« U2と「やすきよ漫才」 | トップページ | 教育基本法に愛国心を書くは無用とWBCが証明 »

2006年3月25日 (土)

ガセメール記者の罪深さ

永田寿康議員に「堀江送金メール」のガセを仲介したフリーライターの名が懲罰委で明かされた。公の場での公表ということでマスコミ各社も一斉に実名報道に踏み切っている。
永田議員の口から情報提供者の実名が明かされた場合どう考えたらいいか数日来考えてきた。当初永田議員が訴えていたように情報源の秘匿は表現の自由を守るには不可欠である。私は「表現の自由原理主義者」だから本来は反対しなければならない。しかし今回だけは仕方ないかと断腸の思いである。
まず仕方ないとした理由を述べよう

1)ガセメール記者はガセと知っていて提供した
永田議員は「だまされた」と発言している。彼がいまさら嘘を付く理由はないので実名の人物から情報を提供され、その真偽を確認しようとして不首尾に終わり、結局はだまされたというのは間違いなかろう。
情報源が何らかの情報を報道目的で(国会での追及も広義の報道として)提供した場合には暗黙の了解として情報源が少なくとも主観的には事実と信じている内容でなければ話にならない。ところが今回の事件では最初からガセとわかっていての提供である可能性が濃厚だ。となると守るべき情報源とはいえない

2)厳密には情報源ではない
先の文書で便宜上ガセメール記者を情報源と例えたが正確には情報仲介者である。今回の事件では情報源は仲介者である彼しか知らない。したがって仲介者の実名を挙げても、また国会で証人喚問をしたとしても情報源は誰かを詰め寄らない限り情報源は守れる。これが1つ。
もう1つは、これが深刻なのだがガセメール記者が情報源からの情報を加工したか否か。もしや情報源と仲介者は同一人物ではないかという点。情報を加工していなかったとすれば情報源自身が最初からガセを提供したわけだから1)と同様に守るほどではない。加工していたならばガセメール記者の悪意は明らかであるから、というよりも仲介者ですらないのだから守ってやる必要はない。同一人物だったら論外である

3)フリーライターの社会的地位を失墜させた
食うや食わずやの極貧ライターから大御所まで今回のガセメール記者が「フリーライター」と報じられているのに激高している。あんな奴と一緒にしないでくれと叫んでも胡散臭い目で見られている。そもそも大マスコミの記者も含めて出身は羽織ゴロなのだから正味で胡散臭い仕事なのに、だましたり裏が取れない情報をまき散らす危ない職種とのレッテルを上にかぶせられてはかなわない。
ガセメール記者のような人物はフリージャーナリズムの世界においても風上にも置けない腐ったミカンだと明らかにしないとフリージャーナリズム自体が萎縮してしまう。それを保つためには実名暴露もやむを得ない

4)出版界にドロを塗って損害を与えた
報道によるとガセメール記者は大版元の雑誌にかつては記事を書いてはトラブルを起こしてきたという。大版元の編集者さえだまされる、ある種の能力があった人物であろう。
永田議員が一杯食ったガセメールも情報源と接触できるのはオレしかいない、絶対に自信があると断言したという。情報確認で一番適切なのは堀江貴文被告に真贋を聞くことだが身柄が取られてできない。武部勤幹事長の親族にまつわる疑惑そのものは既に出回っていた。絶妙な上手なタイミングでガセをつかませる能力が高いのだ。
その結果として何が起きたか。永田議員の辞職が甚大な表現の自由の侵害になるのは15日の「永田寿康議員は絶対に辞職してはならない」に書いた通り。それ以前に彼のようなガセ記事のお陰で民事の名誉棄損における損害賠償請求額が巨大化しているのだ。これも以前に書いたが若干の補足をしておく。
出版界は上は音羽と一ツ橋から下は小社までオールジャパンで売上げが雑誌・単行本を合わせて3兆円に届かない小さな市場である。パチンコだけで30兆円市場だとの比較をしてもらえればわかってもらえよう。民事の名誉棄損はそうだと感じれば誰でも起こせる。原告側の損害賠償請求も何十億円などという例もある。弁護士への着手金は請求額に応じるのが普通なので訴えられただけで零細出版社は存亡の危機に陥るのだ。こうした風潮を助長した一端にガセメール記者がいる。
しかも彼は昨年設立した「出版社の経営者」とも報じられている。つまりフリーライターのみならず出版ジャーナリズム全体をも貶めているのだ。

と実名報道を許容したとはいえ断腸の思いでもあるのだ。ここで実名を書かないのはせめてもの抵抗である。何のための抵抗かというと自分でもよくわからない。ガセメール記者をかばい立てする気など毛頭ない。死んじまえ恥知らずと叫びたい側に私もいる。それでも、それでも・・・・なのだ。

|

« U2と「やすきよ漫才」 | トップページ | 教育基本法に愛国心を書くは無用とWBCが証明 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガセメール記者の罪深さ:

» 偽メール問題はタイマン勝負でよかったのだ [らんきーブログ]
10時からNHKで衆院懲罰委員会を見た。 永田は一体何を考えているのか?国家騒乱罪か何かの罪に値するのではなかろうか? 何故情報元をここに来てあっさり白状したのか。追い詰められて言うのなら最初から言えばいいのだ。西沢孝だと。西沢氏本人は否定していたがと聞かれると100%ウソだと思う(100%なのに、思うという微妙な発言に(笑))とまで言い切った。 すっかり自分も被害者なのよ〜的な立場になっている。情けない。 情報源が何であろうと誰であろうと、その話を信じたのはお前じゃないか! 何故最後まで... [続きを読む]

受信: 2006年3月25日 (土) 12時38分

« U2と「やすきよ漫才」 | トップページ | 教育基本法に愛国心を書くは無用とWBCが証明 »