« ゴーンとニーチェの「予言」 | トップページ | 野党にいいところはないのか »

2005年9月 9日 (金)

小泉独裁への足跡

音楽のこともマンガのことも「自我自虐」も書きたいことはいっぱいある。今はコンゴ民主共和国について調べている。以前に別の媒体で書いた続報が結構あって面白い。でもやっぱり総選挙が気になって仕方がない。こればっかり書くと読者諸賢が食傷気味になるのはわかっている。編集者としては避けねばならぬ振る舞いだ。でも今書かなくてどうするという思いも強い。

当ブログが懸念していた通り惰民がゾンビ化して投票所で「自民」と書きに行きそうな今度の総選挙で自公が圧勝したとしよう。すると来年の自民党総裁選挙まで小泉自公政権が続くのは確実だ。きっと惰民は特別会(特別国会)での郵政民営化関連法案の採決が再度見たいだけだろう。ここで参議院で否決されたらどうなるかって?解散でしょう。皆が皆「そうなったら総辞職だ」などと言っているがあのライオンが退くとは思えない。惰民はそれも楽しみなんじゃあないの。

林銑十郎内閣というのが戦前にあった。陸軍出身のこの首相は予算案を通してくれたら言うことを聞くと野党政党勢力と妥協をはかって成立と同時に裏切って解散した。世にいう「食い逃げ解散」だ。結果は政府与党の惨敗だったが対決姿勢を崩さず「言うことを聞くまで何度でも解散だ」といわんばかりの姿勢をみせた。この時はさすがに母体の陸軍が引きずり下ろしたが小泉純一郎には鈴をつける陸軍がいない。だから何たって小泉内閣は続くのである。

郵政民営化関連法案の成立が何が何でもの小泉コケの一念で果たされた後に国民は「改革」でも何でもないバカ騒ぎだったと知るに至る。郵貯が買っている国債を紙くずにするっていうなら話は別だがありえない。といって代わりもいない。この解散劇までに小泉首相は次を狙うであろう人物をあらかた駆逐するか深手を負わせるのに成功した。手口順に見ていこう。◎は自民党総裁選で小泉候補の対立候補になった経験者

【郵政民営化法案反対で追放】
・綿貫民輔先生(78)・・・・何と選挙区で苦戦の模様。がんばれ先生!
・堀内光雄(75)・・・・これで堀内派にも「旧」が
・野田聖子(45)・・・・勝って復党しようにも刺客のゆかりタンが比例の上位で戻れない
◎藤井孝男(62)・・・・勝って復党しようにも元コスタリカ仲間の金子一義が同一選挙区なので不可能
・平沼赳夫(66)・・・・盟友亀井と歩調を合わせたのか出し抜こうとしてミスったか
◎亀井静香(68)・・・・取材でえらく高飛車の対応をされた経験のあるこの人をまさか応援したくなる気分になるとは思わなかった

【大恥かかせて男を下げさせる】
・加藤紘一(66)・・・・加藤の乱でダメ男を立証済み。演出は盟友だったはずの森派の小泉会長(当時)
◎高村政彦(63)・・・・法案棄権・復党組。わびを入れてひれ伏すのみ
・古賀誠(65)・・・・法案棄権・復党組。下げ度合いは加藤の乱の紘一さん以上

【取り込み・祭り上げで骨抜き】
・谷垣禎一(60)・・・・「今の財務相を選びなさい。①竹中平蔵②奥田碩③谷垣禎一」で③と答える人いる?
・中川昭一(52)・・・・重責のあまりか「酔っぱらい大臣」の名が定着。酔い潰すつもりか
・河野洋平(68)・・・・衆議院議長に祭り上げて一丁上がり
◎麻生太郎(64)・・・・解散の際の閣議で反対してみたものの沈没。だったら最初からおとなしくしていればよかったのに
・二階俊博(66)・・・・一部で声望あるも出戻り感は否めない
・野田毅(63)・・・・いくら裂帛の気合いを気取っても保守党からのあの逃げっぷりは語り草
【その他】
◎橋本龍太郎=終了
・山崎拓(68)・・・・選挙で大敗したければ首相にどうぞ
・松岡利勝(60)・・・・この人がいまや側近で「改革派」っていうのは本当?

改めて眺めると見事に消し去ったものだなあ。まだまだ出番は先の小渕優子(31)まで棄権・復党組に追い込んで手傷を負わせる周到さだ。

山拓・松岡に加えて森喜朗・武部勤あたりが側近といえば側近だがいずれも「首相にだけはしてはいけない」と世論のコンセンサスが取れている人材?で固めてある。竹下登が次の世代を7人も選んで分断したのとは違って小泉は消すのである。

残っているのは「地味自慢」の額賀福志郎(61)と「フッフッフ」の福田康夫(69)と長州藩の「ラストサムライ」安倍晋三(50)くらい。小泉首相自身が63歳であることを考えると「フッフッフ」の長期政権は考えにくく小泉総裁任期切れ後に控える参議院選挙(しかも小泉フィーバーで膨れ上がった01年の組)に「地味自慢」では戦えない。

結局は「ラストサムライ」が出てくるんだろうなあ。これがまた小泉並みの人気となったら都合6年ぐらい「小泉-安倍」で暮らすことになる。もう小泉で4年半も過ごした上で、である。

待てよ。この論理でいくと小泉の残り任期はもしかしたら「ラストサムライつぶし」劇場かもしれない。そうなったら面白い。本当に自民党はぶっ壊れるぞ・・・・おっとっと。まだ選挙前だった。

|

« ゴーンとニーチェの「予言」 | トップページ | 野党にいいところはないのか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小泉独裁への足跡:

« ゴーンとニーチェの「予言」 | トップページ | 野党にいいところはないのか »