« ■月刊『記録』1月号発売! | トップページ | 『吉原 泡の園』 第48回/花魁を追う者 »

2007年12月28日 (金)

タイゾーもさくらパパも議員向き!?

 先日、起業に興味を抱く学生と話す機会があった。その学生の思う社長に必要な能力は論理的な思考力だという。その話を聞いて、「なるほど」と思った。学生時代には自分もそんな風に考えていたからだ。

 頭の回転が速く、理屈に強い人物は学生時代のヒーローである。しかし社会に出て成功しているベンチャー企業の社長などにお会いする機会を得て、頭の回転などビジネスの成功にさして関係ないんじゃないかと思うようになってきた。理屈なんか通らない、一見メチャクチャな計画や目標を掲げた社長でも成功するときはするからだ。
 むしろ社長として重要なのは、少々ムリな話でも周りが応援したくなるような人間的な魅力を持っていることであり、仕事が回ってくる人脈をきちんと押さえていることだろう。

 このような理想像のズレは珍しいことではない。例えばライターという職業にかんしても、出版業界にいない人は文章力の有無を気にしがちだ。しかし編集者としての私はフットワークの方が気になる。こうした違いは、おそらく対象の職業との「距離」によって引き起こされるものだろう。ライターに直接仕事を頼む編集者と、できあがった作品を読む読者で「距離」が違うのは当然。その差が実務のとらえ方にも表れる。

 さて、長い枕になったが、じゃあ、理想の政治家とはどのようなものだろう? 
――カネに清潔で、政策をしっかり判断できる能力があり、実行力があり、ときに既得権益と闘う勇気がある――
 こんなところか。
 しかし最近話題になった政治家の発言を考えると、こうした政治家の理想が実情をまったく反映していないもののように思えてしまう。「さくらパパ」こと横峯良郎・民主党参院議員は、政治のバラエティー討論番組で自らの愛人問題を揶揄されると、「『よく出て来たな』なんてよく言えるな、オイ!腹立つ。何か知ってんのかよ!! だから何か知ってんのかよ!!」と逆ギレ。

 次期衆院選の自民党北海道1区の候補者の公募に名乗りをあげ、あえなく落選した杉村太蔵衆院議員は自己アピールで「現職(議員)の強みは、財務大臣に会おうと思えばあえるんです」と語ったとか。政策を持ってないのに大臣に会ってどうする。大臣はミッキーマウスか!(まあ、「中の人」が官僚のディズニーキャラクターが大臣と考えた方が、しっくりくるが)。
 この2人はもともと政治家としての資質を疑われていた人物だった。ただ、国会議員として大過なく過ごしてきたことも事実なのだ。

 もう少し別な政治家も考えてみよう。
 東国原英夫・宮崎県知事はどうだろう。イメクラで16歳の女の子と楽しんじゃったのは風俗店選びに失敗したからといった言い訳も通用しそうだが、フライデー編集部襲撃と弟子の頭を蹴って書類送検された事件は、「政治家としてどうよ」と言われても反論ができまい。
 ところが政治家になってからは、宮崎県の特産品の知名度は上がるし、鳥インフルエンザも的確に押さえ込んだし、となかなか評判がよい。礼儀を覚えさせるのが目的で「徴兵制があってしかるべきだ」などと発言する政治家など、私自身はまったく信用できない。しかし知事として次第点を取っているとはいえるだろう。

 では、安倍晋三前首相はどうだろうか?
 いまなら彼の政治的センスをほめる人などいないだろうが、少なくとも首相就任後しばらくは大絶賛されていた。実際、首相なるまで政治家として無難に歩んでいたのである。
 いまや批判の矢面に起たされている福田康夫首相も官房長官時代も、その手腕が高く評価されていた。

 さて、安倍・福田両氏を政治家としては有能だが、首相として器が足りなかっただけと言い切れるだろうか? 残念ながら政治家としての能力が足りないのだと思わざるを得ない。

 こうやって実際の政治家を並べると、理想像どころか政治家として最低限必要な能力まで分からなくなる。案外、理想も最低限必要な能力も、顔が売れていることだけだったりして。そうならば杉村太蔵議員は、もっとも「有能な」議員の一人となる。
 怖いッス……。(大畑)

|

« ■月刊『記録』1月号発売! | トップページ | 『吉原 泡の園』 第48回/花魁を追う者 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

議員の資格なしです、二人共子供でしょう。
横峰氏は議論にふさわしい言葉使いができない田舎者です。ゴルフコーチが精一杯でしょう。
子供の頭を小突くような口調は認められません。

投稿: CCCP | 2007年12月28日 (金) 15時41分

元弁護士の丸山氏もケラケラとバラエティー番組に出てる場合じゃないのではないでしょうか?
国民はもっと怒らなければいけません。

投稿: com | 2007年12月29日 (土) 12時31分

私が個人的に政治家に求めるものは若さ・熱さ・わかりやすさ…です。

テレビに出ているような政治家のお偉いさんは何であんなにおじさん、おばさんばかりなんでしょうか…。

しかも、人相が悪すぎて『お金に対してクリーンです』なんて言っても信用なんてできません。

言葉遣いなんてどうだっていいからもっとわかりやすく熱くなって欲しいと思います。

総理を責める時ばかり熱くても仕方ないです。

投稿: うたたん | 2007年12月30日 (日) 09時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タイゾーもさくらパパも議員向き!?:

» フランチャイズ起業・虎の巻 [フランチャイズ起業・虎の巻]
フランチャイズはbstyleなどで情報戦略が不可欠。フランチャイズで飲食店以外でも将来性のある最新の話題を発信します。 [続きを読む]

受信: 2007年12月28日 (金) 20時34分

» さくらパパ [日本シリーズ進出 ロッテ  日本ハム  クライマックスシリーズ  王手 ]
さくらパパこと横峯議員、漫画家やくみつる氏にビ番組内での発言に説明 ...逆にさくらパパに寄付の説明をして欲しいのだが、、、http://newsing.jp/entry?url=www.sponichi.co.jp/society/news/2007/12/28/03.html 暴言連発さくらパパ!! やくみつる氏に文書にて謝罪要求!12月25日に放送された『爆笑問題の証人喚問 太田内閣がアノ関係者とっちめちゃうぞSP』にてやくみつる氏とさくらパパこと横峯議員(横峯良郎)が大論争になってしまった... [続きを読む]

受信: 2007年12月29日 (土) 00時55分

« ■月刊『記録』1月号発売! | トップページ | 『吉原 泡の園』 第48回/花魁を追う者 »