« やおいってどうよ | トップページ | 先日のロシア 第7回/冬季オリンピック、ソチに決定 »

2007年7月11日 (水)

参議院選挙を前に恒例の綿貫民輔先生絶賛

ついに綿貫民輔先生が「自民党には戻らない」と宣言した。

綿貫先生の大ファンとして公式ホームページ(http://www.watanuki.ne.jp/)のチェックは欠かせない。開けばわかるが若き日の綿貫先生、くつろいだ綿貫先生、陛下をしたがえる綿貫先生、破顔一笑の綿貫先生と垂涎のスライドショーが見られる。リニューアル前の神主姿の綿貫先生もすごかったけれど(本当にすごい写真だった)今のは心躍る。
もっともいかに感動しても「画像・文書など全ての権利は 綿貫事務所(C) に属します」とあるからここに転用できない。皆さんも勝手に貼り付けてはいけません。携帯の待ち受け画面に使いたい?わかる。その気持ちはわかるけど権利関係があるから衝動と感動が押さえきれない方は綿貫事務所へご一報。
しばしば拝見していても綿貫先生のHPはめったに更新されない。当然だ。綿貫先生ほどの大物に更新によるアクセス数アップなど必要ない。地盤をがっちり固める地上戦が綿貫先生を支える「美しい富山3区」なのだからネットで左右される1票などないのだ。
「棺を蓋いて事定まる」と晋書に曰く。綿貫先生の80年は右顧左眄することなく信念を貫いたと誰もが評価する生き方であった。スライドショーを見ながら今しみじみと懐かしむ。

しかし。ここがちょっと問題なのだが綿貫先生はまだ「棺を蓋」っていないのだ。しかも05年の郵政選挙で刺客を送られ「10歳若返った」と年々老けていく人類の常識を覆して今日ある。実存する。したがって先生が率いる国民新党が参院選で自公過半数割れに至った際に与党へ付くのではないかとの観測がしきりになされてきた。
それをついに打ち消したのが冒頭の言葉である。さすがだ。もう「棺を蓋」ったも同然である。こうした発言は記者会見などで複数示されているなか、今回は7月7日付け朝日新聞4面「党首に聞く」を出典として紹介する。

記事によると「自民党と連立を組むこともないですか」との問いに対して「組まない。餌によだれを垂らして、大臣をやるから自民党につくことはしない」と格好いい。大臣病に取りつかれた某や某女に読ませてやりたい。
ただ「政界筋」的な文脈では、この発言を大臣抜きの協力つまり閣外協力ならばありうるとも読めるらしい。実際に先生のHPにある「綿貫民輔の履歴書」には衆議院議長時代以降を単に「国会活動」としか示していない。どこにも「国民新党代表に就任」と書いていないのだ。だから今の境遇が本当は不本意なのではないかとの憶測もできなくない。共闘している亀井静香氏はもう自民党に帰る余地がないから戦うしかないけど綿貫先生の輿望はいまだ自民内でもあろうから戻る余地がある。
しかも現在の河野洋平衆議院議長の次のなり手が意外といない。順番からすると森喜朗元首相となるも首相経験者が議長とは異例だ。だったら綿貫先生再登場を「餌」に自民が赤絨毯を用意する可能性もあるのではないか……などと綿貫先生ファンたる私は夜も眠れない。議長ならば「大臣をやるから」でもないし。
もしや首相職を「餌」にしないだろうか。何しろ自民は政権維持のためならば何でもする。社会党と組んだこともあった。忘れがちだが細川護煕非自民連立内閣の際には事実上「自共」の野党連合だった。それより穏やかだよね綿貫首相は。首相は「大臣をやる」側だから矛盾もしない。綿貫首相やら綿貫議長再任など思うだに悪夢である……いや「悪」じゃないか。そうだった。私は綿貫先生大ファンなのだから「悪」なんて言ってはいけない。

