« ドリームボックス 第1回 ポーランドより自己紹介 | トップページ | 『吉原 泡の園』書籍化について »

2008年1月25日 (金)

ハチクロはオヤジにヤバイッス

 ぎゃー、どうしていつもギリギリになってしまうのだろう。あと、7分で旅行にでなければならないが、ここでブログの原稿を書いてないことを思い出した。
 いきなり考えても頭真っ白。まったく書くことが思いつかないので、反省を込めて、ここ数日なぜ原稿が書けなかったのかを振り返ってみる。通常の仕事がバタバタしていたのもあったが、まず書く気になれなくて酪農関係の資料を読み過ぎたのがイカンでした、はい。
 しかも気分転換に付けたテレビで『ハチミツとクローバー』の再放送がやっていたのもヤバかった。全員が片思いの青春アニメの傑作は、30代後半、冴えないライターの心を鷲づかみッス。ラストに竹本がはぐみちゃんから、4つ葉クローバー&ハチミツのはさまったサンドイッチをもらうシーンで、朝方4時に不覚にも号泣。
 なんて素敵な青春なんだ。こんな心をオイラは忘れちまった~! と編集部で独り騒いでいたわけだが、よく考えたらただの現実逃避だった。大学生時代から小ズルかった私に、そんな青春時代があったわけでもないし……。
 以前、この漫画が好きではないと語る20代の女性と話したときに、あまりの青春ぶりにこの漫画を読むと恥ずかしくなると言われた。なるほど! 青春のただ中に居る人にとって、この漫画そのように映るのだなとオジサン遠い目をしてしまったものだ。
 もう青春がすっかり過去のものとなり、それなりに美化もし終わった者にとって、青春らしい青春が描かれた物語ほど甘美なものはない。まったく恥ずかしげもなく涙しちまったりするわけであった。ふむ。
 これに現実逃避がくっついたら鬼に金棒。もう原稿なんてそっちのけで、のめり込むのも分かるというものであった。
 というわけでヒドイ原稿ですみません。記録本誌は頑張ったので、よければ買ってください。では、さようなら。(大畑)

|

« ドリームボックス 第1回 ポーランドより自己紹介 | トップページ | 『吉原 泡の園』書籍化について »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122338/17758233

この記事へのトラックバック一覧です: ハチクロはオヤジにヤバイッス:

« ドリームボックス 第1回 ポーランドより自己紹介 | トップページ | 『吉原 泡の園』書籍化について »