« 中川暴言で気づく安倍首相による親中政策の気味悪さ | トップページ | 日曜ミニコミ誌・状況に返し風を/『けーし風』 »

2007年4月21日 (土)

『吉原 泡の園』 第14回/義指にはめられたステキな指輪

 ある日出会った早朝勤務のボーイは、とても無邪気な笑顔で話しかけてきてくれた。
 その笑顔はまさに癒し系で、とても安心させられたのだった。
 前店長は、この早朝組が気に入らなかった。早朝組も前店長Sが嫌いだった。互いに子供のような陰口や行動を展開していくのだ。
 RグループのRという店がこの店だが、グループ全体のトップは会長という表には出ない闇の帝王が存在し、各店舗の社長達は、我こそが1番の会長の子供であるとがんばっているのだ。そして、S店長は、早朝組の人間が会長にかわいがられていることに嫉妬しているかのようだった。
 いくつになっても、いや、どんな世界にでも、このような嫉妬が渦巻き、そして人間関係があるもんだ、と勉強になった一面だった。
 さて、大した仕事はしないが、とにかくドリンクを運ばされ、僕の1日は終わる。24時、フロントからマネジャーが、
「はい、12時」
 と表の人間に怒鳴ると、表の小さな看板のコードを抜き、それを店にしまう。大きな店にある看板はフロントで消す。自動ドアを閉め、鍵をかける。学校の音楽室のカーテン。あれは光がもれない。あれを表向きに店の中からマジックテープ3箇所でとめ、いかにも店内の電気が消えたかのように細工する。
 当然24時以降の風俗営業は違反である。
 ここまで来ると、大方上がりのお客さん待ちである。片付けながらも、ドリンクをつくり、飲んだり、テレビを見たりしているものもいる。僕とTさんは、マネジャーに見つからないように、コーラとメロンソーダを混ぜ、カルメロと騒ぎながら飲んで、1日の疲れをとっている。すると、裏のドアをドンドン叩く。もう誰よ、疲れているのに。と思いながらフロントの前を横切り裏出口に行く。鍵を開けると、小柄ながらソフトなパーマをかけ、いつもオシャレな派手なシャツとチノパンをはき、クロコダイルのポシェットを抱え、小指に小粋な指輪をはめた、Rグループ幹部の経理のYさんがギョロ目をさらにむき出して僕を見る。
「あっどうもごくろうさんです」
 僕も一層声が大きく出る。
 マネジャーも少し驚き、今日の売上をYさんに渡すのだ。
 売上→縦計が売上。詰金が純利益である。縦金をYさんの鍵つきのポシェットにしまう。
 ダイヤルが3つ。数字があえば鍵があく。Yさんは元極道だったという。小指に指輪をしているが、その小指も義指で、極道時代に何かへまをやらかし、指を詰めた。が、今の時代。良い義指があり、その義指には、指輪までついている。まさか指輪をはめたその指が、義指とは思うまい。僕も、小指に指輪なんて、ステキだし、すこしエロティック。とおもったもんだ。また、暴力団員系の人は、楽な格好だからか、トレーナーをこよなく愛している。まあ、車の運転によし、くつろぐのによし、喧嘩の時、動きやすい、まあそれはどうか知らないが、犬の顔が背中にプリントされているような類のものを、Yさんも好んでいた。たまにだが、そんな格好でも来た。
 また、そんなトレーナーくらい、好きなものをきればいいと思うかもしれないが、ランクなどがあり、マネジャーは、この歳ですでに、○○のメーカーをきてるんじゃ。と自慢していたが、僕にはチンプンカンプンだった。
 ちなみにこのトレーナー、たかだかトレーナーですが、アドバットというものは、3万くらいするのです。(イッセイ遊児)

|

« 中川暴言で気づく安倍首相による親中政策の気味悪さ | トップページ | 日曜ミニコミ誌・状況に返し風を/『けーし風』 »

『吉原 泡の園』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122338/14791063

この記事へのトラックバック一覧です: 『吉原 泡の園』 第14回/義指にはめられたステキな指輪:

» 買取の秘訣とは [買取の秘訣とは]
車種(中古市場での人気度) 現在の自家用乗用車の一般的な傾向であるが、伝統的なセダンやクーペタイプは査定が安く、ミニバンやオフロード系4WD、ステーションワゴンなどのタイプは査定が高い傾向にある。 また、軽自動車は税金や保険料などの維持費の安さから、地方を中心... [続きを読む]

受信: 2007年4月21日 (土) 01時01分

« 中川暴言で気づく安倍首相による親中政策の気味悪さ | トップページ | 日曜ミニコミ誌・状況に返し風を/『けーし風』 »