なんて民草の小さな心配を前記インタビューで先生は痛快に否定していた。「最も訴えたいことは何ですか」に対して「小泉・安倍内閣を総決算する選挙だ。今度の国会のように議会を蹂躙して官邸主導で政治を行うのは見たことがない」と喝破したのだ。
そうだった!綿貫先生は衆議院議長経験者だったのを忘れていた。数行前に書いているじゃないかって? そんな細かい突っ込みはやめなさい。05年郵政総選挙で綿貫先生は議会制民主主義を守ると小泉政権を激しく批判した。安倍内閣の07年通常国会最後の強行採決連発がその闘志に火を付け、ついに憎むべき小泉政権と同一視するに至ったのだ。あっぱれ綿貫先生。「小泉・安倍内閣を総決算」とは何と素晴らしいフレーズだろう。

綿貫先生は郵政事業に利権のある政治家と見られてはいなかった。では清廉な井戸塀政治家かというとそうでもないとの見方が強い。ここが綿貫先生の重厚なところだ。富山に高速道路と新幹線を持ってくる先生でもある。しかしそんなこんなを二番手以下として議会制民主主義守護の鬼と化す綿貫先生と国民新党を応援しましょう。参院選挙後に絶対に与党へ転ばせないためにも(編集長)

|

« やおいってどうよ | トップページ | 先日のロシア 第7回/冬季オリンピック、ソチに決定 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 参議院選挙を前に恒例の綿貫民輔先生絶賛:

» 2007年参議院選挙、当落予想、護憲派の獲得予想議席数 [Mr.くろぱんだのブログ 平和と未来]
いよいよ参議院選挙がはじまります。 選挙公示後(7月12日)に選挙に直接言及するブログ記事を書くと公職選挙法に抵触する危険性がありますので、事実上、今が選挙関連記事を書ける最後の瞬間ですので、前置きを述べた後で、後半部分で当落予想、各党の議席獲得予測をずばり書きます。 一部マスコミ・週刊誌が「自民党苦戦、民主躍進」と予想記事を書いています。 しかし、日本の未来と平和を考えた時、自民党・民主党という2つの超保守主義・改憲政党がどうなろうとも、どちらが勝っても、たいした影響はでません。 ... [続きを読む]

受信: 2007年7月11日 (水) 01時59分

» 参議院選挙 投票方法 [ssiyzvubrie]
参議院選挙のしくみ/2007上半期10大ニュース/お金を増やすサシスセソ ...01: 参議院選挙のしくみを2ページでおさらい 02: お騒がせ! 2007年上半期10大ニュース 03: 大人の浴衣 完璧コーディネート 04: 究極?! 噂のガラス製CD、9万8700円 05: ロンドン怪奇ファイル 06: お金を増やす「サシスセソ」、やってる? ...(続きを読む) 「参議院選挙の争点は?」というコメントを新聞社にもとめられ、「は?」新聞社からで「参議院選挙の争点は?」というコメントを...... [続きを読む]

受信: 2007年7月11日 (水) 05時33分

» 参議院選挙 [ネットショッピング]
松岡前農水相の告別式に安倍首相欠席本日熊本で行われる予定の松岡前農水相の告別...松岡前農水相の告別式に安倍首相欠席本日熊本で行われる予定の松岡前農水相の告別式に、安倍総理が出席の意志があったものの、民主党との党首討論のため欠席になるということです。どう思い...... [続きを読む]

受信: 2007年7月11日 (水) 11時35分

» 参議院選挙 [パチンコ攻略]
07参議院選挙での各党の政策&過去10年の法案態度一覧へいこうせん独自調査による07参議院選挙での各党の政策と過去10年の法案態度一覧を紹介します。 ぜひ、参議院選挙の判断材料として、ご活用ください。 ■一括一覧版 http://heikosenweb.oboroduki.com/news012.htm. ■主要政党の過去10年の法案態度 ...(続きを読む) 参議院選挙を前に恒例の綿貫民輔先生絶賛ついに綿貫民輔先生が「自民党には戻らない」と宣言した。 綿貫先生の大ファンとして...(続きを読む)... [続きを読む]

受信: 2007年7月11日 (水) 15時15分

« やおいってどうよ | トップページ | 先日のロシア 第7回/冬季オリンピック、ソチに決定 »