« 今月の洋楽-ケリー・クラークソン | トップページ | 参院選・伝えられなかった異色候補者の主張/神田敏晶氏・和合秀典氏 »

2007年8月 1日 (水)

自民大敗で「うれしさを/包みかねたる/袂より」

うれしさを/包みかねたる/袂より/悲しき露の/など零れらむ

うろ覚えでゴメンナサイ。確か香川景樹の歌だ。結婚式での父の心境をイメージしたとも言われている。したがってシチュエーション設定はまったく違うものの参議院議員選挙における自民大敗の報を聞いて真っ先に思い出した歌だった
「おめでとう」「よかったね」といったメールなりをくれた多数の皆様。まあうれしくはある。前にも書いた。私は自民党が嫌いというよりもウンザリなのだ。物心ついてからずっと(細川・羽田政権の一瞬を除いて)自民党。下手すれば死ぬまで自民党。油ギッシュなオヤジが闊歩する風景など見たくないと自ら油ギッシュなオヤジの歳になり、その油も薄れかけた今でも続く自民党。それが崩壊するならば大歓迎……のつもりだった。
しかし安倍晋三首相の続投とその後の会見を見聞きしてがく然とする。続投を許す自民党へだ。自民党に期待などしていなかったはずなのに「歴史的大敗」を喫してなお代わりを出せない弱さには寒々とする。同じような大敗で交代したパターンは「宇野宗佑→海部俊樹」と「橋本龍太郎→小渕恵三」がある。多少語弊があるけど海部俊樹や小渕恵三ほどの人材さえいないのか。
そして安倍晋三総裁の続投会見である。私は「正体不明」と書いてから安倍首相のことをほとんどここに記してこなかった。ありていに申して興味を持てなかったからである。だから大畑の「今週の安倍」に任せてきた。だが今回は私が書かねばならないと安倍首相張りの「自己満足な使命感」(後述)を感じたので以下に述べる。

「反省すべきは反省する」……「右手とは左手の反対である。左手とは右手の反対である」といったトートロジーに近い。何かを説明しているようで何も説明していない
「私の国造り」「新しい国をつくっていくために」……アンタは大国主神か。そんなことを頼んだ覚えはない。多分自民党支持者も頼んでいない。いつの間にか自分勝手に目標を定めて使命感を抱いている。まあ自民党結党以来初めて参議院議長を野党に取られ(見込み)衆参が同じ国の民が選んだとは思えないほどねじれる立法府と敗軍の将にもかかわらず続投する首相という構図がすでに「新しい国」ではあるけれども
「基本路線については多くの国民のみなさまに理解していただいている」……「多くの国民のみなさま」は今回自民ノーと投票した。それが「基本路線」の「理解」とどうしてなるのか。新手の超訳? それとも今回の投票結果は「基本じゃない路線」への無「理解」なの?
「ここで逃げてはならない」……責任を取って辞任する行為は我が国の首相にとっては「逃げる」に値するらしい。三十六計によると万策尽きたら逃げるが上策のはず
「人心を一新せよというのが国民の声」……その代わりに閣僚を「一新」すると。だったらもう少し先に辞めさせてくれてもよかったじゃないかと泉下より松岡勝利さんから怨み節。それを選挙前にやってくれれば後ろから銃弾を浴びる苦戦を強いられなかったと討ち死にした落選議員のうめき。そんな内閣でもデージンになりたい権力亡者の舌なめずり。地獄絵図だ。ていうかそれが「国民の声」なの?「国民の声」は綿貫先生の党の言葉だ。うちの総理は鉄砲の音が小鳥のさえずりに聞こえる聴覚の持ち主のようだ。

と悪態をついてみても「悲しき露」がこぼれてくる。それが私の国の、私も属する国のトップであるのだから。

「悲しき露」の理由はもう1つ。勝ったのが民主党という事実だ。民主党(嘆息)。『記録』編集部に信じられない対応を取って当ブログで叩きまくった民主党。二大政党とはこういうことなのか。より良い方を選ぶのではなく悪い度合いが少ない方を選択するのが。あまりいい制度ではなさそうだ。

一服の清涼剤は大勝した民主党本部に小沢一郎代表が現れなかったこと。「遊説疲れと風邪気味」が理由という。本当ならばお大事にというところなれど信用していない。きっと候補者のボードに花をつけて喜ぶ姿を映されたくなかったに違いない。現れたらそうしなければならないし、その際に仏頂面とはいくまい。しかし「命をかける」小沢代表にとって今回の勝利は「命拾い」に過ぎないから笑っている場合ではない。事実「医者から静養するよう言われている」としながらモンゴルで中田ヒデとサッカーに興じる姿がテレビで放映されていた。エッ、それは別人。これはまた申し訳ありませんでした。

いずれにせよ、だったら欠席してしまえ、と。「歴史的大勝」なのに記者会見さえキャンセルする行動から「こんなことで喜んでいるんじゃねえよ」との脅しが聞こえる。1998年の自民惨敗後、小渕政権を追い込めたはずの菅直人民主党は「政局にしない」との姿勢で小沢自由党をいたく落胆させた。今度は自身であるから間違いなく「政局にする」であろう。そのラストダンスだけには期待する。ジダンの頭突きみたいな終わり方だけは止めてよね(編集長)

|

« 今月の洋楽-ケリー・クラークソン | トップページ | 参院選・伝えられなかった異色候補者の主張/神田敏晶氏・和合秀典氏 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自民大敗で「うれしさを/包みかねたる/袂より」:

» レイニィーのつぶやき [レイニィーのつぶやき]
レイニィーのつぶやき [続きを読む]

受信: 2007年8月 1日 (水) 01時58分

« 今月の洋楽-ケリー・クラークソン | トップページ | 参院選・伝えられなかった異色候補者の主張/神田敏晶氏・和合秀典氏 »