« 先日のロシア 第10回 夏休み見学編~ロシアバレエ、舞台芸術の世界~ | トップページ | 『吉原 泡の園』 第30回/業界ではそれを“義理風呂”と呼ぶ »

2007年8月17日 (金)

ワーキングプアや格差社会の原点とは

 ワーキングプアが社会問題化している。この原因の1つが1985年に制定された労働者派遣法であることは間違いない。当初、技術職だけに認められてきた派遣業務は00年、04年の改正により、さまざまな業務に「解放」された。社員よりも雇用調整しやすい派遣に企業が群がり、いまや派遣業務は4兆円市場という。すでにキヤノンなど一流企業でも、社員の4割以上が非正社員である。

 技術を身に付けられるわけでもなく、身分の保障もなく、賃金も安い。そのうえ年齢が高くなれば仕事が紹介されなくなる。このような非正社員が未来を夢見られるはずがない。高まる年齢におびえながら、とにかく毎日を切り抜けるしかないだろう。終身雇用制が崩壊していなければとも思いたくなる。
 しかし終身雇用制が当たり前だったバブル期以前の日本は、すべての労働者が幸せだったのかというと違う。以前、わたしはホームレスの人々に取材を繰り返していた。そこで分かったことは、そもそも日本は格差社会であり、企業は労働者の幸せなど考えてないという事実だった。
 正社員という枠からはみ出た人を危険な現場でコキ使い、景気が少しでも悪くなればクビを切る。そんなことが経済成長期にも、バブル期にも当たり前に行われてきたのだ。ただ正社員がその現場を見なくて済むような「隠蔽」がなされていたのにすぎない。

 その意味で現在の格差社会やワーキングプアの問題は、突如として発生したものではない。むしろ今まで隠れていた「制度」が、目立つところまで拡大しただけなのである。鎌田慧氏が書いた『全記録炭鉱』(創森社)を読んで、改めてそう感じた。

Photo 「いままでは、危険な場所はぜんぶ組(下請け)の人間におしつけてきた。直轄工(本工)がケツを割って逃げたあとを、おれたちがやってきたんじゃないか」

 81年10月、93名が亡くなった北炭夕張鉱の事故から半年もたたない内に、契約を打ち切られた下請け会社の社長の言葉である。「直轄工」を正社員に、「組」を派遣と置き換えれば、25年近くの歳月を越え、この発言がリアルに迫ってくる。

 84年1月に起こった三井三池有明鉱での事故についても、鎌田氏は興味深い指摘をしている。下請の炭鉱員がベルトの焦げるにおいに気づいていたにもかかわらず放置されていた理由を、「坑内では、本工と下請工が対等に口をきくことができなかったのだ」と説明したのだ。
 そうした職場環境の結果として83人が死亡したことになる。
 命を懸けてギリギリの環境で働いている炭鉱と、一般の職場に違いはあろう。しかし正社員と非正社員などの職場の格差が企業の事故を誘発していることは、現在でも変わりない。

 下請けの炭鉱員が能力給で働かされ、坑内にガスが多少充満して警報装置が鳴り響いても仕事をやめなかったという話にも驚かされた。そうした「危険性を指摘した労働者は『お前は出鉱を止める気か』『(会社を)再建できなくてもいいのか』と脅されていた」ともいう。これなど、安全を削って利益を優先した末に起こったJR福知山線脱線事故と、まったく同じ構図である。

 結局企業というものは、なるべく安い労働者を雇い、危険な仕事は責任のない外部に任せ、モラルや危険よりも利益を選ぶ「生き物」なのだろう。少しでも余裕がなくなれば、その地金が表れる。
 だからこそ企業の監視役が必要になるに違いない。
 先述した北炭夕張鉱の事故について、坑内運搬工は本書で次のように語っている。
「事故は、組合にも責任がある、と思うよ。70~80パーセントの組合員はそう思ってるさ。予知があったんだから、組合が強かったら防げたんだ。ガスが出ていたのに、採炭をつづけていたんだ」

 この発言は重い。わたしは組合活動をした経験がない。それどころか労組の取材で会ったダラカンに辟易し、労働運動を軽視してきたきらいさえあった。しかし、この坑内運搬工の発言を読んだとき、やはり組合は必要なんだと実感した。
 組合運動が停滞したことで、炭鉱では事故が続発していった。そして御用組合しか残っていない現在、日本中の労働者が正社員の座を追われようとしているのだ。

 企業の体質は何も変わっていない。数十年前から炭鉱にあった数々の問題が日本全国に広がっただけである。そんなことを、この本は気づかせてくれた。おすすめである。(大畑)

|

« 先日のロシア 第10回 夏休み見学編~ロシアバレエ、舞台芸術の世界~ | トップページ | 『吉原 泡の園』 第30回/業界ではそれを“義理風呂”と呼ぶ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122338/16142197

この記事へのトラックバック一覧です: ワーキングプアや格差社会の原点とは:

« 先日のロシア 第10回 夏休み見学編~ロシアバレエ、舞台芸術の世界~ | トップページ | 『吉原 泡の園』 第30回/業界ではそれを“義理風呂”と呼ぶ »