« 日曜ミニコミ誌! 「雅子」って呼び捨てかよ!?/『DANCE!』 | トップページ | タイの9月クーデターを振り返る »

2006年12月 2日 (土)

『吉原 泡の園』連載第4回「呼び込みしてみろ!」

 吉原に着き引っ越し作業をしていた僕は、ただ重労働をしたからだけでなく、緊張から相当汗をかいていた。
 レンタカーを返し、店に戻ると、店長が待っていた。見た目からして鬼のようなマネジャーでさえも言い返せない人。凄い人がいるもんだ。そう感心してしまう。この店長だけは怒らせてはいけない。そう思っていると、店長が僕を呼んだ。
「何だおめえ汗かいて汚ねえな、風呂入ってこい」
 ソープは風呂屋である。店長が、マネージャーに空いている部屋を聞き、僕は一人その部屋に入った。
 薄暗く、静かなソープランドの一室で、僕は一人裸になり、シャワーで汗を流している。何してんだ僕……。
 ふと寂しくなった。あったかい家庭料理や、家族の団欒、そんなものがふと恋しくなった。
 シャワーの壁に打ちつけられた鏡を見ると、そこには僕が映っている。
「これが自分かよ」
 寂しそうな男が一人いる。
 これから僕は一体どうなってしまうのか、不安だけの男が、鏡の中から僕に助けを求めているようだ。
 フッと我に返る。体を拭き、1階ロビーに戻る。ほかの先輩ボーイ達が、一言も無駄話をせず、背筋をピンと伸ばし、きっちりとスーツを着て、髪もきめて立っている。
 僕はといえば、薄汚れたTシャツに、ヨレヨレのズボン。
「おまえスーツはねえのか」
 店長が聞いてきた。
「は、はい」
 店長が重そうに腰をあげた。
「行くぞ」
 店長の乗用車に乗るよう促された。
 ただ余計なことをいうまいと、黙って助手席に乗る。すごい乱暴な運転をする人で、心臓がバクバクした。
 
 しばらくすると、洋服のA山で車は止まった。スーツを買うんですね~。どんなのにしようかしら~。などと思ってみたものの。
「早くこい」
 とせかされ、店の中に。
「お前、ウエストはいくつよ」
「100です」
 ウエスト100というのが、店長には少しおかしかったのか白い歯が見えた。店員がウエスト100のスーツを持ってくる。
「裾つめるぞ」
 裾をつめ、靴下も購入。
 店長に買ってもらえるのか、それとも、店に借金して買ったのか
 などと考えると、なんだか一生借金まみれにされ、もうシャバでの自由な生活が出来なくなるのではなかろうかと、少し不安になったのだった。
 店に戻るために車に乗り込む。 だんだん周りの建物がボロくなってきたなあと感じると、吉原に近づいている印だ。スーツはシングルで3つボタン。ネクタイはもっていない。寮に荷物を入れる際、ネクタイなどが散乱していたのを見ていたので、それを借りようと考えていた。
 車が吉原に入る頃、ガラス戸の古い建物の軒下で車は止まった。
「おまえ足のサイズは?」
「26.5くらいです」
 そこは靴屋で、2000円程度の革靴を渡された。
「はいてみろ」
 いわれるまま履くと、丁度良い。
 靴も買い、また車に乗り店に戻る。買ったスーツを着てこいといわれ、一度寮に戻った。髪の毛は坊主だったが、それ以外は一応格好がついた。
 店に戻ると、マネージャーがギロッと僕を見た。
「イッセイ!てめえ外だ。外に立ってろ」
 早速仕事を言い渡された。乱暴な物言いをするものの、外にたっているだけで、楽だな~とウキウキしながら外に出た。
 他店の呼び込みのボーイも、暇そうに缶ジュースを飲んだり、隣同士のボーイで笑いながら話している。タバコをふかす者もいる。さすがに僕にはまだそこまでの余裕はないが、まあこんなもんしょ~。軽い軽い~と意気揚々と構えて立っていた。
 店長が表に出てきてくれた。普段、外の呼び込みは、自動ドアがしまっているので、外に出たらタバコを吸い、人と話したりと、ある程度自由になれるものなのだが、このR店は違った。いかなる時も、マネージャーの監視は休むことがない。
「ほら、声かけて客を呼び込むんだぞ、ただし、足立ナンバーの車で、電話のアンテナのある車には、声をかけるなよ」
 店長がやさしくアドバイスをしてくれたのだった。
「そんな車は覆面パトカーだからな。もしパクられたら、店に迷惑をかけるなよ、責任は全部イッセイがかぶれよ」
 そういうと、店長は店に戻っていった。
 鬼~。悪夢だ!
 呼び込めといわれても、そして警察に声をかけるなと言われても、吉原での仕事初日なのだ。いきなり言われてハイそうですか、と出来るわけがない。
 それにしても呼び込みとは、どうやって?(イッセイ遊児)

|

« 日曜ミニコミ誌! 「雅子」って呼び捨てかよ!?/『DANCE!』 | トップページ | タイの9月クーデターを振り返る »

『吉原 泡の園』」カテゴリの記事

コメント

毎回 ?が頭の中で回っていますが楽しく拝見させて頂いております。これからも頑張って下さい。

投稿: スナフキン | 2006年12月 4日 (月) 11時58分

スナフキンさん、いつもコメントありがとうございます。小力ですが、期待に応えられるように書いていきます。

投稿: イッセイ遊児 | 2006年12月 7日 (木) 15時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122338/12899401

この記事へのトラックバック一覧です: 『吉原 泡の園』連載第4回「呼び込みしてみろ!」:

« 日曜ミニコミ誌! 「雅子」って呼び捨てかよ!?/『DANCE!』 | トップページ | タイの9月クーデターを振り返る »