« 日曜ミニコミ誌! 高尾山は壊させない! | トップページ | 私の始末書……一病息災 »

2006年9月25日 (月)

帝銀事件・周辺住民たちから消えない影

 今回は、戦後最悪の毒殺事件とも言われる帝銀事件の現場を歩いた。
 帝銀事件が起こったのは1948年(昭和23)。1月26日、当時の帝国銀行(後の第一勧業銀行→みずほ銀行)椎名町支店に、3時の閉店後、ひとりの男が訪れた。
 東京都衛生課の職員と名乗るその男は「近くで集団赤痢が発生した」と伝え、「GHQが支給した予防薬」と偽って劇薬の青酸化合物を行員全員に飲ませた。16人の行員のうち12人が次々に死亡、かろうじて4人が生き残った。犯人は現金16万円などを奪って逃げた。
 同年8月にテンペラ画家・平沢貞通が犯人として逮捕され、55年(昭和30)に死刑が確定する。しかし、生存者の証言の食い違いや捜査の曖昧さなどから事実確認に問題があるとして、死刑確定後も繰り返し再審請求が行なわれた。結局、死刑は執行されないまま39年もの獄中生活を送った末、87年(昭和62)医療刑務所で平沢は死亡しているが、真相については諸説紛々、未だに謎とさている特異な事件といえる。

 12人が殺害された旧帝国銀行椎名町支店があった場所に向かった。西部池袋線・椎名町。池袋から1つ目の駅。人通りが多く、にぎやかな雰囲気の北口からその場所は歩いて約2分。駅のすぐ近くなのだ。
『ドキュメント 帝銀事件』(和多田進)によれば、椎名町支店は「木造平屋建ての質屋を改造した」ものだったという。現在の銀行の建物とはちょっとばかりギャップがある。何せ、戦後間もないころの話なのだ。
Tei  現場は現在、マンションになっていた。濃い茶色の外観。外装の整った感じから、まだ新しい建物のように見られる。管理している不動産屋にきくと、入居が始まったのは平成16年2月だという。まだマンションができて2年と8ヶ月ということか。一人暮らしにはちょっと贅沢な1K、8万円台。
帝銀事件を知ってるかと近所のあるおばさん(50代くらい)にたずねると、当たり前じゃない、という顔をされた。現場から50メートル足らずの距離の住人だ。
「まだ私が生まれる前のこと(事件)だけどね。ずっとここに住んでるから、ここらへんの人たちにちょくちょく聞いたりして。あそこの土地は、けっこういろいろ商売が変わったりしてるけど、長続きしないみたい。今はマンションができたけど、近所に住んでる者からすれば、住みたくないよ」。
 マンションが立つ前は不動産屋だった。その前は「飲み屋だか料亭だか」といった感じの店だったという。

 現場から小道ひとつはさんだところには、長崎神社がある。大きな神社というわけではないが、静かで趣がある。江戸時代は既に創建されていた神社で、この地域の鎮守として信仰を集めたとのこと(神社の立て札より)。かつて椎名町支店だった場所に立っていると、たまに鐘を鳴らすガラガラガラという音が聞えてくる。その音は神経質なものでもない。神社の木々があるせいか、金属音の角が取れて、いい具合に耳に届く。車通りも少ない。周囲の環境もいいし、事件を知らないマンションの住人にとってはかなりいい住環境と言えると思う。
 しかし、住人の全員が事件を知らないわけではなかった。
 やはり現場からほど近い場所にある不動産屋さん(男性・50代くらい)は、マンションの住人と「ちょっとした知り合い」なのだという。
「(知り合いは)事件のことについては知ってるよ。有名な事件だしね。このあたりで知らない人はいないでしょ。でもまあ、今さらっていうこともあるし、構わず住んでるみたいだけど。」
 マンションが立つ前は不動産屋だったと先に書いたが、不動産屋つながりでその経営者とも話をすることもあった。
「その不動産屋ができたのは、う~ん…、20年くらい前だったのかな…。やっぱり、お祓いはしてもらったみたいよ、ほら、そこの長崎神社で」。
 やはり、事件から何十年が経過したとはいえ、「縁起が悪い」気はしたはずだし、その気持ちは分かる、と男性は言う。
「人が10人以上も死んでるからねぇ。でも、いつまでもそんなこと言っててもしょうがないとも思うよ。実際、下の世代は縁起が悪いともそんなに言わなくなってるみたいだし、まあ、それでいいんじゃないの?」
 それでも、その男性に「あのマンション、すごくいい条件だったら住んでみたいですか?」とたずねると、「う~ん……」と少し真剣に考え込んで、「まあ、まあ……」とどっちつかずの回答を示すのだった。

 容疑者・平沢が39年もの長期間にわたって刑務所に入れられ、事件が実質的に白黒はっきりしていないまま現在に至るせいか、古い事件に関わらず現場周辺ではどこかまだ“過去の出来事”にはなりきれていない事件の認識のされ方を垣間見ることになった。
 何人かの話を聞かせてもらった年配の人、その人たちの顔に浮かんだ表情がそれを物語ってる気がする。(宮崎)

|

« 日曜ミニコミ誌! 高尾山は壊させない! | トップページ | 私の始末書……一病息災 »

あの事件を追いかけて」カテゴリの記事

コメント

戦後すぐの話だから、平沢さんが犯人ではないことは明らか。なんせモンタージュ写真第一号で犯人にさせられちゃうんだから。あんな物資が乏しい時代に作られた機械なんぞ信用できますか?出どころの分からない大金を持っていた?当時大金になる猥褻画を書いていたからでしょ。もっと捜査技術があったらね。気の毒としか言いようがない。昭和ブームと裁判員制度に合わせて、どなたかドラマ化して、冤罪や裁判について考えてみませんか?

投稿: さくらん | 2009年2月 9日 (月) 15時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122338/12029485

この記事へのトラックバック一覧です: 帝銀事件・周辺住民たちから消えない影:

« 日曜ミニコミ誌! 高尾山は壊させない! | トップページ | 私の始末書……一病息災 »