« ガセメール記者の罪深さ | トップページ | 政界における東大神話の崩壊 »

2006年3月27日 (月)

教育基本法に愛国心を書くは無用とWBCが証明

民放地上波が日本のWBC優勝を引っ張る引っ張る。とくに日本テレビがすごいというかひどいというか。今やお荷物になりかけている読売巨人軍の視聴率挽回の布石であるのは明々白々だが日本代表メンバーに選ばれたのは巨人では上原浩治投手だけということを忘れてないか?
確かに上原投手は活躍したが彼は先発投手だから中5日でしか披露できないのだ。開幕から最初の2週間ぐらいは毎日投げさせたいだろうね。

韓国とのやり合いもしばしば報道されている。やれイチロー選手の発言が日帝36年を想起させるだの「3回連続の敗北は許されない」との言は侮辱だのと吠える。そんな政治的意図があるわけないじゃないか。負けられないとの意思表示はむしろ韓国を自分の大いなるライバルとみなしての賛辞じゃないかと日本側は反論する。
韓国の野球関係者が日本の優勝を「恥ずかしい優勝」と言い放ったのに反発する日本人もいる。その言いぐさは何だとね。でも2次リーグ全勝の我が韓国が1勝2敗の日本の後塵を拝したのは納得いかないし、よくよく考えればその意味では「恥ずかしい優勝」との指摘は当たっているかも。
でもそれを許したのは肝心の準決勝で敗北した韓国チームなのだよと引き取って「恥ずかしい準決勝敗退」よりはましだと打ち返すのも可能だ。

だけど。口汚いやりとりだけれどもいいじゃないかというのが私の思い。だって侃々諤々の議論を口角泡とばして延々続けてもテーマはしょせん野球だからだ。「政治的・社会的には何の意味もない大ニュース」という言い方があるがまさにそれだ。
喜怒哀楽をぶつけ合ってもお互いに国家の何かが揺らぐわけではない。万一揺らぎだしたら揺るがした側がアホウ呼ばわりされて終わりである。だから大いにやってよしだ。

ナショナリズム=愛国心というのはあるんだなと痛感した出来事でもあった。自ら所属する民族や国家は1番だという思いは草の根で誰もが持っているし、それが証明されれば今回の日本の報道のようにバカ騒ぎとなり、挫折すれば韓国のように嫌みの一つもいいたくなる。でもそれが極限まで達しても「しょせん野球」との安心感があって健全だ。
愛国心は突き詰めると己が民族・国家が世界に冠たる唯一最高の存在だから他は従わねばならぬという強烈な選民意識を生じ、それがかなわぬと見るや戦争になりかねない。その意味で危険思想だが無くすことは誰にもできない。
だからスポーツがある。一部に今回のWBCはナショナリズムを高揚させたと分析する向きもあるが高揚したとしてもアナウンスの方向ではなくカタルシスである。今回をきっかけに野球でも日韓定期戦が開催されるやもしれぬが何度やっても「しょせん野球」だから構わない。
さあ罵り合おうではないか。それで満足しているうちは平和が続くのだから。

もう一つの思いもある。近年教育基本法を改正して愛国心との文言を入れ込もうとの動きがあるがWBCの結果で不要だとわかった点だ。日本人は明らかに愛国心を持っている。
引っ張る引っ張る民放のWBC日本代表への美辞麗句に飽きることなく陶然としている国民のどこに「愛国心がない」などとレッテルが貼れるわけ?
むしろ書き入れるまでもなく愛国心は消せぬ想いとして断固として存在するとわかった。そこに二重に愛国心を強調すれば先に書いたような選民意識という了見の狭い愛国心が素朴な愛国心に取って代わる。それが大手を振ってバカみたいに肥大化してボロ負け戦争をやったのは我が国ではないか。
教育基本法に愛国心を入れたい政治家に聞きたい。あなた方の考えでは日本人には愛国心がないか薄いかとの前提が不可欠だ。だったらWBC優勝でテレビ画面で映し出される人々の熱狂は何に発するのかを説明してほしい。
街のおっさんや野球のルールも知らないギャルでさえ世界一世界一とはしゃぎ回り号外を奪い合う動機の原動力が何かを言い当てられたい。
選手でも何でもないタダの一般人が代表選手に乗り移った気分になって代表の勝ち得た栄冠を自らの偉業のように感じて喜び、誇る。民族や国家に対すると一体感いった感覚なくしては起こりえない思い込みだ。だって自分ではバットの1回も振ってないんだよ。それをナショナリズム=愛国心といわないのならば別の愛国心の概念があるということになる。

あるいは教育基本法に愛国心を入れたい勢力が考えているのはそれか。でもそれは何だ。「日の丸背負った代表選手の活躍はしょせん人ごとと関心を抱かない愛国心」ってか。そんな概念は知らんぞ。そうだとしてそれを基本法に入れて何になるのだ。無為の連続でしかなかろう。

|

« ガセメール記者の罪深さ | トップページ | 政界における東大神話の崩壊 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

来秋に日韓シリーズ開催へ
http://www.nikkansports.com/baseball/f-bb-tp0-20060703-55139.html
 来秋に日本と韓国のプロ野球選抜チームによる日韓シリーズが開催されることが3日、決まった。巨人の清武球団代表が都内で行われた実行委員会で提案し、承認された。今後、韓国野球委員会(KBO)と開催方法など具体的な話し合いを進める。

 日本プロ野球組織(NPB)などが主催し、11月中旬に日本のドーム球場で5試合行う方針。次回は韓国での開催を検討している。清武代表は「WBCで日本が世界一になり、韓国も高いレベルを示した。一緒に盛り上げながら米大リーグに対峙(たいじ)するということ」と意義を強調した。(共同)


プロ野球で韓日シリーズ、来年秋にも実現か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060703-00000032-yonh-spo
【ソウル3日聯合】韓国と日本のプロ野球で真の王者を決める「韓日シリーズ」が来年から開催される見通しだ。日本のスポーツ報知が3日付で報じたもの。これについて韓国野球委員会(KBO)のイ・サンイル事務次長は「現在日本と協議中だが、来年秋にも実現すると予想している」と明らかにした。
 国家代表による試合になるのか、両国の優勝チーム同士の試合になるのか、方式についてはまだ決まっておらず、試合場所や日程、試合数なども今後の協議で詰めていく。

 両国の対抗戦をめぐっては、3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の興行成功を受け、韓日シリーズの開催で原則合意していた。

 イ事務次長は、韓国側から韓日オールスター戦の開催を提案したところ、逆に日本から韓日シリーズの開催を持ちかけられたと説明し、韓日の国家対抗戦になる公算が強いと話している。両国の最精鋭メンバーが参加する場合には大きな関心を呼びそうだ。

投稿: ナイアガラ | 2006年7月 4日 (火) 09時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育基本法に愛国心を書くは無用とWBCが証明:

» WBCと「日の丸」 [ちょっと一言]
 21日は日本中の多くの家庭で快哉を叫んでいたことでしょう。我が家でも久しぶりに [続きを読む]

受信: 2006年3月27日 (月) 10時22分

» 愛国心について [Gパパのつぶやき]
先日、自民、公明両党で、教育の基本理念を定める教育基本法改正案に関して大筋で合意がなされました。焦点の「愛国心」の表現は、両党の主張を踏まえて「わが国と郷土を愛するととも [続きを読む]

受信: 2006年4月14日 (金) 02時20分

« ガセメール記者の罪深さ | トップページ | 政界における東大神話の崩壊 »