた。出版にこぎ着けるための宣伝文句かと当初は聞き流していたが、数ヶ月後に本気だと実感した。知人からの相談に、彼女が時間を惜しまずに対応していたからだ。

 寂しさから悪さを繰り返している青年、事件で子どもを亡くした遺族などなど。年齢や性別も超え、彼女は相談者の話に耳を傾け続けていた。そうした時間の積み重ねが、『あの頃』を触媒にしてさらに広がっているようだ。

 冒頭で紹介した歌は、4月19日(土)に川崎の会場:ラ チッタデッラ 中央広場(http://lacittadella.co.jp/)で初披露される。2日間で60組が出場する「アジア交流音楽祭」での演奏というから、きっと盛り上がることだろう。

 著者の小林さんは舞台に出演し、私は入り口近辺で『あの頃』を売っている予定です。入場無料なので、お近くの方はぜひお越し下さい。で、よかったら『あの頃』を買ってくださいね。(大畑)

●イベント詳細
「アジア交流音楽祭」
日程:4月19日(土)
出演時間:15:45~16:15
会場:ラ チッタデッラ 中央広場
http://lacittadella.co.jp/

|

« ホテルニュージャパン火災の爪痕・第1回 投げ出されたホース | トップページ | 『吉原 泡の園』第60回/げに女は恐ろしき »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『あの頃』が歌になった!:

« ホテルニュージャパン火災の爪痕・第1回 投げ出されたホース | トップページ | 『吉原 泡の園』第60回/げに女は恐ろしき »