« 守屋武昌氏にまつわる問題の謎 | トップページ | 国民生活センターを整理かよ! »

2007年12月13日 (木)

浦和が弱いんじゃない、ミランが凄いんだ(にわかサッカー評論家風に)

アジアナンバーワンの座についたチームである。このトヨタW杯でも浦和レッズはセパハンを下している。が、欧州王者・ミランには遠く及ばなかった。
インザーギ、ピルロ、ネスタ、ガットゥーゾに加えて後半には39歳マルディーニまでが登場。少し世代の古いイタリア代表祭でもあった。この時点でカルチョ・ファンには満足。が、最大の満足はやはりブラジル代表カカ。トゥーリオ、坪井の日本代表クラスのDFを引き連れてのバイタルエリアでの動きはやっぱり別格。
浦和ファンには悪いけど、カカのボール裁きを見ることができたので見る価値はあったでしょう。
すばらしいフットボーラーを見るとなぜか生きる勇気のようなものがわいてくる。(宮崎)

|

« 守屋武昌氏にまつわる問題の謎 | トップページ | 国民生活センターを整理かよ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浦和が弱いんじゃない、ミランが凄いんだ(にわかサッカー評論家風に):

« 守屋武昌氏にまつわる問題の謎 | トップページ | 国民生活センターを整理かよ! »