« ビーイング系のアーティストたちはその後どうなった? | トップページ | みっともなく生きる意義こそ伝えるべきだ »

2006年11月21日 (火)

パチンコ・パチスロ業にたばこ並みの重税を課せ

たばこ→サラ金→パチンコ・パチスロ

大量にテレビCMを流している職種の変遷である。この記事は広告代理店の時間表などの資料を見ながら書いているのだが劇的にそうなっている。
この3種では個人的にはもっともまともと信じるたばこは今や人類の敵のような扱いを受けてCMなぞ打つはまかりならん状態である。
サラ金は例のグレーゾーン問題でバッシングされて最近は説教調に変わった。「十分な計画と正しい知識を」なんてね。アンタ方にそんな説教をされたくはないよ。第一、本当に借り手が「十分な計画と正しい知識を」持ったら誰もアンタから借りなくなる。

ちなみにサラ金の逆を行くのが生損保のCMで美しいイメージを作り上げて「人生のパートナー」の如くに振る舞う。本当にそうならば文句ないが払うべきに払わない実態が明らかになっているのに反省の色がないのはなぜだ。カネを預かっておいて払わないのだから詐欺に近い。
昼間に流れる80歳まで入れる保険の類はイメージ広告とは一転してスーパー特売のチラシみたい。でも実態は特約やら免責やらを張りめぐらして払うリスクのあるうちは免責でそれをくぐり抜けられる程度に健康な人ならば大丈夫といったところまでを「保証」するあざとさである。

ただねえ。サラ金に関してはきれいごともいっていられない。零細企業主はしばしば重宝しているからグレーゾーン金利を廃止して貸し渋られたら突然死が続出しよう。何しろ銀行は杓子定規にバランスシートを見るしか能がない。零細企業はしばしば自身の持ち出しを長期借入金に計上しているが返ってくるとは思っていない。だから融資のリスクにはならないのに銀行は「それはわかっていますが財務諸表上の辻褄が……」で傘をさしてはくれないわけだ。

とはいえ一般論としてサラ金のあくどさは明らかなのでCMなぞもってのほかとなるのは仕方がない。そこで困るのが民放地上波である。恥も外聞も捨ててパチンコ・パチスロにすがり始めた。毒(たばこ)も高利貸し(サラ金)もダメならばギャンブル(パチ)で手前のバカ番組の製作と異様に高い給料を捻出しようとたくらむわけだ。

それにしてもパチンコ・パチスロ産業の規模30兆円とはいつ聞いてもため息が出る。出版界の市場規模は3兆弱なんだよ。読書の10倍を国民はパチンコ・パチスロにつぎ込んでいる。ダメになるのもよくわかる。
いったいにラスベガスでは許されていて日本では禁止のギャンブル諸種の方がパチンコ・パチスロよりよほど知性的だ。特にパチンコ。日本固有の遊技。賭け麻雀やバカラの方がよっぽど頭を使うのに見つかったら逮捕されてしまう。パチンコは身もふたもない暇つぶしに過ぎないのになぜか合法だ。換金できないからなどとの建て前を信じている人は日本中一人もいないのに。
身もふたもない暇つぶしが30兆円もの売上を計上するということは身もふたもなく暇な人が国中にあふれかえっている何よりの証拠である。格差社会やワーキングプアはどこに行ったのか。暇人の遊民という感じでもない。暇を暇な遊技でつぶしているだけだ。
ある地でおいしいお店を見つけて久しぶりに当地に寄った際に再訪すると店が入っていたビルが丸ごと一棟パチンコ・パチスロになっているという経験を最近何度かした。
猛烈な大音声のなかで黙々とくだらなさの極みみたいなゲームに真剣な顔をして打ち込んでいる大人の群れをみると殺意さえわいてくる。少なくとも頭をかち割って脳細胞の並び方を確認したくなる。

あれだけテレビCMが打てるということは、それだけもうかっていると同義だ。言い換えればその分だけ客は損をしているのである。そんな簡単なシステムさえ気づかぬどころかCMにインスパイアー?されて喜々として新機種にかぶりついていくのだからどうかしている。
「美しい国」どころか救いなくアホな国だと満天下に証明するパチンコ・パチスロCMが今日もマスメディアで堂々と流され、街中にジャンジャラジャラジャラの騒音があふれ、しかも増加中。客は真剣そのものでソクラテスやハムレットでさえそこまではというほどの深刻な表情を時に浮かべている。

たばこは重税を課した。サラ金のグレーゾーンは撤廃する。ならばパチンコ・パチスロにもたばこ並みの重税を課すがいい。法人税減税だ消費税増税だプライマリーバランスは何とかだといっている経団連・財務省・政府税調よ。あなた方の誰もが困らないデカイ財源がここにある。やっちまえ!(編集長)

|

« ビーイング系のアーティストたちはその後どうなった? | トップページ | みっともなく生きる意義こそ伝えるべきだ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

通勤時に、パチンコ屋の前で座り込んで列を作っている老若男女を見ると、この国の現実の酷さが分る。ゲームに興じて子供を放置して殺してしまう親もいる。酷い国になったものだ。競馬の宣伝もうるさい。国民のギャンブル狂や、色狂いを電通などが煽っているように映る。国民総白痴化で大衆受けする選挙戦術で政治も変。

投稿: wada | 2006年11月21日 (火) 11時12分

ヒント:癒着

投稿: 一度国家を潰してみよう | 2012年9月28日 (金) 08時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パチンコ・パチスロ業にたばこ並みの重税を課せ:

» パチスロ 押 忍 番長 [押 忍 番長 攻略 法]
パチスロ 押 忍 番長についてパチスロ 押 忍 番長で私のパチスロ負け人生が勝ちに転じました。サラリーマンとして勤め、アフターファイブにパチスロを趣味としてパチンコ屋に入り浸っていました。しかし、恥ずかしながら、毎月8万のマイナスを更新し続け、経済的に苦...... [続きを読む]

受信: 2007年5月20日 (日) 23時27分

« ビーイング系のアーティストたちはその後どうなった? | トップページ | みっともなく生きる意義こそ伝えるべきだ »