« 強気でボロボロ安倍政権 | トップページ | 朝霞市の米軍基地「キャンプ・ドレイク」跡が公務員宿舎になる(上) »

2007年7月 7日 (土)

『吉原 泡の園』 第24回/吉原ソープ従業員集団焼肉宴会

 Rグループの店は、揚屋町会通り、角町町会に多くあった中、江戸ニ町会通りに1店舗のみあった。それがKという店だった。
 店は男が創る。それは幹部クラスならば誰もが知っているのだ。Kの社長はRにブラリと入ってくると、
「どう」
 とフロントを覗き込む。そこには客の入り、いくらで入ったのかなどを記した大事な店の帳簿がある。それを見られるのは、すなわちマネジャーがチンチンを無理やり見られているようなものである。さすがにマネジャーもカチンときて、今にもKの社長を怒鳴りちらしそうである。
「いや、駄目ですね」
 と煙草を吸い落ち着かせて言うのだ。
 このように、吉原の中は女も当然だが、それと同じようにボーイ達の熱い闘いの場でもある。下っ端のようにゴミ同然の扱いを受けていれば、怒鳴られても怒鳴られてもなんとも感じないが、幹部同士のやりとりは、実際見ていてはらはらしたものだ。
 もしかしたら抗争事件に発展しかねない圧力を感じたからだった。

 ソープランドで働くボーイは、たとえるならば全員が主役を気取っている者の集団。悪く言えばワガママな人の集団とも言えるかもしれない。
 ただ、誤解のないように言えば、社会の中では、固いといわれるような堅気の仕事ですら、絶望はあるし、政治ですらそうなのだから、格別ソープランドだからどうのこうのという話ではないのだ。が、キャラは濃く、非常に暑苦しい人間達だというのは間違いない。
 そんなただでさえ暑苦しい者たちを、1番暑苦しいマネジャーは近所のTという焼肉屋に皆を誘うのだ。誘うといっても優しく言うのではない。
「おい行くぞー」
 皆、仕事が全て終わるとクタクタである。1日中この人(マネジャー)にさんざん怒鳴られて、しかもきちんと理由があるならば、明日から直すことも出来るが、何の理由もないのに怒鳴り散らされているのだ。それでなお飲みにいくぞ言ってくる。寮に住んでいる僕などは逃げるところがないから仕方がない。が、家族持ちのEさんなどはまいったなーと言った具合の顔をする。
「おお、Eもいくかー」
 Eさんを見てマネジャーがそう吐く。
「関口てめえ先いって席を確保しておけ」
 と僕を見るなり、行く行かないではなく、行くものとしてそう言われる。嫌な顔をすると、殴られるし、
「関口、一緒に行こうか」
 Tさんがそう声をかけてくれるのだ。さすがに婚約まで破棄してここ吉原に流れてきた男だ。とても気がやさしい。
「T、てめえいつもいつも金魚の糞みてえによ、関口といつも二人してよ、気持ちわりぃ」
 と僕とTさんが仲がいいのが、どうもマネジャーには気に食わないようなのだった。
 自分には真の友が今までいなかった。それなのに、入ってきたばかりの僕に、優しく声をかける行為自体が気に食わないのだ。それだけではない。Tさんが、密かにマネジャーを悪く言っているのを、このマネジャーという男はカンで感じ取っているのだ。この男はそう言った感覚に鋭い。それで余計にTさんをいじめるのだった。
 焼肉屋Tに行くと、いつものKちゃんと呼ばれる看板娘が元気一杯に迎えてくれる。
「あーこんばんはー関口さん」
 この人と接して始めて、その日普通の会話も出来るし、世の中は吉原だけではないのだ、普通の生活や、法律なんかもあるんだ、と再認識できるし、人間にも少しは戻れるのだった。
「みんなは?」
 Kちゃんがそう聞いてくる。ここでいう皆とはマネジャーのことだ。実はこの二人、恋人ではなくて、(こんな冗談もタブーでした)同じ在日朝鮮系だから仲がいいのだった。
 そして、在日の朝鮮系の人は、全体でも相当な部分において、日本人には絶対に負けないというプライドを持ち、喧嘩などをする際も、殴りつづけ、自分の手がボロボロに鳴っても殴りつづけるそうだ。
 そんな恐ろしい在日朝鮮系の親玉が、なんと店長のSだったのだ。
 もうR店は、在日朝鮮系の人が乗っ取り、そこで働く日本人をとことんまでいじめるという構図が出来あがってしまっていた。
 マネジャーがいじめるのは、僕らが日本人だからという事が一番大きかったのではないかと思う。
 親はパチンコ屋を経営していた。いつも殴られ、マネジャーは育ってきたそうだ。学校にも行かされたが、義務教育の時点で、  
「もう私の手には負えない」
 と総スカンを受け、子供の頃から通信教育を施されてきたそうだ。
 だから、僕のような甘ちゃんがマネジャーのことを理解しようなどどう考えても10年早かったのだ。(つづく)

|

« 強気でボロボロ安倍政権 | トップページ | 朝霞市の米軍基地「キャンプ・ドレイク」跡が公務員宿舎になる(上) »

『吉原 泡の園』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122338/15672506

この記事へのトラックバック一覧です: 『吉原 泡の園』 第24回/吉原ソープ従業員集団焼肉宴会:

» 開運にはパワーストーン! [田中誠一のおすすめ色々]
地球から私たちへの贈り物である美しい天然石たちは、私たちに安らぎや活力を与えてくれます。 [続きを読む]

受信: 2007年7月27日 (金) 01時26分

« 強気でボロボロ安倍政権 | トップページ | 朝霞市の米軍基地「キャンプ・ドレイク」跡が公務員宿舎になる(上) »