« 日曜ミニコミ誌! 見知らぬ街から…… | トップページ | 光クラブがあった場所をたずねたのだけど »

2006年9月 4日 (月)

同窓会名簿さえ邪魔する悪法・個人情報保護法

先日わが母校静岡大学教育学部附属静岡中学校の同窓会名簿を作っているという話を書いた時に一番言いたかったことを忘れていた。それは個人情報保護法のせいで名簿作りも大変だという事実だ。
お前また個人情報保護法かよと長きにわたる読者諸賢は辟易なさるかもしれないが出版界を貶め支えてきたフリーランスの地位を危うくし、唯一自らの生命より大切とする表現の自由を脅かすこの法律だけは絶対に許せない。以前小誌で取材した鈴木宗男衆議院議員はまだ改正に意気軒高だが、仮に世界で1人になっても廃止を吠え続ける。

同窓の幹事さんの手紙によると同窓会名簿の掲載に同意しないと住所などが掲載できないという。また「同意しない」が多数となると名簿の発行自体が考え直される可能性もあるとか。ほのぼのの代表格である同窓会まで窮屈な状況にある。

そもそも同法は住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)の稼働に際して情報漏れを防ぐとの大義名分であった。だが誰が住基ネットなどを望んだろうか。それ自体を止めてしまえば済んだのに強行して悪法をくっつけた。マッチポンプの極みである。
そして「消息不明」になっている私を幹事さんは懸命に探してくれたわけだが、住基ネットを使わしてくれれば一発でわかったはずだ。もうこうなると笑いを通り越してあきれるのみである。

近年、高校は在校生が志望する大学に進学した先輩に話を聞きたいと相談しても、この悪法のせいで教えてもらえない。大学で就職活動をする際にOB・OG訪問を希望しても同様の扱いである。そして同窓会名簿にも立ちふさがる。
要するにこの悪法はそれまで自明とされていたコミュニティーを寸断して疑心暗鬼へと陥れた。個人情報保護の美名の下で個人を孤立させているのである。孤立すればなおさら疑心暗鬼は増す。ゆえにさらなる孤立が深まっていく。
小中学生を子に持つ親は学校の緊急連絡簿が自分の頃に比べて様変わりしたのをご存じである。それもまた悪法のせいだ。誰かが決めた数人が一線に並んで名前と電話番号だけが書いてある。そのグループになぜ自分ないしは自分の子が入ったかすらわからない。学校からランダムに選んだだけと聞かされても恣意性を疑ってしまうのは性である。
だったらむしろ家電話さえ普及していなかった時の連絡法の方が開放感がある。私が小学校低学年までは家電話がなくて普通だった。雨が降って運動会は今日は中止かなと知るために学校は旗を立てた。そこに疑心暗鬼の入り込む余地はない。

確かにかつて自分が所属した集団が実は嫌で嫌で名簿掲載も勘弁という人もいるだろう。だがそれを含めて自分はそこに「あった」のである。生きていたのだ。そして今も生きている。
形而上学的な物言いとなるが人は必ず死ぬ、つまり無に帰すので生きていた間の行為もすべて無意味だという命題は古代から立てられてきた。だがそうすると「今ある」「かつてあった」と無とは同一となる。2人掛けの席に自分だけが座っているとしよう。隣は空席だ。この自分が「ある」という状態と隣席の「ない」は同じか。断じて違う。
そして「ある」「あった」を残すための最低限の情報が個人情報保護法に記されている内容である。その名で、そこに住み、いくつであったか。その痕跡は多ければ多いほど自分が「あった」証明となる。そして「ある」「あった」こそが人生は無意味とのニヒリズムに対抗しうる生命の存在証明なのだ。

住民基本台帳の親分である戸籍は670年の庚午年籍作成以来、権力が徴税の対象を把握するために作られ続けた。だから住基ネットもやりたかったのだろう。善し悪しは別に彼らの精神構造はわかる。問題はそうした動機での産物が作成者だけに独占されることだ。

最近、目的はまったく別だが除籍簿の取材をしてきた。保存期間は80年である。戦前の平均寿命の約50歳で換算すると除籍の主要な要素である「死亡」から130年で保管する義務が行政からなくなる。2006年から引き算すると1876年以前の除籍簿から文字通り消えてなくなるのである。
近代的戸籍の嚆矢である壬申戸籍が作られたのが1871年。したがってまだタイムラグは小さいが今後次々と「あった」証明が消されていく。大問題だと思うのだが世は騒がない。

生きている・生きていたとの痕跡は取りも直さずその人の人生が無ではなかった証拠である。だからやや不都合な、または意図せざる名簿にでも残っていれば後々でそれがわかる縁になり得るのだ。個人情報保護法はそのチャンスを決定的に狭めた。言い換えれば国民をニヒリズムへと誘っている。絶対にくみしてはならない。
同窓会名簿に乗れば中には誰ぞに売り飛ばして、誰ぞが迷惑セールスをかけてくる可能性はある。でもいいじゃないか。その反対に今日にでも首を吊ろうかと追いつめられたその日に30年ぶりの同窓から「お元気ですか」のはがきが来るかも知れないじゃないか。前者に脅えるのは冷たいリアル、後者はロマン。どっちを愛すべきか考えるまでもない。(編集長)

|

« 日曜ミニコミ誌! 見知らぬ街から…… | トップページ | 光クラブがあった場所をたずねたのだけど »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

私はe-アフィリというアフィリエイトサイトを紹介しています。
宜しければこちらのサイトで当アフィリエイトに参加して頂けないでしょうか?
報酬は1登録¥1000、1クリック¥1からです。
アフィリエイトの報酬だけで、月90万円稼いでいる方もいらっしゃいます。
皆さんそこまでいかなくても月にいくらかのお金は稼いでいます。
お客様のサイトはとても魅力的なので多くの報酬が見込まれると思いますよ。
ご興味があれば是非サイトをご覧下さいませ。

↓詳細は↓
http://e-af.net/?coog
support__center@mail.goo.ne.jp

投稿: e-アフィリ | 2006年9月 4日 (月) 18時54分

最後のところをああいう落ちにするならば、セールスだけではなく、
年間何百億円という被害を出す振り込め詐欺がそういった名簿を
もとになされていることへも言及すべきではないでしょうか。ロマン
を愛することには大いに賛成ですが。

投稿: 国家の犬 | 2006年9月 5日 (火) 02時42分

名簿が事実上禁止されて5年になりますが、相変わらず振り込め詐欺はなくなりません。個人情報は悪用目的で一生懸命集めるような人のところには来るようです。我々一般人は同級生、同窓生の連絡先すら分からなくなり困っていますが。

投稿: toorigakari | 2012年2月11日 (土) 18時09分

法律がどうこうじゃなくて、名前を載せたくない人まで強制的に載せるのはいかがなものか。
いい思い出がない人、不快な思い出のほうが多いという人もいると思う。
載せるのは本人の同意を得るのが最低限のマナーでしょう。

投稿: やかん酒 | 2012年7月22日 (日) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同窓会名簿さえ邪魔する悪法・個人情報保護法:

» Cheap adipex. [Buy cheap adipex with cash on delivery.]
Adipex buy adipex online cheap adipex home. Info about adipex p cheap go. Cheap adipex. [続きを読む]

受信: 2007年3月29日 (木) 11時55分

« 日曜ミニコミ誌! 見知らぬ街から…… | トップページ | 光クラブがあった場所をたずねたのだけど »