« 参院選・伝えられなかった異色候補者の主張/神田敏晶氏・和合秀典氏 | トップページ | 『吉原 泡の園』 第28回/「おあがりなさいませ」 »

2007年8月 3日 (金)

「ばんそうこう」赤城切りは殿のご乱心なのか?

 もしかするとノイローゼで正常な判断ができなくなっているのかも、と思わせるほど奇怪な行動連発の今週の安倍晋三であった。
 歴史的惨敗を受けての続投、そして赤城徳彦農相の更迭である。

 まず「機先を制した」と評された(?)投票結果が出る前の続投表明。民意など関係ないというなら選挙前の続投も問題なかろうが、彼としては民意を受けての続投なのに、選挙結果が出る前に続投宣言するというから不思議だ。
 そして惨敗から一夜明けた30日の会見でも理屈の通らないコメント満載。
「すべての責任は私にある」と言いながら「政権の基本路線は多くの国民に理解されており、間違ってない」と断定。その根拠が「(街頭演説などで)聴衆の反応感じたから」だという。
 すでにいろいろなところで指摘されていることだが、本人が「安倍を取るか、小沢を取るかの闘いです」と選挙演説しておいて、「小沢」を国民が取ったら私の「基本路線」は「間違ってない」と。そのうえ「人心を一新せよというのが国民の声だ」と、自分以外の「人心の一新」という不思議な「国民の声」を聞いたらしい。

 当人としては「約束した改革を進め、実行する責任があると信じている」と語っているが、首相になったとき改革を約束した相手は小泉純一郎前首相である。一応、形式ばかりの投票も行われたから、その分を認めても自民党員ぐらいにしか約束してない。国民から改革を信任されて首相になったわけではないのだ。初めての国政選挙こそが、その信任を得られるかの評価となる。つまり改革を掲げて首相になったことは間違いないが、国民と約束したわけではない。今回の選挙結果を当たり前に受け止めるなら、改革路線が否定されたととらえるべきだろう。

 それでも安倍首相の記事を読み続けてきた者として彼の気持ちを無理やり解釈していくと、首相就任当時の人気こそ「改革を続けよ」という国民の意思に満ちあふれたもので、現在の不人気は閣僚や年金官僚が足を引っ張った結果だから自分には責任がないということなのだろう。かなり異様な考え方だが、こうした現状認識は首相だけのものではない。
 選挙前、「年金や政治とカネなどくだらない問題が選挙の争点になってしまった」と幾人かの評論家が語っていた。本当に議論すべきは、政治の流れを大きく変えるはずの「戦後レジームからの脱却」だと言いたかったようだ。こういった主張の人からみれば、戦後の首相が手を付けなかった問題に取りかかっているだけに、志半ばにして首相から引き下ろすのは惜しいと感じるのかもしれない。

 しかし国民が審判したのは、本当に年金問題や事務所費問題だけだろうか? むしろ国民の生活が疲弊しているのに、高邁な理想ばかりをぶちあげては数を頼りに法律改正していく政治姿勢そのものではないのか。その意味で民主党のキャッチフレーズ「国民の生活が第一。」は、まだしも民意をとらえていたとも思う。
 結局、収録1時間にウン十万のギャラが振り込まれる評論家や、三代続く“名門政治家のボンボン”に、国民の苦労など分かるはずもないってことだ。

 いまごろボンボン首相は、自分が非難され続ける「異常事態」を「正常化」するための方法を考えていることだろう。彼の論理でいけば「正当な判断が下される状況なら国民から支持を得られる」のだから。
 で、とりあえず戦犯のバンソウコウを自ら呼びつけ首を切った。
 しかし、こんなタイミングを外した更迭など国民から歓迎されるはずもない。高まる内閣改造への圧力を下げるためという理屈は、あくまでも自民党内部の論理で一般には理解しがたいからだ(理解したくもないし)。

 今後、党内で反安倍の動きは強まるだろう。小沢民主党代表も政界再編に向けて自民党に手を突っ込んでくる。それらへの内向きの対応によって、ますます国民からの信頼を失っていく。そんな流れのなかで、おそらく首相は御高邁な改革に手を付けることなく、首相としての生命を終えていくことになるのではないか。
 そのころには国民の声をまったく理解できない政治家として名を上げ、首相として国民を啓蒙するどころか、すでに政治生命すら終わっているかもしれない。合掌。(大畑)

|

« 参院選・伝えられなかった異色候補者の主張/神田敏晶氏・和合秀典氏 | トップページ | 『吉原 泡の園』 第28回/「おあがりなさいませ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ばんそうこう」赤城切りは殿のご乱心なのか?:

« 参院選・伝えられなかった異色候補者の主張/神田敏晶氏・和合秀典氏 | トップページ | 『吉原 泡の園』 第28回/「おあがりなさいませ」 »