« 続・亀田一家をほめたたえる | トップページ | やっぱり亀田興毅は最強か!? »

2007年11月 1日 (木)

いつもお世話になっている全国書店様へのラブレター

 本を買うとき二つ折りの紙が挟まっているのを見たことがある方も多いだろう。レジで書店員様がサッと抜き取り、読者の皆様方にの手に渡ることこそないが、あれこそ出版社の経営資本。そう「スリップ」である。
 このスリップの片側は「売上げカード」、もう一方が「補充用注文書」となっている。この「補充用注文書」は書店様からのラブレターというべきもので、注文となって取次から小社に送られてくる。
 私は編集部に入ってからずっと、このスリップ(注文伝票)のデータ打ち込みをやってきた。当たり前のことだが書店は全国津々浦々あり、たくさんの地名と書店名を知り、そして覚えた。 
 ここ数年、出版不況、書店数の激減、活字離れなど暗い話題が出版界を覆っているが、スリップの処理をしているとそんな話が嘘のように思えてしまうほどたくさんの店舗が全国にある。
 さて、先日出版した『あの頃』(小林高子 著)が、小社始まって以来最高の売れ行きで、編集部内がプチバブルに踊っている。もちろん著作の良さ、編集者、営業の努力もあるが、出版をしても書店から注文がなければどんな良書でも売れることはない。
 今こうして喜んでいられるのも注文をしていただいた書店様がたくさんあったからこそ、という編集長の言葉のもとに、日頃の感謝の意を込めこのブログを使ってお礼をさせてもらうというのが今日のテーマである。
 本来ならば、ブログではなく全国行脚して直接お礼に行くのが礼儀なのだが、なにゆえ弱小出版社なゆえ人手が足りず不可能ということで、その旨は了承いただきたい。
 最初に厚くお礼申し上げたいのが、TSUTAYA様と、未来屋書店様。TSUTAYA様からはたくさんの注文をいただきました。そして、営業に行った折りも手厚く対応をしていただきました。その節はありがとうございました。
 未来屋書店様は、たくさんの注文に加え、必備にもしていただきました。両書店様からは、現在も全国の店舗からの注文、さらに新規出店の際もたくさんの注文をいただきました。ありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。
 続いて、紀伊國屋書店様。『あの頃』に限らず小社の出版物を多数取り扱っていただいております。弱小出版社の場合、新刊が出ても大手書店で平積みになることが少ない中、予約注文の時からたくさんの注文と平積みをしていただいています。頼りになる書店として信頼しております。拙著も並べてくださいましたことも、重ねてお礼申し上げます。
 そのほかにも、全国に展開しているジュンク堂書店様、くまざわ書店様、文教堂書店様、明屋書店様からも、たくさんの注文をいただきました。ありがとうございました。
 他にもたくさんの書店様からたくさんの新規注文、補充注文をいただきました。一店、一店名前を挙げてお礼をしたいのですが、やはり全国に何百、何千とありそれができないのが悔やまれます。たくさんの注文ありがとうございました。そしてこれからもたくさんの書籍を出版していきますので、その際はどうぞよろしくお願いいたします。小社一同、改めてお礼申し上げます。
 今後ともよろしくお願いいたします。(奥津)

|

« 続・亀田一家をほめたたえる | トップページ | やっぱり亀田興毅は最強か!? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
以前、派遣で製本会社に行っていた時にスリップをせっせと挟んでいた事を思い出しました。
書店でぼろぼろになったスリップを見ると今でも悲しい気持ちになります。
スリップ1枚にいろいろな思い入れがあるんだなって思ったのでコメントしました。

投稿: うたたん | 2007年11月 4日 (日) 01時14分

コメントありがとうございます。
スリップを挟んでいたことがあるんですね。
たかが紙ですが、書籍を作る側の人にはさまざまな思いがあります。
私もぼろぼろになったスリップを見ると、切ない気分になります。

投稿: 奥津 | 2007年11月 5日 (月) 14時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122338/16938186

この記事へのトラックバック一覧です: いつもお世話になっている全国書店様へのラブレター:

« 続・亀田一家をほめたたえる | トップページ | やっぱり亀田興毅は最強か!? »